FC2ブログ

英語絵本・児童書・教材専門店キッズブックスのblog

絵本・児童書・教材・リードアラウドのよもやま話。 イベント、ブックフェア、バーゲンなどの情報。 KIDS' BOOKS by Paperweight Books is a real/website bookstore for English Language children's books.

英語の本をどう読んで、英語力をつけるの?その1

 わたし自身の英語学習者と英語指導者の経験に照らして、キッズブックスのブッククラブを体系化することと、いかに英語を習得するかへの、ひとつの答えを出すことが悲願である。悲願の「悲」の字は、気持ちにそぐう字ではないが。造語すれば「喜願」か。

 ブッククラブのレベル分けを、これまで4つとしていたものを7つにして、気になっていたレベル間のギャップを埋めるようにした。「英語の本を楽しみとして(娯楽として)読める」ようになるために大切なステージがある。「レベル3」
キッズブックス・ブッククラブ レベル3 (BCおためし)
キッズブックス・ブッククラブ レベル3 (BCおためし)

と呼んでいて、この春(4月配本から/現在準備中)から「Dコース」としたあたり。

 英語圏では小学2、3年生の時期である。『がまくんとかえるくん』(Frog and Toad)
Frog and Toad Are Friends
Frog and Toad Are Friends
作者:Arnold Lobel

など"I Can Read"シリーズや他の出版社の同等のシリーズ
Yoko & Friends School Days: Practice Makes Perfect - Book #10 (Yoko and Friends School Days)
Yoko & Friends School Days: Practice Makes Perfect - Book #10 (Yoko and Friends School Days)』(練習は成功のモト!)
作者:Rosemary Wells

などを卒業した頃の英語力の時期だ。

 この後に、何をどれだけ読むか(読ませるか)。英語圏で教育者や親たちによって行われている努力が、日本人の英語学習者にあまり見えていない気がする。そしてその努力は、実は日本人の、これこそ「悲願」である英語の上達のための参考になると強く思うようになった。

 何を読むか、の英語圏の教育者たちの答えとわたしの日本人向けにローカライズさせた答えは同じく、chapter books。「Dコース」で配本される主なジャンルだ。
 では、このチャプターブックとは何か?

                          つづく

 

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://kidsbooksjp.blog.fc2.com/tb.php/180-11fba586
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)