FC2ブログ

英語絵本・児童書・教材専門店キッズブックスのblog

絵本・児童書・教材・リードアラウドのよもやま話。 イベント、ブックフェア、バーゲンなどの情報。 KIDS' BOOKS by Paperweight Books is a real/website bookstore for English Language children's books.

東京国際ブックフェアとブックエキスポ

アメリカ書籍業界の最大のイベントは、毎年1回初夏に開催されるブックエキスポ・アメリカ(BEA)。1992年に国際ショー業者が権利を買い取るまでは、現在もスポンサーであるアメリカ書店協会(ABA)が主催し、ABAコンベンションと呼ばれていた。今年はLAで5月29日から4日間開かれた。このBEAの前身、ABAコンベンションのことを、90年に晴海で開かれた第1回東京国際ブックフェア(TIBF)に行ったときに知った。翌91年から、洋書の買い付けや取材にと「皆勤」を続けている。

第15回目が7月10日から開かれているTIBF
も、BEAと同じ業者の運営だが、出展社数は770社。BEAは2234社で、それからもその規模の大きさがわかるだろう。
BEAは、版権取引のほか、巨大チェーン書店やネット書店に対抗する戦略討論や、情報収集の場でもある。それは、パネル・ディスカッションや、セミナー、講演だったり、パーティ会場での会話だったりする。会場には、出版予定のある大物政治家だけでなく、芸能人が何人もやってくる。クリントン元大統領が自伝を出した年は、彼の講演が大変な人気だった。舞台裏では老いていたが、表に出るとシャッキとスターになる晩年のチャールトン・ヘストンもここで目撃した。今年はマイケル・ムーアが話題だった。新刊の無料配布や、センスのいい販促品の提供があり、旬の作家たちが大挙来場しサイン本も無料で配るなどで、4日間の登録料125ドルもそう高く感じない。
だがなんと言っても、BEA最大の役目は、本の売買の場の提供である。出版各社は、新刊のプロモーションに加え、送料無料や50%に近い特別割引率など特典を付けて、会期中の受注に精を出す。お得感があるから、書店バイヤーたちは売れそうな本を会場で吟味し、かなり集中的に買う。日本の書籍取次会社は、低割引率でも返品や交換を大量に受け、選書までしてくれる。この便利さに慣れた日本の書店には、TIBFはBEAのように買付けの場ではないかも知れない。
BEA会場には、「リメインダー(remainders「残り物」)」と区分された活況な一角がある。ここは簡単に言えば、本のアウトレット売り場で、在庫処分品などわけありの本が、通常の半値近くで仕入れられる、わたしが忙しくなる一角だ。アメリカでも本離れや、巨大ネット書店に客をとられ、書店は苦戦している。そこで対抗策のひとつが、リメインダーを仕入れ、安売りをすることと言われ、成果をそれなりに上げている。アメリカでは、こうして本はリメインダーとして第2のチャンスが与えられ、消費者は安い本が買える。再販制度や商習慣の違いからか、「残り物」はほとんど断裁される日本は、BEAでのリメインダー活況から、何か学べないものだろうか。

続きを読む

Sight Wordsって?英語の本を読めるようになる秘訣

 ものには順番というものがある。英語だって、同じだ。アルファベットを学んだからと、急に本を読もうと思っても、いくらそれが絵本だって読めない。

 アルファベットの次ぎには、Wordsを学ぶのが順当だ。書かれている字を、発音する、sound outすることが目的なら、法則を学ぶフォニックスもいい。でも、初等読本に出てくる頻度の高い単語の発音を、法則ではなく、そのまままるごと読めるようにするのが、readingの最短コースだ。その、初等読本に出てくる頻度の高い単語が、Beginning Sight Words
Beginning Sight Words
『Beginning Sight Words』

と呼ばれるものである。

 これには、予めカードになっているスクールゾーン社のものが便利だ。110語の基礎となる言葉が55枚のカードの裏表に印刷されている。

 本を読む基礎の基礎、sight wordsを練習しながら、または練習後に、Bob Books
Bob Books First! (Bob Books (Paperback) #01 )
『Bob Books First! (Bob Books (Paperback) #01 )』
のような、簡単で短い話を読もう。これで達成感を味わい、ゆっくり「階段」を上っていく。徐々に複雑で、ページ数も多い本が読めるようになるはずだ。

読書習慣への道は、こんな感じ。 
アルファベットを学ぶ(Go Fish
Go Fish: Game Cards
『Go Fish: Game Cards』

やAlphabet
Alphabet Flash Cards
『Alphabet Flash Cards』

Alphabet Match: Ages 4-6
『Alphabet Match: Ages 4-6』

Alphabet Bingo
『Alphabet Bingo』

などのフラッシュカードやゲームを利用)→
Sight Words を学ぶ→ Bob Books (set 1→set 2) → Biscuit シリーズ
Biscuit's Big Friend (My First I Can Read)
『Biscuit's Big Friend (My First I Can Read)』

Bathtime for Biscuit (My First I Can Read)
『Bathtime for Biscuit (My First I Can Read)』

など多くのEarly Readersを読む→Magic Tree Houseシリーズ
High Tide in Hawaii (Magic Tree House 28)
『High Tide in Hawaii (Magic Tree House 28)』

Earthquake in the Early Morning (Magic Tree House #24)
『Earthquake in the Early Morning (Magic Tree House #24)』

などChapter Booksへ

 なお、我がブッククラブも、この流れにそって系統的に選書をしている。たとえばAコース(英語入門コース)は、ほぼ1年でearly readersの中程度まで読めるように照準を定めている。早く、より多くの日本人に、英語の本が苦痛でなく読めるFluent Readerになって欲しいものである。

 
続きを読む

『Bob Books』から始めて、英語が読めるようになりそう

 先々週は、こんな景色を見ていて、夢のようだったが……。
South China Sea
 先週末は、我がブッククラブの解説を書くという現実的時間を過ごした。『毎日新聞』の6月25日付記事で紹介されて以来、
 Bob Books Set 1 : Beginning Readers Level 1-4 + CD
『Bob Books Set 1 : Beginning Readers Level 1-4 + CD』
が(おおげさに言えば)飛ぶように売れていることもあり、今月のAコース(入門コース)で配本予定の『Bob Books』第2巻の解説を書き始めた。

 解説の中で特に力を入れているのは、「音読のてびき」である。AコースはOral Readingを重視し、音声CD付きの本を選書している。しかし、ただCDを聞いていても、声優がスラスラ読んであっと言う間に終わってしまう。そこに「ちょい待った」と割り込んで、声優の技を使えるようにするのが「音読のてびき」だ。ただの棒読みは、わたしの提唱するリードアラウドの望むところではない。感情を込めてスラスラ読んで(=Fluent reading)欲しいのだ。もちろん、スラスラ読むためには、内容が理解できないといけない。「スラスラ読める」=「内容がわかる」という等式が成り立ちそうである。

『Bob Books』付属のCDには、各エピソードそれぞれ2種類の読み方が入っている。最初はsound out、つまり読み方の法則(フォニックス)にそって、新出単語に注意を喚起させつつ、全文をゆっくり読んでいる。意味を考えず、一語一語区切る読み方だ。その後にもうひとつのスラスラ読みが続く。
 英語を学び始めたばかりの日本人には、このふたつの間にギャップがある。ほとんどの場合、一語一語sound outできたらメデタシメデタシになってしまう。そこからもう一歩、スラスラ読みまで進んで欲しいのだ。

 直接指導できない代りに、時間をかけて解説を作っている。先週末に『Bob Books』が終わって、あともう1冊! 2冊の絵本を会員に届けるAコースの解説は、それで終わり……フッ~。
続きを読む

『毎日新聞』(6月25日朝刊)生活欄「読んでみて!」から:その1

 6月25日の『毎日新聞』朝刊のコラム「読んでみて!」で、わたしが推薦した絵本5冊が紹介されたのだが、意外なほどの反響に驚いている。

 記事はこんな感じで、わたし(大島英美)の語り口調で書かれている。

  「英語を習い始めの子どもに適した絵本を紹介します。日本で教材用に作られたものより、文学性も芸術性も高いものばかりです。大事なのは英語を習い始めてどれくらいか、『英語年齢』に合わせて選ぶこと。中学1年生でも英語未経験なら4、5歳レベルの本がおすすめです」
  「アルファベットが分かるようになったなら、手始めはBob Books シリーズ」
  Bob Books Set 1 : Beginning Readers Level 1-4 + CD
『Bob Books Set 1 : Beginning Readers Level 1-4 + CD』

  Books #5-8 + Cd (Bob Books Set 1 Bind-up)
『Books #5-8 + Cd (Bob Books Set 1 Bind-up)』


 記事で紹介したものはCD付きだが、CDがいらないのであれば、元祖『Bob books』の
 Bob Books First! (Bob Books (Paperback) #01 )
『Bob Books First! (Bob Books (Paperback) #01 )』
がある。

  「アメリカで200万部も売れている、子どもが初めて自分で読むための本です。絵もユーモラスで可愛らしい。単語ひとつの文から、だんだん長い文になります。『自分の力で最後まで読んだ』という達成感を得れば、読む楽しさがわいてきますよね」

 そう! 『BOB BOOKS』の秘密のひとつが、この達成感。短い話が繰り返しのように進んでいく。急に難しくなったりしないから、読める。読めたら、それも英語だから、よけい嬉しくなる。内容は、わざわざ日本語に「翻訳」するまでもなく、絵から直接理解できる。だから、勉強じゃなく読書をしたという気分になれる。やる気というのは、こういうところからわいてくるものだろう。

 この春、わたしたちのキッズブックス・ブッククラブの初心者向けAコースは、この『Bob Books Set 1 : Beginning Readers Level 1-4 + CD』でスタートを切った。会員には、「この本を読んでいけば、だんだん英語力がついていく」という本を選び、毎月2冊送っている。音読や語彙などの解説をつけているので、さらに分かりやすく興味をもって読めるはずだ。キッズブックス・ブッククラブの読書プログラムで英語読書を続ければ、『Bob Books』レベルから、あの『Harry Potter』レベルまで5~7年でたどり着くのも夢じゃない。
続きを読む

沖縄でのアメリカ軍向けテレビ放送

 何度目かの沖縄、今回は本島の万座毛近辺に宿をとった。

 朝、目覚ましのようにテレビをつけたら、軍の放送局だった。もちろん全編英語でCMにあたるものは軍と政府関係の広報などと、自局の番組の宣伝だけ。

 そのコマーシャルにあたるものが、実に興味深い。
 何度も流れたのが鬱(うつ)関連である。兵士向けのは、休暇に気が塞いでいて自室にこもっているなら、外出せよ、というもの。「外に出て、気分転換しなさい」という、おすすめより、ちょっと強い口調だ。
 もうひとつは、上官に向けたもので、部下の変調に早く気付け、そして気付いたら言葉をかけ、必要なら相談に乗ったり、心の専門家にその部下を連れていくように、というもの。口調はほとんど兵隊さん。
 こんな放送がある様子からすると、自殺未遂や自殺も案外多そうだ。戦争はやはり、人間にはつらいだろう。

 もうひとつ印象深いのが、子どもたちの声で構成された、育児放棄やネグレクトをしないで、という呼びかけだ。いろんな場面の、いろんなタイプの子どもたちが次々現れて、「わたし/ぼくの声を聞いて」と訴える。
 沖縄本島にかなりの敷地を占めるアメリカ軍基地。その基地内に生活する家族、特にこの呼びかけは、母である女性に向けたものだろう。戦場に行った夫のことを心配する毎日は、さぞかしストレスに満ちたものだろう。子どもにあたったり、子どもの面倒を見ずに気晴らしにどこか出て行ったりするのだろうか。

 また、天気予報は別の意味で興味深かった。当たり前と言えば当たり前だが、予報を出す地域が、基地のあるところと派兵しているところなのである。イラク、アフガニスタンの町や拠点や陣地?では、天気の尺度に「dust」というのがあった。砂嵐だろうか。曇りや霧のようにdustの日がある。ちなみに先日は、カンダハールにdust予報が出ていた。

 心が痛むのは「今日の死者」。わたしが見た日は、十数人の死者がでた日だった。名前と出身地、年齢などが文字で流れる。案外30代が多い。文字はどんどん流れて行く。画面はひとときも静止せず、数をどんどんとこなしていく感じが悲しい。そして、悲しげな、でもしかたなさそうな表情のアナウンサーの声で、
「お悔やみ申し上げます」に続いてすぐにこう言う。
「この後も続きます」
 CMのあとも番組が続くという意味だろうが、まるで「死者が続く」という意味にも聞こえる……。

 ヤングアダルト本には、アメリカの戦争文学の秀作が多い。ちょっと思い出すだけでも、
The Runner
『The Runner』

I Had Seen Castles
『I Had Seen Castles』
などがある。
 ヴェトナム戦争に出て行った高校のクラスメートへの思いを綴ったものである。輝くような青春が始まったばかりの若者たち。それぞれの理由で戦争に向かい、その短い人生を終えることになる。なさけなさに、胸がよじれるように痛い。
 太平洋戦争を扱ったノンフィクションには、
Flags of Our Fathers: A Young People's Edition
『Flags of Our Fathers』
ヤングアダルト版
Flags of Our Fathers ~New York Times Bestseller~
『Flags of Our Fathers ~New York Times Bestseller~』
一般版
がある。
 硫黄島で日本軍と戦ったアメリカの若者たち。彼らの青春がこの島で散った。もちろん日本の若者たちも同様だ。
 また、ヨーロッパ戦線でも、人生を急がされた若者たちがいた。
Postcards from No Man's Land
『Postcards from No Man's Land』

 沖縄では、戦争のにおいが今もする。
続きを読む