FC2ブログ

英語絵本・児童書・教材専門店キッズブックスのblog

絵本・児童書・教材・リードアラウドのよもやま話。 イベント、ブックフェア、バーゲンなどの情報。 KIDS' BOOKS by Paperweight Books is a real/website bookstore for English Language children's books.

『朝日ウィークリー』2015年1月4日号の「今年読みたい12冊」で紹介の本

『朝日ウィークリー』2015年1月4日号の「今年読みたい12冊」で紹介。

「日本語の本と同じように、英語の本も楽しみたい」と願うみなさん。楽しめないことを、自分の英語力のせいにしていませんか? でもほんとうは、本自体の魅力不足が原因だったのかも。そこで2015年はこの12冊に挑んでみては? Middle Readers(中学生程度)やYoung Adult向けの作品でも、大人の読者を引きつける「面白い・平易・ためになる」の三拍子がそろっているものばかりです。


[1月]
The Absolutely True Diary of a Part-Time Indian
『The Absolutely True Diary of a Part-Time Indian』

 ワシントン州のIndian reservation (居留地)出身のネイティブ・アメリカンの作家による自伝的小説。

[2月]
The Fault in Our Stars
『The Fault in Our Stars』

がんが肺に転移し酸素ボンベが離せない16歳の少女。死と向き合う日々をおくるうち、骨肉腫で片足を失った少年と運命な出会いをする。

[3月]
I Am the Messenger
『I Am the Messenger』

 19歳のエドは、老犬と暮らす、しがないタクシー運転手。ある日、銀行強盗事件の犯人逮捕に協力し、英雄としてメディアで紹介される。

[4月]
Stargirl (Readers Circle)
『Stargirl (Readers Circle)』

アリゾナの高校に一風変わった少女が転入してきた。とっな服装や行動で、変人扱いをされるが、次第に周囲に溶け込みスター扱いされる。

[5月]
The Outsiders
『The Outsiders』

 1967年に17歳の少女作家が放った大ヒット作で、アメリカを代表する青春小説である。

[6月]
The Giver ( Giver Quartet )
『The Giver ( Giver Quartet )』

管理が行き届き、一見安全で幸福な近未来を舞台にした反ユートピア(dystopia)小説。

[7月]
Into the Wild (Warriors #01)
『Into the Wild (Warriors #01)』

 人に飼われていたころRustyと呼ばれていた若い猫が、野生の猫の一族Thunderclanの訓練戦士として、森で新しい生活始める。

[8月]
Dead End in Norvelt
『Dead End in Norvelt』

父のライフル銃を誤って発砲してしまった罰として、外出禁止になった少年の夏休みは、ひどく退屈なものになるはずだった。

[9月]
Chew on This: Everything You Don't Want to Know about Fast Food
『Chew on This: Everything You Don't Want to Know about Fast Food』

米国のファストフード業界を描き大きな話題となったノンフィクション『Fast Food Nation』のヤングアダルト版。

[10月]
The Westing Game
『The Westing Game』

 手の込んだしかけと、個性的な登場人物たちが繰り広げる謎解きが、読者を物語に引き込んで離さない。

[11月]
Charles and Emma: The Darwins' Leap of Faith
『Charles and Emma: The Darwins' Leap of Faith』

進化論を発表したチャールズ・ダーウィンと、妻エマの関係を描いた伝記小説。

[12月]
To Kill a Mockingbird
『To Kill a Mockingbird』

1930年代のアメリカ南部アラバマ州の小さな街が舞台。お転婆な少女スカウトの視点で描かれる。
続きを読む
スポンサーサイト

FC2Ad