英語絵本・児童書・教材専門店キッズブックスのblog

絵本・児童書・教材・リードアラウドのよもやま話。 イベント、ブックフェア、バーゲンなどの情報。 KIDS' BOOKS by Paperweight Books is a real/website bookstore for English Language children's books.

クレヨンハウスでのリードアラウド2008.7

 7月のリードアラウド会場には、なぜか大人の参加者が多かった。英語絵本の「読み聞かせ」をしよう、または既にしている教育者たちと見受けられる。熱心さが伝わってくる。

 そして、もちろん子どもたちもいる。開始直後は、多分早起きしたせいもあるのだろう、無表情気味だ。または、初めてのことをする気恥ずかしさで、ちょっとわたしとの視線をそらしがちだ。こうだがら余計、この子たちの目をさましてあげよう。笑わせて、おもしろがらせてあげよう、とやりがいを感じる。

 この回で使ったのは、Basil。リードアラウドでのおなじみ4つの約束を確認する。

1.全部読めなくてもいい。分からないところはムニュムニュで。
自分が子どもだった時のことを思い出せばいい。緊張は禁物。気楽にやれるものが、楽しい。

2.読んでいるところを、指でなぞる。
子どもは、すぐに暗記できるが、わたしは「読書」の楽しさを伝えたい。どこを読んでいるか、確認しながら読む。

3.感じを込めて。
これが楽しい。状況設定を変えれば、同じ文章を読んでいてもあきない。

4.誰かに読んであげる。
繰り返し読むことを奨励するだけでは、だめ。この約束をすることで、必ずもう1度はこの本を読むだろう。そして、「感じを込めて」の大切さが少々でも分かるだろう。

この約束をしてから、本を読み始めた。
今回は、本文が少ないので、いつも以上に各人に読んでもらうチャンスがあった。

子どもって凄い。本文中"Surely!"というところ、「わーい!これだよね!」と、いい思いつきをしたという感じで読んで、といったら素晴らしい読みになった。
キャーという歓声のように読んだ少女がいた。うまい!
会場からは、大人たちの拍手が沸き起こった。こういうのが、なかなか大人には出来ない。童心に戻らなきゃ!

ひとつ、気になったことがある。親が熱心なあまり子どもに、文字を1字1句正確にsound outさせようとしている傾向だ。まあ、当然といえば当然。「常識」かもしれない。書いてあることを正確に読めてこそ、理解したのであるという考え。でもこれ、ダメだ。英語がつまらなくなる。嫌いになる。へたになる。負の三段跳び!

He/would/be/a/teacher!
と、細切れに読んではだめ。「彼、は、先生?、に、なる、かも」と読んでいるみたいだ。
He/would be/a teacher!
この「かたまり」で読むよう強調した。「先生に、なるかも!」。自然な読み方である。そしてそれは、意味にそった「かたまり」=phrasingだから。

何はともあれ、子どもたちが、とてもおもしろがってくれたらしい。本を閉じる頃、その顔付きが変わっていた。ぴょんぴょん跳ねている子もいる。本を閉じても「ニャー」と「ネコ声読み」をしていた子もいた。これだったら、家でこの本のことが話題にあがるだろう。そして、きっと「ネコの声で」とか「100歳のおばあさんの声で」とか、楽しみながら誰かに読んであげるかな。

8月8日(あっ、オリンピックの始まる日?)は19:00開始の大人対象、
I'm Not Bobby
I'm Not Bobby
I'm Not Bobby
でやってみる。ちょっとチャレンジングな本だ。大人たちの力量が、そしてわたしの力量が試される。このちょっとねじれ気味の子どものこねるダダを、どう好ましくかつエンターテーメントとして読もうか……。

リードアラウド参加申し込み、問い合わせ先:
クレヨンハウス 03-3406-3951 (11:00-19:00)
続きを読む
スポンサーサイト

Led Zeppelinと英語教育の関係

 実は、「元祖」と自称したいほど、以前からのロックファンだ。
「英語をうまくなるのは、階段を上がっているようなもの。リードアラウドは、その入り口なんだなあ」と、先日のクレヨンハウスでのワークショップ後につくづく思っていたら、なぜか「Stairway to Heaven
icon」というLed Zeppelinの名曲の題名が浮かんだ。まあ、英語上達へのstairway、という単純な連想だけれど。わたしの語彙には、ロック起源のものがずいぶんある。

 今、大学で英語教育に携わっている先生には、ロックファンがかなりいるはずだ。というのは、わたしの世代では、わたし自身もそうだがロックの歌詞の意味が知りたくて英語にハマった人が多いからだ。その中で特別にしっかり勉強を続けた人たちが、大学教員になっている(少なくとも数人知っている)。

 つたない英語でもロックのことなら読むぞと20歳そこそこの時、ロックンロールの歴史を英語で読み、カリフォルニア・マリブで受講した英語集中授業で発表したっけ。何でも好きなことなら続けられる。Zeppelinの「Black Dog
icon」を訳したこともある(たいした内容はなかった)。英会話の勉強だって、ロックスターと会ったときに備えてしていたのかもしれない。かなりのミーハーだったが、おかげさまで度胸がついた。

 LAのタワーレコードでお買い物中のエルトン・ジョン、クラブで出会ったアダモ、ハリウッドのスタジオや今はなき永田町のヒルトン・ホテルのコーヒーショップでThree Dog Nightなど、なかなか高い確率で出会いがあり、会話をすることができた。気の利いたことを言いたいがために、ずいぶん練習に励んだものだ。
Queen (Popular Rock Superstars of Yesterday and Today)
『Queen (Popular Rock Superstars of Yesterday and Today)』

は、最初の来日からウォッチャーだが、会話は交わせなかった……。Led Zeppelinは、武道館の前から7、8番目の席で初来日公演を見た!が、「英会話」は夢で終わった……。

 この秋、10月にそのZeppelinの凄い本が出る。
Whole Lotta Led Zeppelin: The Illustrated History of the Heaviest Band of All Time
『Whole Lotta Led Zeppelin: The Illustrated History of the Heaviest Band of All Time』

 高校生のとき、「ホラホラーブ」というフレーズの意味が「?」だったが、のちに「Whole lot of love……」と歌っているのだと歌詞カードで学んだ。タイトルはその曲からつけたようだ。写真満載で288ページもある大著。好きなら読めるだろう。まあ、刊行までまだ時間があるので、その前におさらいとしてヤングアダルト向けの
Led Zeppelin (Popular Rock Superstars of Yesterday and Today)
『Led Zeppelin (Popular Rock Superstars of Yesterday and Today)』

を読んでしまおう。
続きを読む

ヴォイストレーニングとリードアラウド

 週に1回の頻度でヴォイストレーニングを受けている。今週、初めて絵本を教材にしてもらった。Grandfather's Journey (Caldecott Medal Book)
『Grandfather's Journey (Caldecott Medal Book)』
と、その翻訳版おじいさんの旅
『おじいさんの旅』
である。自分が初めて訳した本で「推敲が足りないところがあるな」とか自意識過剰になるのか、ひどく読むのが難しい。恥ずかしいというのもある。なんだか、とってもだめだ。日本語、母語だから自意識過剰になってしまうのか。

トレーナーは、さすが「ぜんぜん出来ていません」とは言わず、まず直しやすいところから指摘してくれる。
「間を効果的にあけてみましょう」。そして「明るい声に。語尾を下げすぎない」。「聴いている人に、情景を想像させるように」。

指示は的確だが、そのようにやるのが難しいのである。思い入れも深すぎると、自分で「きも~い」と、その「臭さ」に照れる。ほんと、自分の声なのに不自由を感じる。「太平洋の広さに驚く主人公の気持ち」やら、「先をせく気持ち」、ああ、どうやって声にするの。トレーナーはさすが、やっぱり先生である。感じのいい、明るい、広がりのある声で読んだ。

明日は、クレヨンハウスで朝からリードアラウドだっていうのに、このままじゃ、自信が揺らいでいる。そこで、明日の絵本を練習してみた。……こういっちゃなんだが、オチャノコサイサイだ。気持ちよく、楽しく、いろんなヴァージョンで読める。これは本の違いなのか、言語の違いなのか。英語のほうが、今のわたしには簡単に感じるのが不思議……。

続きを読む

カエルやカメの絵本について

 先週末は、羽田から直行便ならたった2時間10分ほどで着く奄美大島に行っていた。アマミマングローブ島の中南部にはこんなマングローブや、中央部には原生林が豊かに残る美しい島だった。ぜったい見逃せないのは、アマミノクロウサギ。夜の野生観察ツアーに出た。来年の同じ頃は、皆既日食が見られるらしいが、今年はただの満月。1000万年も前からこの島に住む固有のウサギは、その名のとおり黒く、そして耳が短い。

 この晩、4匹も見られたが写真は撮れなかった。だが、動きのもっと緩慢な他の固有種はばっちり。のんびりお散歩中のアマミノヤマシギ。ハブ
天然記念物のイシカワガエル。ガイドさんも、こんな珍しいものまでこの晩に、見られるとは思っていなかったようだ。
イシカワガエル発見したときの第一声はうわずっていた。「イッイシカワ!」
わたしたちは、石川さんという人が、こんな夜更けに密林を歩いていることにガイドの西条さんが驚いたのかと思ったが、カエルの名前だった。
こんなカエルも。カエル1……かわいい。飼育が簡単ならカエルを飼いたいと思い続けているが、バッタとか生きている餌をみつけてあげなければならないから、断念している。島の名物で猛毒のハブも発見。これは、捕まえて市役所かどこかに持って行くと、4000円ご褒美が頂けるという。

 ウミガメも奄美大島に産卵しに来るらしいが、今回は見る機会がなかった。でも以前、実家で短い期間だけウミガメの赤ちゃんを預かって飼っていたことがある。ひれのようになった前脚をふるかわいい姿が、記憶に焼き付いている。今は、リクガメとクサガメを飼っている。

 さて、動物好き、それもほ乳類だけではなく、は虫類や両生類も好きなわたしは、絵本でもカエルやカメのものについ目が止まる。
Froggy's Day With Dad
『Froggy's Day With Dad』

Froggy's Baby Sister
『Froggy's Baby Sister』

こんなシリーズは、英語圏の子どもたちに大人気でシリーズ化されている。哲学的な含蓄に富み、絵画的にも美しいゾウガメの絵本もある。
Old Turtle and the Broken Truth
『Old Turtle and the Broken Truth』
イラストは、Jon J Muth。オリジナルは別の、中国の画家が描いたもので、こちらはアメリカの小出版社から出されたものだが、ロングセラーだ。それぞれ説話だが、別の話だ。
Old Turtle
『Old Turtle』

幼児向けでは、Franklin And The Thunderstorm
『Franklin And The Thunderstorm』

Franklin Plays The Game
『Franklin Plays The Game』

Franklin's Class Trip
『Franklin's Class Trip』

Franklin's New Friend
『Franklin's New Friend』

などがある。
日本の子どもたちには、なぜか人気が今ひとつない。頑張れハ虫類、両生類、ついでにクモ類、昆虫類!
Miss Spider's Wedding
『Miss Spider's Wedding』

Miss Spider's Sunny Patch Kids
『Miss Spider's Sunny Patch Kids』

The Grouchy Ladybug
『The Grouchy Ladybug』
続きを読む

Fluent Reader(英語がスラスラ読める人)って?『Fluent Reader』まとめ:その1

 「絵本を使って英語をどう教えるか」に興味を強く持つ英語の先生たちと始めたFluent Reader
The Fluent Reader:Oral Reading Strategies for Building Word Recognition, Fluency, and Comprehension
『The Fluent Reader:Oral Reading Strategies for Building Word Recognition, Fluency, and Comprehension』

という本の勉強会が終わった。

 この本で何が学べると思って、わたしは選んだのか。まず、Fluent Readerという位置づけに興味を持った。そして、「スラスラ読める」よう、英語圏の子どもたちはどう学んでいくのか?「読める=I can read」って、どういうことなのか?
また、Fluent Readerになるよう子どもを育てるのが目標である、というアメリカ教育界の認識にも興味を持った。

 英語というのは、フォニックスを知っているとsound outできる言語だ。だが、このsound outはreadingではない、という認識に強く共鳴した。英語が「読める」ようになると日本でも喧伝されるフォニックスだが、それはRead とは違う。その語を発音できる、sound outが出来るようだけのこと。まあ、それはそれで出来るに越したことはないが、これだけでは本の内容は理解できない。

 「本はいくらでも読めるよ。だけど、何が書いてあるか分からないから、つまんない」と言ったインター校に通っている子どもの言葉が、ずっと胸に突き刺さっていた。ここでの「読める」はreadではなく、sound outだったのだ。He was not READING, but sounding out!

 じゃ、Fluent Readerってどういうこと?どうやってそう育てるの?とわくわくして読み始めたのが、この本だった。「戦略をもったoral readingをすべきである、というのが本書の言わんとしていることだった……。  つづく
続きを読む

ロボット型掃除機を働かせながらぼんやり

 今朝は朝から蒸し暑かった。ぼんやり、自宅のロボット型掃除機の姿をカメラで追った。

 アトムのようなロボットはまだ実用化していないが、こんなロボットはもう家庭に入っている。がんばるルンバ
今日もけなげに床掃除。がんばるルンバ2
 白く巨大なプランクトンのように、自分で部屋中ぶつかりながら動き回る。
 地雷を取り除く仕事をこなすロボットとして、アメリカで開発されたと、
How to Build a Robot Army
『How to Build a Robot Army』
に書いてあった。

 アメリカ製だが、アメリカでは掃除機での掃除はたいてい夫の仕事だ。
ほら、これも。Porn for Women
『Porn for Women』

だから、男たちがサボりたいがために、開発したのかもしれない。アメリカの友人も、「ぼくがルンバを買って、掃除をさせているので、もう妻に叱られない。I love ルンバ」と言っていた。

 掃除のあとヴォイス・トレーナーとレッスン。今後のトレーニング法についてちょっとご相談。やはり、わたしのトレーニングの目的はリードアラウドなのだから、絵本も使って表現を学ぼうということになった。
まずは、来週Grandfather's Journey (Caldecott Medal Book)
『Grandfather's Journey (Caldecott Medal Book)』
と、その翻訳版おじいさんの旅
『おじいさんの旅』
でやってみようと思う。
 
続きを読む

7月8月のリードアラウド・ワークショップ

 リードアラウド・ワークショップ@クレヨンハウス

7月27日、日曜日 9:45-10:45 済みません!テキストブック売り切れです。

8月8日、金曜日 19:00-20:00 大人対象。テキストは、
I'm Not Bobby!
I'm Not Bobby
『I'm Not Bobby』


9月28日、日曜日 9:45-10:45 テキスト未定
10月24日、金曜日 19:00-20:00 
続きを読む

キッズブックスなのに、こんな本紹介していいのか?Porn for Women

 なんと、「英語児童書」のディレクターと名乗っていながら、ここに紹介する本は、Porn for Women
Porn for Women
『Porn for Women』

である。とは言え、表紙を見れば、その健全さ?がすぐ分かる。

 イケメンが掃除機をかけている図、である。そう、これはアメリカのキャリア女性たちのグループが制作した、女性がどきんとして惚れ直す男たちのセリフや、しぐさをまとめた小さな写真集だ。

 女たちは、仕事などで疲れてストレスがたまったなーと言うときに、男性に「カモミール茶でもいれようか?」なんて言われたら、くらくらっと来る。Chamomile OK?

 「室温設定、いつでも『常夏』にしておこうか?」なんて、(ただし冬に)言われたら、それだけでとろける。Let's keep the heat set permanently on "tropical."

 こんな「男性に言って欲しいセリフ集」だが、英会話の練習にもなる。彼と彼女で、さあ!Repeat after me!

 同様な女性の観点からの、ユーモア本にこんなものもある。「なぜ結婚しないのか」と聞かれ続ける独身女性に向けた物が、
Even God Is Single, So Stop Giving Me A Hard Time
『Even God Is Single, So Stop Giving Me A Hard Time』

「神様だって独身でしょ!」というのが、このタイトルの意味だ。
 また「なぜ子どもを作らないのか」と聞かれ続ける女性に向けた物が、
I Don't Need to Have Children, I Date Them
『I Don't Need to Have Children, I Date Them』

「子どもを持つ必要ないの、わたしは『子ども』とデートするから」というタイトルだが、ここでいかに男たちが子どもっぽいかが、列記される。傑作!
続きを読む

フランスの翻訳絵本『リゼッテとみどりのくつしたかたいっぽう』など

 肩の力がぬけた、それでいて独特の信念?を持ったトリ系のキャラクター、リゼッテが日本デビュー!リゼッテ

 フランス語は読めないし、英語圏では翻訳が出ていないが、絵だけで想像して、気になっていた絵本とそのキャラクターリゼッテ。それが、絵の雰囲気ぴったりの日本語になって、クレヨンハウスから出版された。

 タイトルだけでも気になってしまうのが、『リゼッテとみどりのくつしたかたいっぽう』。みどりのくつしたかたいっぽうを、見つけたリゼッテは、それだけでかなり嬉しい。大人は、そんなかたっぽうでどうするの、と不思議だろうが、子どもには子どもの価値観があることを、思い出させてくれる。おかあさんが、もう片一方を編んでくれたのはとてもありがたいけど、もうリゼッテは片方での「有効利用」を思いついていたのである……。

 続編が『リゼッテとかたつむりのうばぐるま』。ここでリゼッテは、かたつむりと友だちになるのだが、ちょっとしたディテールが気に入ってしまった。かたつむりが「家に物を取りに行く」というと、それは殻の中に戻るってことなのである。かたつむりって、「家」をしょってるんだった……。そして、このかたつむりのお気に入りのお人形って、ナメクジのお人形だった……。いいなあ、としばし童心に戻った。
続きを読む

Brown Bear Brown Bear…は、どう読みますか?

 リードアラウドを、クレヨンハウスで奇数月の日曜日の朝(今月は最終日曜日)にやっているが、10:45にそれを終えた後、クレヨンハウスの店のほうで、立ち話ではあるが参加者の質問を受けている。

 以前にそこで声をおかけ下さった方から、最近お電話で「Brown Bear Brown Bear What Do You See?
Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?
『Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?』

は、どうリードアラウドしますか?」と尋ねられた。……さて、わたしの答えは?きっと、拍子抜けなさったことだろう。

 「その本は使わないので、分かりません」。わたしのやっているリードアラウドは、選書と読みがセットになったようなもので、独特な選書も、いわゆるウリのひとつ。先達が多くお使いになっていることも、わたしがわざわざ使う必要はない、と考える理由だ。また、sound outの練習にはいい本だが、読解とか物語について学ぶには、内容が繰り返しで、知育的意図がみえみえのようで、選べない。パターンがすぐに見えて、ごく年少でないと飽きてしまう子がいることだろう。

 何か、読み手にも発見のあるものにやりがいを感じる。やはり、感動を伝えることがリードアラウドの目的のひとつなので、読み手の心が動いたものを、これからも使っていこうと思う。

 
続きを読む

FC2Ad