FC2ブログ

英語絵本・児童書・教材専門店キッズブックスのblog

絵本・児童書・教材・リードアラウドのよもやま話。 イベント、ブックフェア、バーゲンなどの情報。 KIDS' BOOKS by Paperweight Books is a real/website bookstore for English Language children's books.

Dick & Janeとアメリカのベビーブーマーたち

 アメリカのベビーブーム世代が学校で始めて読み書きを習ったときに、多くの学校で採用されていた教科書を、絵本としてリバイバルさせたのが本シリーズ、World of Dick & Jane。ノスタルジックな絵で熟年世代にうったえるものもあるが、今の子たちが読み書きを覚えるにも実用的だ。使われている文章が生活で使う頻度の高い物であり、また、挿し絵でだいたい内容が想像がつくよう場面が説明的になっている。

 「ハーディー・ボーイズ」と「ナンシー・ドルー」の2大長寿ヤングアダルト・ミステリー・シリーズがお兄さんお姉さん用なら、「ディック&ジェーン」はその幼少版のような位置(ミステリーではないが)にあるのではないだろうか。
 シャーリー・テンプルかキャロライン・ケネディっぽい幼女と、『おとうさんは何でも知っている』などアメリカのTVホームドラマの典型の中折れ帽をかぶった会社員のお父さん。お母さんはジャクリーン・ケネディ(?)みたいに品のよい人(きっと家でもハイヒールはいているに違いない!)。家には犬がいて、前庭や裏庭には白いフェンス。5、60年代のよきアメリカが、なぜか日本人なのに懐かしくなる。
 多読に入る前の音読にいいシリーズ。

The World of Dick and Jane and Friends
The World of Dick and Jane and Friends』(デック&ジェーン)
16%off 1260円
作者:William S. Gray

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://kidsbooksjp.blog.fc2.com/tb.php/620-c29e65ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)