FC2ブログ

英語絵本・児童書・教材専門店キッズブックスのblog

絵本・児童書・教材・リードアラウドのよもやま話。 イベント、ブックフェア、バーゲンなどの情報。 KIDS' BOOKS by Paperweight Books is a real/website bookstore for English Language children's books.

Sarah Dessenは熱いThat Summerの作者

 6月初頭、パウエルズのヤングアダルト本売場「Rose Room」の一角に平積みされていたのは、Sarah Dessenの新刊
Lock and Key
『Lock and Key』
だった。
 Sarah Dessenはいわゆる「ニューヨーク・タイムズ・ベストセラー作家」だ。
 初期の作品2作、
That Summer
『That Summer』

Someone Like You
『Someone Like You』
は、マンディ・ムーア主演で、
How to Deal
『How to Deal』
として映画されている。

『Lock and Key』はまだ読んでいないが、『That Summer』の読後の印象がよかったので、期待している。
『That Summer』は、文化も時代も違うが、サガンの
Bonjour Tristesse (P.S.)
『Bonjour Tristesse』

『悲しみよこんにちは』に似ているかも知れないと思った。ヒロインの年頃が同じ、そして「中流の人々のやや平穏無事な生活の描写」というところに共通点がある。サガンはフランスの1950年前後を描き、デッセンはアメリカの1990年代後半を描いている。

 わたしがヤングアダルトだった頃、ある時期このサガンにはまり、1日1冊の感じでダーッと読んだ。自分の中の「少女」としてのモヤモヤ気分を、代弁してもらっているような感じだったのだろう。

 Sarah Dessenは、生活苦とは遠いところにいる、私立名門校に通い、ちょっと「セレブ」の親がいて……という少女が主人公の設定が得意なようだ。でもそこはアメリカ人。退廃という空気はまったくなく、芝生付きの家に住む、日に焼けて健康そうな、基本的には前向きなアメリカ・アッパーミドルクラスの人々の、ちょっとだけ「機能不全」な生活が描かれている。
 そう、アメリカの都市の郊外住宅地に、いるいる、そんな人たち……。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://kidsbooksjp.blog.fc2.com/tb.php/244-c8474342
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)