FC2ブログ

英語絵本・児童書・教材専門店キッズブックスのblog

絵本・児童書・教材・リードアラウドのよもやま話。 イベント、ブックフェア、バーゲンなどの情報。 KIDS' BOOKS by Paperweight Books is a real/website bookstore for English Language children's books.

BEAブックエキスポ報告:その2 『Inkheart』

 ブックエキスポでもうひとり、会ってみたかったのが、Cornelia Funke、もうすぐInkheart が映画になる。その映画のcreative producerでもある。ドイツの人だが、今は子どもとロサンジェルスに住んでいる。

 今まで彼女の本は、
The Thief Lord
『The Thief Lord』

Ghosthunters And The Incredibly Revolting Ghost
『Ghosthunters And The Incredibly Revolting Ghost』
を紹介したが、そろそろ分厚い
Inkheart
『Inkheart』
3部作を
読まなければならないようだ。第3部の『Inkdeath』がこの秋に出るし。

 Funkeは、ドイツ語読みだと「フンケ」だが、英語読みだと「ファンク」。なんだかhipに聞こえるが、写真で見るかぎりは、サラリとした金髪で華奢な少女っぽい女性だ。彼女の登場を待っていると、どんどん列が長くなった。わたしの前の体格のいい女性が「あなたもちょっとこの列がどのくらい長いか見てらっしゃいよ。自分がこんなに前の方だってのはいい気持ちよ」と親切なお言葉をかけてくれた。

 じゃ、と見に行くとすごいすごい長蛇の列。先ほどの彼女が「わたし、あのカーテンの向こうのコーネリアを見てきたけど、写真どおりだったわ。すらっとして少女みたい。フンッ! I hate her.」と他の、これまた体格のいい女性に冗談めかして言った。

 時間ぴったりに席に着き、Funkeがサインを始めた。中島みゆきにちょっと感じが似ている。それにしても、速い速い。猛烈なスピードでサインする。笑顔を作ってくれるが、忙しそうで言葉をかけられなかった。長蛇の列だからしょうがない。才媛で清潔感のある、たいへん好ましい印象だった。

 『The Thief Lord』はヴェニスを舞台にした、ちょっとディケンズの『Oliver Twist』に似た、少年泥棒たちのファンタジーだが、舞台も少年泥棒のキャラクター設定もロマンチック。作者の想像力とロマンチックさが全開の小説だ。かとおもえば、初期の作品の『Ghosthunters And The Incredibly Revolting Ghost』ときたら、かなりのはじけよう。ユーモアのある人なのがわかる。今後の仕事もすごく楽しみな作家のひとりだ。

 この日、87歳のRay Bradburyも来ていたが、あまりの人気でサイン会に人数制限があり、会うことならず。年配の男性たちが「Ray Bradburyはどこだ、どこだ」とそわそわしていた印象があった。
続きを読む

BEAブックエキスポ報告:その1

 Los Angelesは、あいかわらずからっとした空気。ヤカランタが紫の花を咲かせている。ヤカランタという植物は、フジ同様マメ科だがツル性ではなく木で、ソメイヨシノのように葉が出る前に花がいっせいに咲き、実に見事だ。

 ブックエキスポは朝9:00開始。間に合うよう、8:30にホテルからシャトルバスに乗った。LAコンベンション・センターには、いつものように巨大なバナーがかかっていて、アメリカ出版界最大の祭りを盛り上げている。

 今回も200人近い作家たちが、サインやプロモーションにやって来た。第1日目、わたしは自分のリードアラウドの先生だと思っているMem Foxに会いたいと思った。午前中は新作を中心に見ながら会場をまわっていたが、午後は彼女のブースに行くことにした。

Koala Lou
『Koala Lou』

Possum Magic
『Possum Magic』

そしてリードアラウドに最適な本
Tough Boris
『Tough Boris』

テキストを書いたのがMem Foxである。
オーストラリア在住で、BEA参加は3度目という彼女。思ったより小柄だったが、以前に写真で見た通り真っ赤な髪の毛がつんつんした、いたずらっ気とたぶん情熱のある人という第一印象だ。サインを待つ列はかなり長く、知名度が高いことがわかる。新刊にサインをしてくれるだけでなく、Memはファンたちとちょっとした会話も交わしていた。


 チャンス!とばかりに、わたしは自分の番になったとき、あるリードアラウドに関するお伺いをMemにした……。詳しくは後日記すが、前向きな返事をすぐにその場でくれた。さらになんと翌日、広い会場でMemとばったり出くわした。こういう偶然が、どうもわたしには多いような気がする。それはともかく、彼女の本にどんなにわたしが触発されたか、そしてワークショップをやっていることなど説明した。意気投合したわたしたちは、hugまでして別れたのである。写真も撮ったので、アップするつもり。

 もうひとり会いたかったのは、わたしのブログではお馴染みのBrain Selznick。こちらも長い列。時間きっちりに現れたのは、清潔感溢れる好青年。すっきり、ほっそり、そして予想通り繊細な指。あんな絵を描くのだから、そういう指だと思っていた。全体的には、「大都会のおぼっちゃま」然としている。

「あなたのお仕事に敬服しています」と言わずにはいられなかった。お世辞でもなんでもない、わたしの本心だ。「それはありがとう。あれ? 日本から来たんだね?」と作家が話しかけてきた。「はい、もう『The Invention of Hugo Cabret』は翻訳が出ていますよ」そう言うと、きらっと目が光った。「そうだね!本のデザインも違ってね……」と隣の編集者に熱心に説明を始めた。わたしの後ろの列からは、おそらく「イライラ光線」が出ていたに違いない。
The Invention of Hugo Cabret
『The Invention of Hugo Cabret』


「NYに日本人の友だちがいるんだけど、彼が翻訳も素晴らしいっていってたんで、安心したんだよ。あなた、どう思う?」と、わたしは尋ねられてしまった。しかし、翻訳は読んでいない……。
「翻訳者(金原瑞人さん)は、とても定評ある方なのでご安心を」と知っていることだけお伝えすると、ニッコリ。「ほんと? それは、うれしいな」と。どんな翻訳になったか、やはり原作者は気になるものだろう。

 とても感じのいい人で、威張ってもいない。発想が豊かに湧き出て、まだまだ伸びるという予感がする。アメリカ児童書界のホープだろう。写真は後日アップの予定、好青年ぶりをお楽しみに。

 となりに、Robert Sabudaが新刊を持ってすわる予定だったが、日本で登場し過ぎで、わたしは少々食傷気味なので、彼のことは待たずに会場へと戻った。

 そうそう、Sabudaといえば、Powell's Booksの社長Powellさんに、このSabudaの本のことを尋ねられた。パウエルさんはあまりいまどきの子どもの本を知らないので、ときどきわたしがご意見番?になる。あーだこーだとお伝えすると、何やら頭の中が忙しそうになって、大げさに言えば「顔色が変わった」。わたしの話を聞いてから、どうやら買い付けの数字を倍にしたらしい。1000の単位での買い付けだろう。

 この秋、パウエルズでサブダのPop-up本が売れ残ったら、わたしのせいになってしまうかも……。
Encyclopedia Prehistorica Sharks and Other Sea Monsters: The Definitive Pop-Up
『Encyclopedia Prehistorica Sharks and Other Sea Monsters: The Definitive Pop-Up』

The Wonderful Wizard of Oz: A Commemorative Pop-up
『The Wonderful Wizard of Oz: A Commemorative Pop-up』

The Movable Mother Goose (Mother Goose Pop-Up)
『The Movable Mother Goose (Mother Goose Pop-Up)』

続きを読む