FC2ブログ

英語絵本・児童書・教材専門店キッズブックスのblog

絵本・児童書・教材・リードアラウドのよもやま話。 イベント、ブックフェア、バーゲンなどの情報。 KIDS' BOOKS by Paperweight Books is a real/website bookstore for English Language children's books.

英語教授法の勉強会:一緒にFluent Readerという研究書を読み解いてみませんか?

ずっと考えていることだが、英語の教授法として絵本から読み物までを体系的に使ったものが確立できないだろうか。今までわたしがやってきた「リードアラウド」も組み込んでの教授法だ。

その参考になりそうな本を見つけた。
The Fluent Reader:Oral Reading Strategies for Building Word Recognition, Fluency, and Comprehension
The Fluent Reader:Oral Reading Strategies for Building Word Recognition, Fluency, and Comprehension
この本を「輪読」のような形式で読みながら討論したりできたらいいなと思う。

ひとりで読んでいると、なんだか堂々巡りしたり、しっかり読めていなかったり、読むのが遅かったり……。
興味のあるひとたちと、たとえば月に1度、わたしの部屋にでも集まって2時間くらい勉強会を開けないだろうか。実践への道をいっしょに考えられないだろうか。

興味を持って下さる方(たぶん英語を教えていらっしゃる先生方か)が、たとえば2人でも集まったらすぐにでも始めたい。興味を持たれた方は、キッズブックスまでメールでお知らせいただけると嬉しい。
勉強会なのでわたしも1メンバーに過ぎない。場所を提供する(お茶くらいのサービス付き!)だけ。無料。本だけもキッズブックスでお買いいただければ、なお嬉しいが(予約)。

ちなみに上記の本のContentはこんな;
1.Overview of Oral Reading
A Brief History and Rationale
2.Read Aloud
Modelong Reading and Motivationg Readers
3. Supported Reading
Providing a Scaffold for Your Developing and Struggling Readers
4. Repeated Reading
Implementing a Powerful Tool for Practicing Reading
5.Performance Reading
Turning Research on Repeated Reading into Engaging and Effective Instruction
6. Creating Synery
Lessons That Intefrate Oral Reading Activities
7. Oral Reading In and Across the Curriculum
Making Reading Fluency an Everyday Classroom Experience
8.Assessing Word Recognition and Fluency Through Oral Reading
Effective Ways to Check Students' Progress

今週末もまたひとりで、ぼちぼち読むとしよう。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://kidsbooksjp.blog.fc2.com/tb.php/172-11143006
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)