FC2ブログ

英語絵本・児童書・教材専門店キッズブックスのblog

絵本・児童書・教材・リードアラウドのよもやま話。 イベント、ブックフェア、バーゲンなどの情報。 KIDS' BOOKS by Paperweight Books is a real/website bookstore for English Language children's books.

広島で大島が考えた

 広島のフタバ図書で、久しぶりの仕事。東京と比べると人口も少ないので、もちろん既存の「英語人口」だって少ない。そこでどうやって、より多くの人に、広島で英語の本を手にとってもらえるか。ずっと考えている。

「リードアラウド」と言ったところで、何の意味もまだないから人だって集まらない。英語絵本の新刊で素晴らしい本があったって、同じくわたしが品揃えをお手伝いしている東京の北青山のクレヨンハウスみたいにスーっと売れたりしない。

 フタバ図書でもクレヨンハウスでも、それぞれにわたしにはチャレンジである。悩ましいことも多いが、そのチャンスを与えられていることに深い幸せを感じる。ああ、魅力ある洋書の棚を作りたい。

 そこで、である。「リードアラウド」から英語に入門して、「多読」習慣をつけて「英語の実力」をつけるという、わたしの「ブッククラブ」で進めてきた学習方法を体系化し、書店での販売と結び付けたらどうか。

 難易度別、コース別にした本のタイトルを、書店に毎月並べる。それを「会員」は購入し、提供されるガイドに助けられながら毎月こなして行くと、だんだん力がついてくる……。プログラム名は未定だが、Reading Achievement Program (RAP)なんてどう?英語ゼロから初めて、約8年でハリーポッターが読めるまでになるプログラムだ。

 さてさて、どうだか。ちょっと煮詰めてみよう。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://kidsbooksjp.blog.fc2.com/tb.php/145-b1507e63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)