FC2ブログ

英語絵本・児童書・教材専門店キッズブックスのblog

絵本・児童書・教材・リードアラウドのよもやま話。 イベント、ブックフェア、バーゲンなどの情報。 KIDS' BOOKS by Paperweight Books is a real/website bookstore for English Language children's books.

絵本『I'm Not Bobby!』は、すぐれた脚本だ:Let's read aloud!

 8月8日夜7時から、クレヨンハウスで
I'm Not Bobby
『I'm Not Bobby』

を、みなさんとリードアラウドする。ヴォイストレーニングとして、朝一番に声を出してみた。……歌も発声訓練にいいので、「千の風になって」を、トレーナーに習った立ち方、顔の向き、口を再現するように熱唱。すると、部屋が震撼し、植木鉢のシダの枝が1本、はらりと落ちた。
 いい感じだ。声が、喉で締められて止まらず、体全体が管のようになってお腹から出た、気がした。

『I'm Not Bobby!』の作者Jules Feifferは、社会風刺マンガでピューリッツアー賞、短編アニメでアカデミー賞を受賞し、「マンガの殿堂」入りを果たした人だ。オスカーを取ったアニメ「Munro」がyoutubeで見られる。

 4歳のMunroが何かの間違いで徴兵されて……という物語。発表された1960年には、徴兵制度も戦争もあったので、不条理とはいえちょっと現実味がある。この少年に、今回の絵本のヒーロー、Bobbyの原型が見られるのが興味深い。どちらの少年も、何にでも「No! No! No!」という子。この「No No boys」たちを登場させる意味を、ピューリッツアー賞も取った風刺マンガ作家が考えてないわけない。『I'm Not Bobby!』は、こうして深読みできる、大人が楽しめる絵本であること間違いない。

 作者は多才で、映画の脚本も書いた。本書は、その才能が垣間みられる、脚本のような作りだ。テキストはすべてセリフで、「ボビー」と「大人たち」に2分割できる。3年以上英語を学んでいる子どもや、表現力をつけたい大人にもってこいだ。

 大人(最初はママである)が、5回も「Bobby!」と叫ぶ。いろんな感情で、それぞれ違った表現で読むべきだ。堪忍袋の緒が切れるまでを、どう読むか。
 強情なボビーは、走り回るらしい。追いかけるママは、最後は息が切れてパパにバトンタッチする。息が切れた読み方も必要だ。

  I can't catch him...
  パパ、お願いできる?
  Dad, will you catch Bobby?

 100%真剣かもしれないし、こんな時に大人は笑いそうになっているかもしれない。子どもと鬼ごっこしているところを、想像してみる。泣き笑いかもしれない。

 それから、パパも降参。おじさん、おばさん、いとこも。
 捕まらないとなると、大人はずるい。作戦を変える。
 それにしたがい、声の調子を変えるべきだ。

  たいへなことになるわよ(今に後悔するわよ)
  You're in big trouble now, young man!

 動作を加えて、たとえば腕を組みながらとか、そして首を振りながらとかするといいかもしれない。

 そして、威圧的な、いかにも親らしいことをダーと言って、それでも来ない子に癇癪を起こして、ドアをばたんと閉める。
「ほーら、お母さんの負けだ!」と思わせるような、大人の敗北を演じなければならない。

 ここから先は、ボビーが今度は弱気になって後悔を始める難所。子どもらしさを失わず、意地はあり筋をとおしたいが、めちゃくちゃな道理をもってくる。情けなさと意地をどう表現するか。ひとりの場面は、聴衆の興味を維持させるために、さらに読む者の力が求められる。

 と、まあ絵本とはいえ、本書を読むときは、読む者が演じる者でなければならない。いい「教材」に巡り会った……。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://kidsbooksjp.blog.fc2.com/tb.php/265-c18fc8d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)