FC2ブログ

英語絵本・児童書・教材専門店キッズブックスのblog

絵本・児童書・教材・リードアラウドのよもやま話。 イベント、ブックフェア、バーゲンなどの情報。 KIDS' BOOKS by Paperweight Books is a real/website bookstore for English Language children's books.

Polar Bear, Polar Bear!

 ちょっとしたシロクマ・ブームだ。わたしだけ?
でも、ここポートランドのわが最愛の書店、Powell'sの児童書セクションの平台の特集のひとつが「Winter」で、そこにもシロクマ。またStaff Pickの棚には、ドイツの動物園で2007年から人工飼育されているシロクマの赤ちゃんのことを扱った写真絵本
How One Little Polar Bear Captivated The World (Knut)
How One Little Polar Bear Captivated The World (Knut)
が積んであった。読み物のセクションでは、もちろん『His Dark Materials』(『the Golden Compass』のシリーズ名)が積んであり、その表紙にはライラの忠実なパートナー、鎧を着けた北極グマが描かれている。Chapter Booksカテコリーでは、ロングセラーのシリーズ『Magic Tree House』の
Polar Bears Past Bedtime (Magic Tree House 12, paper)
Polar Bears Past Bedtime (Magic Tree House 12, paper)
もある。

Little Polar Bear』のシリーズも長く人気だったが、しばらく目立たなくなっていた。またその愛らしさが見直されるかもしれない。

 これシロクマ、北極グマはいわゆる「マイブーム」でもある。映画『黄金の羅針盤:ライラの冒険』のIorek Byrnison、魂とも言える鎧を盗まれ、ウィスキーを飲みながら下町の鍛冶屋で働かされている北極グマを見て、「恋」の炎に火がついてしまった……。あのガオーと立ち上がった姿もいいし、大きな手もかわいい。四つ足で氷原を蹴る姿も凛々しい。
The Golden Compass: Reader (Level 3)
The Golden Compass: Reader (Level 3)

 基本的に、わたしはクマ好きなのかもしれない。
The Lonely Doll
The Lonely Doll
に惚れたのも、Lonely Dollの親友が頼もしいクマだったからかも。

 こうなったら、あまりに知られているので一度も紹介したことのないエリック・カール
Polar Bear, Polar Bear, What Do You Hear?
Polar Bear, Polar Bear, What Do You Hear?
も紹介してしまおう。リードアラウドだってやっちゃうかもしれない。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://kidsbooksjp.blog.fc2.com/tb.php/168-98b70adc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)