FC2ブログ

英語絵本・児童書・教材専門店キッズブックスのblog

絵本・児童書・教材・リードアラウドのよもやま話。 イベント、ブックフェア、バーゲンなどの情報。 KIDS' BOOKS by Paperweight Books is a real/website bookstore for English Language children's books.

今月の「AERA English(アエライングリッシュ)」紹介本『The Curious Garden』

『AERA English』(2010年10月号)で紹介。
The Curious Garden
『The Curious Garden』
続きを読む
スポンサーサイト

アエライングリッシュ2010年10月号「夏休みの課題図書初級編」

The Little Prince
『The Little Prince』

挿絵も魅力のファンタジー。…

My Side of the Mountain
『My Side of the Mountain』

NY北部の山中で、自給自足の一人暮らしを始める少年のサバイバル小説。博物学的語彙が新鮮。…

Bridge to Terabithia
『Bridge to Terabithia』


The Outsiders
『The Outsiders』


From the Mixed-Up Files of Mrs. Basil E. Frankweiler
『From the Mixed-Up Files of Mrs. Basil E. Frankweiler』


When You Reach Me
『When You Reach Me』

2010年、ニューベリー賞受賞作。
12歳の少女が、過去数カ月に起こった謎を語り始める。…

Anne of Green Gables (Puffin Classics)
『Anne of Green Gables (Puffin Classics)』

100年以上も前から読み継がれてきた青春文学の金字塔。…

Little House on the Prairie (Little House, No 2)
『Little House on the Prairie (Little House, No 2)』

米国児童文学の古典。…

Stargirl (Readers Circle)
『Stargirl (Readers Circle)』

アリゾナの高校に一風変わった症状が転入してきた。個性的でいることの苦しさや寂しさを描く。…

To Kill a Mockingbird
『To Kill a Mockingbird』

米国の人種問題を扱った20世紀の文学作品の中で最も読まれた本。…

The Black Stallion
『The Black Stallion』

アラビアを出航した船が難破。砂漠の島で、黒馬と少年がサバイバル。…

Beloved
『Beloved』


Educating Esme: Diary of a Teacher's First Year
『Educating Esme: Diary of a Teacher's First Year』

新米先生の本音日記。口語調で読みやすさ抜群!…

Fahrenheit 451
『Fahrenheit 451』

読書が禁じられた暗い未来が描かれる。…

The Witch of Blackbird Pond (Yearling Newbery)
『The Witch of Blackbird Pond (Yearling Newbery)』

17世紀、カリブの島で孤児になった少女が、新大陸に入植した清教徒の親戚に引き取られる。少女が受けた文化的衝撃や乙女心が描かれ…

A Farewell to Arms
『A Farewell to Arms』

第1次大戦時の悲恋と戦争の悲惨さを描く半自伝的小説。…

The Summer of the Swans
『The Summer of the Swans』

姉へのライバル意識、過剰な自意識、将来への不安を抱えるごく普通の14歳のサラ。サラの特別な夏を描いた、米国ティーンの古典的必…

The Grapes of Wrath
『The Grapes of Wrath』

20世紀米文学中、大学やメディアで最も評論された小説。…

Alice in Wonderland
『Alice in Wonderland』

映画で興味を持ったら、19世紀の「ナンセンス」と英国紳士的筆致を味わえる。…
続きを読む

絵本リードアラウド指導者養成ワークショップ(2010年10月9日)

絵本リードアラウド指導者養成ワークショップ 2010

絵本の魅力と英語の楽しさを同時に教えることができるリードアラウドで、子どもたちを英語好きに!

●内容:
・塾・学校・書店・図書館などで絵本のリードアラウドをする指導者(インストラクター)を養成する講座です
・リードアラウドを体験し、実践方法を学びます
・リードアラウドに適した絵本の読み方を学びます
・リードアラウド・メソッドの指導方法を学びます

●対象:
・人前で英語の絵本を読みたい方
・英語の絵本を読む仕事に就きたい方
・リードアラウドの具体的な方法を知りたい方
・読み聞かせがうまくいかず悩んでいる方
・授業に絵本を取り入れたい方

●スケジュール:
2010年10月9日(土) 10:30~16:50(昼食休憩12:00~13:00)

●内容
1、リードアラウド概論
2、実演と指導法(絵本1)
3、実演と指導法(絵本2
4、グループレッスン
5、模擬リードアラウド

●教材:
絵本1 No, David!
『No, David!』
……840円(税込)
絵本2 Time to Say [Please]!
『Time to Say [Please]!』
……1575円(税込)
※教材は、あらかじめご用意ください。キッズブックスでご購入いただけます(送料サービス)

●会場:
 自由が丘グリーンホール
(東急自由が丘駅下車、徒歩3分)

●費用:
入会金…3,000円(ペイパーウェイトブックスのワークショップに参加されたことがある方は不要です)
受講料…16,000円(教材費は含まれていません)
※指定の口座にお振り込みください

●申込方法:
キッズブックス・ウェブサイトからお申し込みください
絵本リードアラウド指導者養成ワークショップ
※ご不明点はキッズブックWebサイトでお尋ねください

●定員:
定員15名(先着順)

●講師:
大島英美

●主催:ペイパーウェイト・ブックス(キッズブックス)
続きを読む

キッズブックス英語スクール 絵本リードアラウドコース 【体験レッスン】



『キッズブックス英語スクール 絵本リードアラウドコース 【体験レッスン】』




■対象
 5歳以上の子ども~大人
 妊婦さん、大学生、おじいちゃん、おばあちゃん、5歳以上であれば年齢性別問わず大歓迎。
 ※お子さんが小学生の間は、保護者の方(大人・子ども各1名)も一緒に参加できます。
 ※5歳未満のお子さんをお連れいただくのはご遠慮下さい。

■体験レッスン日
 9月4日土曜日(体験レッスンに参加いただけるのは1日のみです)

■授業時間
 1時限(13:40~14:25):大人と子ども一緒
 2時限(14:35~15:20):大人と子ども別々

■場所
 自由が丘グリーンホール
(東急自由が丘駅下車、徒歩3分)

■講師
 大島英美(英語児童書ディレクター/翻訳家)ほか

■料金
 1,000円(教材として使う絵本つき)のみ


詳しい内容はこちら→キッズブックス英語スクール
続きを読む

FC2Ad