FC2ブログ

英語絵本・児童書・教材専門店キッズブックスのblog

絵本・児童書・教材・リードアラウドのよもやま話。 イベント、ブックフェア、バーゲンなどの情報。 KIDS' BOOKS by Paperweight Books is a real/website bookstore for English Language children's books.

「大人も児童洋書から始めよう」『AERA English 6月号』洋書児童書案内その1

 洋書児童書案内「第3弾」を、雑誌『AERA English 6月号』でさせてもらった。「BOOK」コラムは毎月書かせていただいているうえ、この特集を三たびも受け持てて本当に幸いだ。

 今回は、自分を含めて日本の英語学習者がぶつかる壁、「英語の本が楽しく(すらすら)読めない」という壁、のようなものを突破するキメ手を紹介した。

 それは、チャプターブック、グラフィックノベル、そしてミドルリーダー。このカテゴリーの本、つまり英語圏でも教育者や親を悩ます子どもたちのreadingにおけるGAP、「絵本」や絵本的な本と読み物の間の溝を埋める本たちだ。

 『がまくんとかえるくん』(Frog and Toad)
Frog and Toad Are Friends (I Can Read Book 2)
『Frog and Toad Are Friends (I Can Read Book 2)』

のシリーズや、『どろんこハリー』(Harry the Dirty Dog)などのearly readers
Harry the Dirty Dog
『Harry the Dirty Dog』

はクリアしても、その次の読書の段階、絵が少なくて字がいっぱいの本を読めない(自分から進んで読む気になれない)小学生の中学年・高学年向けの本でもある。英語を普通に学んでいる日本人も、中学3年くらいにこの時期がやってくる。

こういった時期に、かわいらしい話が好きなら、the Velveteen Rabbit
The Velveteen Rabbit
『The Velveteen Rabbit』

と My Father's Dragon シリーズがぴったりだろう。
My Father's Dragon
『My Father's Dragon』

Elmer and the Dragon (My Father's Dragon)
『Elmer and the Dragon (My Father's Dragon)』


 じゃ、あんまりかわいいお話じゃないのがいい、という人には?
 この話は次回に続く。

The Great BrainThe Great BrainThe Summer of the SwansThe White StagStones in WaterLove That DogVarjak PawThe Jazz ManSarah, Plain and TallTales of the Wicked WitchThe Periodic TableThe Umbrella Man: And Other StoriesAmerican Born ChineseThe Daydreamer (Joanna Cotler Books)The Invention of Hugo CabretGhosthunters And The Incredibly Revolting GhostThe Velveteen RabbitDiary of a Wimpy KidElmer and the Dragon (My Father's Dragon)Joyful Noise: Poems for Two VoicesMissing MayMartin Luther King, Jr. (DK Biography)The WandererRegarding the Fountain (Regarding the...)The Big Bad Wolf and MeAleutian SparrowHow to Build a Robot ArmyThe Westing GameMy Father's DragonThe Dragons of BluelandThe Ink-Keeper's Apprentice

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://kidsbooksjp.blog.fc2.com/tb.php/218-63b4d3df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)