FC2ブログ

英語絵本・児童書・教材専門店キッズブックスのblog

絵本・児童書・教材・リードアラウドのよもやま話。 イベント、ブックフェア、バーゲンなどの情報。 KIDS' BOOKS by Paperweight Books is a real/website bookstore for English Language children's books.

リードアラウド育ちの「おっかけ少年」再登場!

 先日ご紹介した「ぼくたち丸の内であったね」と、わたしにクレヨンハウスのリードアラウドの会で言って来た少年の続報だ。
 10月6日世田谷の清泉インターナショナルのファミリーフェスティバルでのことだった。
「せんせ!ハーイ!」
出店して店番中のわたしに、バイリンガルで挨拶をしてきた少年がいた。
「あっ、えっ?」
「そう、ぼくだよ。I read aloud that book once that night!」
と言う。驚くなかれ、3歳のときに丸の内の本屋さんでわたしとリードアラウドし、この間クレヨンハウスで再開したあの少年だ。
彼は、清泉にも出現し、おまけに達者な英語で話してきたのである。ご両親は「もうほとんど、大島先生のおっかけです」などとおっしゃる。

 まさかわたしとのリードアラウド数回で、そんな英語がペラペラになるわけはない。だけど、ご両親は「先生のおかげです」ともおっしゃる。それはともかくも、少なくとも英語の絵本を家でリードアラウドするのが、あの3歳のときから好きになってしまったらしいのだ。そして、英語が好きになってインターナショナル校のサマースクールにも参加したのだという。

 こんな少年の出現は、わたしのやっていることがちょっとは役に立っているのだと実感できて、ぞくぞく……嬉しい。この少年のように、リードアラウドが本当にいい英語の入門になるということを信じて、たくさんの先生方が授業に取り入れて欲しい。そしたら、どんどん英語好きな子どもが増えるのではないだろうか。

 清泉からの帰り道、なんとまた例の少年に会った。わたしは彼に言った。
「わたしたち、出会う運命なのね」
そしたら微笑みながら彼はこう言って手を振った。
「今度は11月にね!」
(次回クレヨンハウスの「リードアラウドの会」は11月23日。)


その他これからのリードアラウド:
10月22日(月)成蹊学園国際教育センター
       14:45-15:45
10月27日(土)渋谷区立広尾小学校5年生クラス
       9:45-10:20
学校公開日なので一般見学可能。
11月10日(土)指導者向けリードアラウド・ワークショップ
       10-12:30
参加者募集中
       申し込み、問い合わせはキッズブックスまで
(03-3498-5260)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://kidsbooksjp.blog.fc2.com/tb.php/128-1bc8f977
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)