FC2ブログ

英語絵本・児童書・教材専門店キッズブックスのblog

絵本・児童書・教材・リードアラウドのよもやま話。 イベント、ブックフェア、バーゲンなどの情報。 KIDS' BOOKS by Paperweight Books is a real/website bookstore for English Language children's books.

本の街ポートランド、パウエルズ書店で多読を考える

 本を読む前に小腹がすいたので、ブラックチェリーを食べた。日本に「アメリカンチェリー」と称して輸入されているものとは似て非なるもの。こちらのは姫リンゴサイズで、甘い。8コでお腹がいっぱいになった。
 
 今は、ブッククラブの解説を書くので
The Deptford Mice Trilogy のBook 2:
The Crystal Prison by Robin Jarvis
(難易指数レクサイルは本シリーズ650L)
を読み始めた。アエライングリッシュ10月号では、このシリーズのブック1をお勧めしたが、イギリスの古都デプトフォードのネズミたちのファンタジーサスペンス。ネズミたちが「イギリス人」らしく、興味をそそる。アメリカものよりも、「執拗」な感じがイギリスというか、ヨーロッパらしさかも。

 私たちのブッククラブは、全部で4コース、レベル別になっている。
レベル1と2は絵本で、文字が3行くらいまでがレベル1で、それ以上はチャプターブック(『飛び猫』Catwings など)未満。

レベル3と4は読み物で、簡単に言えばチャプターブックがレベル3でレクサイル指数で言えば500L未満程度。それ以上がレベル4。

 キッズブックスのブッククラブは多読が目的なので絵本は毎月2冊、読み物は3冊届く。読みきれるようにさらっと楽しめるものと、ちょっとじっくり読むものを組み合わせるようにしている。この毎月の「課題」をやり続けたら、本当に英語が楽になっていくと思う。

 パウエルズではいつも、新刊既刊の中から、わたしの嗅覚でおもしろそうなものを探す。児童書はパウエルズの「Rose Room」にあって、わたしはそこの主になれるかもしれない。いくら長居しても、まったくスタッフには気にされず図書館のようだ。でもわたしはちゃんと山ほど買うが。

 何しろ最初にパウエルズを「発見」したとき(1991年)、ほぼ『図書館』みたいなのに、その本を買うことができることに感動した。長年の夢が叶ったような感動だった。(小学生の頃から、図書館に行くたびに欲しい本をみつけ、その場ですぐに買えたらと夢見ていた)。今では図書館に行かず、パウエルズに行く。本の所有欲が強すぎるので。

 日本の英語学習者がパウエルズに、もし行くようなことがあったら、Rose Room の Middle Readers のところで何か読むものを探すといい。わたしがアエラで紹介したようなレベルの本、わたしたちのブッククラブでいえばレベル3の本が山ほど並んでいる。

 この夏のパウエルズ、ハリーポッター以外ではWarriors が強い印象がある。わたしがずっと推薦してきたあの『ネコ戦士』のシリーズ。新刊は金色に輝く『Warriors Super Edition Firestars Quest』。外伝だがまだハードカバー。ペーパー化を待とう。
そこでマンガ版の The Lost Warrior
もいいが、ぜひオリジナル『Warriors』シリーズ6巻か、
新シリーズ『Warriors: The New Prophecy 』6巻がお勧め。

 パウエルズの児童書セクションにある「Stuff Choice」という棚は見逃せない。そこでヘンなものを発見した。
クラッシックな女子高生探偵シリーズ『Nancy Drew』
の3冊が、これまた50年代風のハンドバックに入ったセット!
そんなもの推薦する?と思ったが、やけにハンドバック入りというのがヘンで笑った。冗談で選んだものだろう。本自体は読みやすいミステリー。アメリカの大衆青少年小説の代表選手。ハンドバックはなくてもいいが、本は多読用にお勧めできる。
レクサイル指数は750L程度。もちろんハリーポッターより読みやすい。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://kidsbooksjp.blog.fc2.com/tb.php/112-272c1c15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)