FC2ブログ

英語絵本・児童書・教材専門店キッズブックスのblog

絵本・児童書・教材・リードアラウドのよもやま話。 イベント、ブックフェア、バーゲンなどの情報。 KIDS' BOOKS by Paperweight Books is a real/website bookstore for English Language children's books.

大島@広尾日記#9

25日。
引き続き回復中。前屈運動してみたが、No Problem。ウェスト捻りは、まだ怖い。

「ママ、おヘソずれてない?」ありうる手術後の変化のリストに、「ヘソの位置がずれることがある」(つっぱって?)とあったのが印象に残ったのだろう。電話で息子に言われてみてチラッと我がヘソを見る。
「一応、まん中にあるけど、ちょっとアッカンベーしている」
「Oh」(発音の手引き:オーと低音でうなるように言う。音は下がる)と彼。

病室の花を見る。あれっ? 黄色が多い(Mr.I、ありがとうございます!)。「キは希望」なのかな。でも「シは死」だから白い花はだめ? この季節、コデマリの青っぽい白(greenish white) が春への(これからへの)気持ちを高揚させてくれるのに。白い花、自分で買う。

Dr.Tは、松井似(New York Yankees)。患者対応がソフトでうまいところが、典型的な若い医師。「抜糸、明日しちゃいましょうか」と昨晩おっしゃたが、今日決める事にする。まだ未定。

The Lonely Doll』の作者の自伝『The Secret Life Of The Lonely DollDoll: The Search For Dare Wright 』を引き続き、ぐいぐい読んでいる。そのなかで、

being looked at は、not the same as being looked after---or being truly seen.

とあった。これだね! このノンフィクション作家が、あの不思議な絵本『The Lonely Doll』から受けた啓示。the Dollは「女」でもあるが、まずは「子ども」の象徴と考えられる。「look afterして!」「see me! 」と叫んでいる。それは絵本作家Dare Wrightの抱え込んでいた「闇」だった……。

以前、黒人女性学校校長に恐れ多くも「I have met you」と言ったところ、ライス長官のようにスーツでばっちり決めた彼女に、「You haven't met me. You just saw me」と高飛車に言われた事があった。meet、see、lookなどなどちょっとしたニュアンス。読解力がついてきたかも。

「英語で夢を見るんですか?」と質問を受ける事があるが、入院中その答えが見つかった。見る夢は「ナレーションは日本語。登場人物が外人の場合は会話が全部英語。登場人物に外人多し」。この「ナレーション」の言語が、その人の母国語なのかも。
ちなみに病床で見た夢ひとつ:
外人が売り子の洋服屋で、上着を捜すわたし。いつもはほとんど即断なのに、ここでは、まったくどれを買ってよいか決められない……。

The Secret Life Of The Lonely DollDoll: The Search For Dare Wright
The Secret Life Of The Lonely DollDoll: The Search For Dare Wright
 2048円
作者:Jean Nathan



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://kidsbooksjp.blog.fc2.com/tb.php/6-dfee9789
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)