FC2ブログ

英語絵本・児童書・教材専門店キッズブックスのblog

絵本・児童書・教材・リードアラウドのよもやま話。 イベント、ブックフェア、バーゲンなどの情報。 KIDS' BOOKS by Paperweight Books is a real/website bookstore for English Language children's books.

アイ ワズ ソーリ/Rockと英語 Queen・Led Zeppelin・The Rolling Stones・The Beatles

 高校を卒業して「ン10年」。同窓会が吉祥寺のホテルで開催された。高校時代の自分に会える感じが面白い。

「オーシマってさ、国際学級出身だっけ?」という質問があった。わたしを、学園の帰国子女クラス出身かなと、勘違いした級友だ。違います。
「英語は高校卒業してから猛勉強しただけ」

「オーシマって、高校のときそんなに英語できたっけ?」とも。当時、英語のクラスは習熟度別になっていて、一応、一番進んだクラスにいたけど、質問した級友のほうが成績はよかったはず。彼はいま、最先端の臓器移植の研究をしている医学博士だ。

 思えば、その英語クラスはレベルが高く、ミシガン大学で学んだ先生が英語で授業をしていた。帰国子女もいたし、いま博士になっているような秀才たちの巣窟。その正統派優等生に混じって、ロック音楽が好きで英語を頑張っているような小集団があり、わたしはそこにちょこっと足をつっこんでいたのである。現在、英語を使った仕事をしているわたしを不思議に思ったその級友に、こう答えた。
「高校卒業してから、ずっと勉強続けたから」

 もともと女子の少ない学校だが、わがE組からこの会に集まった女子はたった3人だけ。男子の集まりがいい。そこには前総理の顔も。「Yes, I was 総理(sorry)」と、A君には国民にあやまって欲しいと思いつつも、和やかな雰囲気に水を差してはならぬと黙っていた。
「次の選挙は、苦戦が予想されるので、みなさんよろしくご支援を」とのことだ。うーむ。

「オーシマ、よくAをいじめてなかった?」と他の同級生。めっそうもない。ノーノー。総理になるかもしれない同級生をいじめたりしない。
「ねえ、そんなことないよね、Aくん」(つい、くん付けで。I'm sorry.)
「いじめてない、いじめてない」と前総理も全否定。どうもありがとうございました。

 ロックファンで、いつも一緒にコンサートへ行っていた同級生とも、本当に久しぶりに会えた。
「あの、中止になってしまったRolling Stones のチケット、まだ持っている?」とわたし。
「あるぞ、実家のどっかにある」と彼。いいなあ。

 大秀才たちに混じって、ロックをてこに英語の「利口クラス」(俗称)にいた同級生たちは、たいてい英語力で身を立てている人たちが多いのを知った。外資系の保険会社で、外人上司とのコミュニケーションや社内メールで英語を使う日々というのがひとり。海外駐在のあと、外国で洋服の合弁会社を作ったのがひとり。
「首がつながっているのも、英語のおかげ」というのが、彼らの実感だ。

 あっ、それから「早期退職」して悠々自適風な人もちらほら。
「それって、俺らの甘さっていうか、恵まれているってこと? A(前総理、級友なので呼び捨て)だって、同じこととちゃう?」という分析は、おもしろかった。

「普通の人の名前は覚えられないし、昔の人のはどんどん忘れるけど、ロック関係の人の名前は、全然忘れないゾ」と自慢する。テストしてみたら、本当だ。Three Dog Nightのメンバー3人の名前も、Bad Companyのボーカルも覚えていた。ボケないのも、ロックのおかげ。

「ロックなんて、俺たちのあと、10年くらいで消えちゃうと思ったら、違ったなあ」と感慨深げ。わたしもときどき本当にそう思う。ずっと下の世代の人と、ロックに関しては同等に話せたりするのが嬉しい。あの頃、コンサートとというコンサート、行きまくり。よく英語の歌詞を勉強したものだ。最初に学校外で読んだ英語のノンフィクションは、History of Rockn' Rollだ。

 ロックの歴史をミドルリーダー向けに書いたシリーズが出ている。
 わたしたち「悪童」が、生写真を原宿で売った
Queen (Popular Rock Superstars of Yesterday and Today)
『Queen (Popular Rock Superstars of Yesterday and Today)』

 前から7、8番目の真ん中で、あの伝説の初来日コンサートを聴いた
Led Zeppelin (Popular Rock Superstars of Yesterday and Today)
『Led Zeppelin (Popular Rock Superstars of Yesterday and Today)』

 ドキュメンタリー『Shine the Light』が待ち遠しい
The Rolling Stones (Popular Rock Superstars of Yesterday and Today)
『The Rolling Stones (Popular Rock Superstars of Yesterday and Today)』

 ジョンとヨーコの息子がホンダのCMに出ている
The Beatles (Popular Rock Superstars of Yesterday and Today)
『The Beatles (Popular Rock Superstars of Yesterday and Today)』

 本にするミュージシャンを出版社がどういう基準で選んだか興味あるところだが、かなりマニアっぽいピックアップをしているシリーズだ。でも、こんな本だったら、ロック好きならずんずん読めるはず。

 ところで我がクラスの出世頭、A君は、ロックとはまったく縁のない人だったと記憶する。アグネス・チャンとか天地真理あたりを聞いていたような。ロック派は、こういうA君のような人たちに対して、意味のないエリート意識を持ってたっけ。ああ、今は昔。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://kidsbooksjp.blog.fc2.com/tb.php/247-4379af9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)