FC2ブログ

英語絵本・児童書・教材専門店キッズブックスのblog

絵本・児童書・教材・リードアラウドのよもやま話。 イベント、ブックフェア、バーゲンなどの情報。 KIDS' BOOKS by Paperweight Books is a real/website bookstore for English Language children's books.

ウィーンフィル新年コンサートを見ながら「表現」を考える

 新年といえば、ウィーン・フィルの新年コンサート。(ファンサイトあり)今年の指揮者はDaniel Barenboimだった。

 バレンボイムは、チェロ奏者で多発性硬化症で亡くなったジャクリーヌ・デュ・プレの夫だったことで、知っていた。本当を言えば、そのジャクリーヌと姉を描いた映画のなかで、ボヘミアン的でエキセントリック、だが才能あふれる、ちょっと「困ったちゃん」として描かれていたイメージで記憶していた。また長く、シカゴ・フィルの指揮者だったこともある。

 1942年生まれというから、今年67歳になる。その新年の指揮を見て、「ああ、芸術には『困ったちゃん』的要素が必要なんだ」とつくづく思った。やっていることは「棒ふり」だが、演奏者を束ねてひとつの曲を演じているわけである。紡がれる音楽は、指揮者の作るものでもある。バレンボイムのもの、かなり独創的で、時には他人を「困らせる」こともあっただろうものに見えた。

 その独創性が発揮されるのは「どの部分をどのテンポで、強弱は、間は、ニュアンスは……」などだろう。これらのポイント、どこかで聞いたことがあるぞ。そう!これまた絵本の朗読と同じだ。まず解釈があって、それを表現する。それが独創的、感動的、「おもしろい!」などと観客に思わせる。

 体から湧いてくるイメージそのものを100%出している、自由で解放された感じがバレンボイムの指揮にはあった。翻って考えてみるに、自分のなかに、もし外に出たいという魂(表現したいなにか)が少しでもあるなら、それを全部出してあげたい。自分を生きるということは、生まれる前に飲み込んだ「魂のようなもの」を、竜が火を吹くようにガオ~っと吐き出すことなのかな。今年は、「困ったちゃん」にもっとなって、ガオ~といきますか。(それともモ~?)。

続きを読む

リードアラウドと紅白歌合戦:その2

(前回からのつづき)

 千の風は、エンヤで吹っ飛んだ。エンヤの歌を、死に際までずっと「聖歌」のように聴いて逝った親類がいたので、長い年月それを聴くのを封印していた。生中継で彼女が出て、不思議な舞台設定で不思議な顔、音楽、声で歌い、ノックアウトされた。個性という力、その個性の輝き、オーラとはこういうものか。

 ジェロさんのママさん登場で、息子のジェロが歌う前からその姿でこちらももらい泣き。ところで紹介が「黒人の~」というのは、間違っていないか。「アフリカ系の~」にしてもらいたい。祖母が日本人で、ジェロは4分の1だけ日本人だという。祖母がアフリカ系アメリカ人と結ばれ、孫のジェロが日本にやってきて演歌歌手になったという。語り尽くせないドラマがあるんだろう。オリジナル曲を歌ったが、若さや初々しさはいいが、まだ出し切ってない「強さ」がありそうだ。「隠し玉」がもっとあって、うまくなる幅を持っていそうだ。

 SPEEDは、見るのがつらかった。戻っていい場合とそうでない場合があるだろうに。TOKIOは、存在感が増した。ジャニーズ系としてではなく、本当のバンドになれるかも。ドラムスとヴォーカルのかっこよさは抜群だし、ヴォーカルも椎名林檎の不思議な歌をしっかり歌っている。そうそう、見たかったのはテルマちゃん。どんな子かと思っていたら、ほんとにいい子そうで気持ちのいい声。おだやかな笑顔が素晴らしい。これまた「好人物」という個性が際立っている例か。ジェロと会話は交わしただろうか。同じアフリカ系の人生を背負い日本語で表現する、数少ない表現者。そこにジョー山中さんが入ったりしたら、何を話すだろう。

 徳永英明の声は不思議だ。声自体が才能のうち。五木ひろしも円熟しつつあり、勉強を続けている人だなあと見直した。森山直太朗は、新方向を見つけたようで、よい兆し。ただきれいな歌ではない、表現者として難しいものに挑戦する若さが好ましい。同様に、アンジェラ・アキの新方向を垣間見た。熱唱する対象を失ったら、せっかくのこの歌手の汚れていない「熱」がもったいないので、いつも対象を失わないでいて欲しい。

 平原綾香は何者か知らなかったが、「歌唱力のある歌手」として一目をおかれている人らしい。そこそこうまくても、日本の芸能界でおだてられて、伸びどまりしないように。ああ、それから英語の歌詞だということに、しばらく気がつかなかった。なぜ、英語(のつもり)の歌? コブクロというのも、実験的な難しい歌を自分たちで作って歌う挑戦者。まだまだいい歌ができそう。平井堅はそつなくまとまりすぎ?Exileは、おもしろい。スタイリッシュのなかに、極道っぽさが混じり、独特だ。男のダンスもかっこいいもんだ。

 小林幸子はご愛嬌。しっかり歌を聴いてもらえる場ではうまいんだろう。一青は、不思議な感じで情感があふれ、聴かせるひととして成長中。でも、中島美かは、どうしたのだろう。ぬけがら?石川さゆりは、さぞかし演技も、朗読もうまいんだろうなあ。歌の世界をぱっと瞬間的につかみ、観客にそれを見せられる。芸人だ。SMAPがちょろちょろ出て来て、手紙を読んだり感動すべきコメントを言ったりするが、どれもこれも棒読みだったり空々しかったり、まったく感動も共感も与えてくれない。学芸会レベル。なのに、頻繁に登場するのはご勘弁を。歌はもちろんのこと、踊りも練習不足?簡単な振り付けにしている?驕るものは、先がないでしょう?

 天童よしみの声は、実につやっぽい。ぴかぴか、きときと。声が本当にいい人だ。森進一の「おふくろさん」は、演技にしても入魂極まり、凄みがあった。絶唱というのか。しぼって、体を震わせて、あの声、あの顔。歌詞に込める情が、怖いほど。ここまで、わたしに出来たらうれしい。なんだかんだ言っても、森進一は存在感のある歌手で、「おふくろさん」はその歌手に歌われるべき歌だ。

 「いい気になっている感」が、歌のうまさに勝る和田アキ子は、どうしたものか。もっと謙虚だったらいいのにな。氷川きよしの好感度は、会場の空気を変えるほどものらしい。本人が「大トリ」の大役に感極まって泣く姿に、中高年が感動するのもわかる気がする。あとは、表現の幅を出すことで大成するのだろう。

 ああ、こうして観ると、実に面白い紅白歌合戦だった。

 


続きを読む

リードアラウドと紅白歌合戦:その1

 久しぶりにTVを、そしてそれも大晦日の紅白歌合戦を、ひとりでじっくり、全部見た。驚いたことに、今までとまったく違う、表現者としての歌手とその歌という見方ができた。リードアラウドをやり始めて、表現者である自分を初めて強く意識した年の締めくくりに観た紅白歌合戦の、鑑賞記を書いてみようと思う。

 何年も同じ歌を歌っている歌手がいる。以前のわたしに聴く耳がなかったのかもしれないし、今もそれがないからかも知れないが、まず、しょっぱなに登場した布施明は、今のほうが楽々と声を出し歌を楽しんでいると思った。かなり自由自在に声が出て、体の中から響いている。司会者と話をしているときから、声の響きが違い、深くていい声だ。円熟?したのかもしれない。努力を重ねていたのだろう。ところが、古い歌を新しく歌ったつもりの美川憲一は声が出ていない。衣装ではなく、もっと自分の歌に集中しなければ。芸がただのゲイ。前川清は、ほとんど前から同じに聞こえるが、それでいいのか悪いのか。

 演歌は、とてもじゃないが聞けない歌詞のものも、まだある。「おんなは男を支える役目」という固定観念的なものは、アレルギー反応を起こしてよく歌が耳に入らないが、「わたし、がんばって生きる」という新しい演歌があることを、今回発見した。水森かおりの歌は共感できる歌詞で、その現代的な歌詞をとても大切にし、丁寧に歌っているのに好感を持った。

 カテゴリーは、モダン演歌?内容的にはシャンソン?と思えるような、まあ歌謡曲といえばいいのか。それを歌う新顔の秋元順子も、意味を噛み締めるような、表現者としての初々しさとまじめさ、ロマンチックさのある歌に感じ入った。熟年でのデビューと聞くが、「熟年新人表現者」の希望の星かも。

 ああ、ポニョ。あがっているような、あがっていないような、落ち着いているというか表現が硬直しているというか。音をすれすれというか大きく外ずれないというか。歌い終わってくれて、なんだかほっとした。が、少なくとも水谷豊より、場慣れしている。水谷のステージは、我が身に起こったら……という恐怖の、手に汗を握る臨場感溢れるものだった。

 東方神起というもの、初めて見た。SMAPをヒントにしているのだろうが、顔、歌、踊りだけについていえば、こっちのほうが上だ。よくもまあ、こんな美形を集めたものだ。東洋美男子のカタログ。

 キマグレンという湘南のバンド、みかけによらず面白い。これは、いいかも知れない。同様に、いきものがかりのヴォーカルも、若さがあって清々しい。ザ・ブーム、女性ヴォーカルがすごくうまいのに気がついた。かなり、バンドを支えている。ブラジル移民100周年ということで、そちらの側面にわたしの脳がシフトして、歌でなく歴史で感極まった。

 同じタイトルの歌だった、ポルノグラフィティとミスチル。どちらも、実力派だったんだ……。1曲、数分で観客を盛り上げて聴かせる求心力、たいしたものだ。

(つづく)

 
続きを読む

上海にて:その1

 上海人の友だちがいる。同い年の気功師で以前は、用賀で治療をしていて、わたしはその患者だった。上海に帰ったその一家から声がかかり、3度目の上海に行って来た。
shanghai2shanghai1

 今回のメインイベントは、中医に会うこと。東洋医学の先生だ。上海中医葯大学付属岳陽医院、Yueyang Hospital Shanghai University of Traditional Chinese Medicine というところの、腫科専門つまりガン専門の「超名医」といわれる陳先生のアポがとれた。友人は、そこの掌科つまりマッサージ科の先生の弟子だった関係で、普通はすぐにはとれない予約を何人か飛ばしで入れてもらえたのだ。

 「亀!亀!亀はいかが」と、自転車のカゴに、池からとれたて?の生きた亀を山盛りに入れて大声をかけて売っている兄さんに、ぎょっとさせられた大通り、その一角を曲がると、1920年ごろからあるというその病院の旧館が見えた。わたしが小さい頃、父に連れられて行った医科大学の研究棟のような昭和というか大正の香りがする。お化けが出そうだと怖がった、そんなたたずまいのビルに一瞬どきり。タイムワープしたようなところで面白いと言えば面白い。そこは現在は薬剤部になっているらしい。

 診察はその奥にある新館で、赤茶のペンキが塗られたビルでぴかぴかだ。患者もコンピューターで一部管理されている、モダンなところだ。何事も先払いなのが中国的。患者登録と支払いを済ませると、特権?のおかげか、あまり待たずに「タイトウ イェン メイ (大島英美?)」と名が呼ばれた。診察室の中に入って、驚いた……。

(つづく)
続きを読む