FC2ブログ

英語絵本・児童書・教材専門店キッズブックスのblog

絵本・児童書・教材・リードアラウドのよもやま話。 イベント、ブックフェア、バーゲンなどの情報。 KIDS' BOOKS by Paperweight Books is a real/website bookstore for English Language children's books.

贈り物にはヴィンテージ本が欲しい……

 「身分違い」をものともせず、目の保養にと高級美術骨董品の展示会に行った。そこで目にとまったFoujitaの小品の値段を、恐れ多くも、尋ねてみた。
「2000万円ですが」
……原画だから当たり前か。
 こんな原画はむりでも、本なら複数冊あるから、いくら稀覯本でもこんな値段ではない。Foujitaの絵本
NIght and the Cat
は、手元にあるが、状態がほぼ完全。この図版を切り売りしているところもあって、驚いた。額付きで1枚1万円くらい。でも値段がすごいのではなく、絵がいいのである。描線が芸術だ。猫がとても優雅で、みんな雲の上にいるように至福の表情である。

 ところで、大切な友だちに、大切に思っていることをつたえるプレゼントを考えるシーズンだ。わたしは自分の趣味にあった稀覯本をいただいたりすると、たいへん感激する。特に先のフジタのように、50年代に有名画家たちが出した絵本が嬉しい。たとえばベン・シャーン。国内の稀覯本サイトでは、なかなか見つからない。

Ounce Dice Trive
Ounce Dice Trive』(ワンス、ダイス、トライス:英語言葉遊び

作者:Alastair Reid  イラスト:Ben Shahn


これなどながめるたびに、力強い造形にほれぼれする。同じインクとペンと紙で、人間は実にいろんなものを表現するんだなあ、と感激する。

 でも、こうして紙に印刷された本の未来が、この先あるかな。心配なもんだが、時代の流れでどうにもならない。ただわたしは好きで、何度も見て嬉しいのだから、いいでしょ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://kidsbooksjp.blog.fc2.com/tb.php/153-84b0088d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)