FC2ブログ

英語絵本・児童書・教材専門店キッズブックスのblog

絵本・児童書・教材・リードアラウドのよもやま話。 イベント、ブックフェア、バーゲンなどの情報。 KIDS' BOOKS by Paperweight Books is a real/website bookstore for English Language children's books.

Oral Readingとは? リードアラウドそのものだった

 先日、第二回目のThe Fluent Reader:Oral Reading Strategies for Building Word Recognition, Fluency, and Comprehension
『The Fluent Reader:Oral Reading Strategies for Building Word Recognition, Fluency, and Comprehension』

を読み解く会があった。研究熱心な、英語教育に興味を持つ4人とわたしの5人だ。第4,5章を主に読んでいったが、子どもたちに繰り返し読ませることの大切さと、それを飽きさせずにどう実行するかが印象に強く残った。

「リードアラウド」方式、つまり感じを込めて声に出して演ずるように読ませること、それを練習することは、やはり英語上達の王道だった!と思った。
本書で述べられている実績のあがった方法、たとえばアナウンサーのように読む、reading theaterと称して演技たっぷりに読むなど、同じ方向性だ。

そこで思い出した本がある。Short Plays for Primary Grades (On Stage Series)
『Short Plays for Primary Grades (On Stage Series)』

子ども向けの脚本集だ。絵はないが、著作権もなしで自由に使える。ふたりの生徒がかけあう、5分程度の短い劇だが、暗記用ではない。台本を何度も練習することで、Fluent readerになるわけだ。
絵本でもYou Read to Me, I'll Read to You: Very Short Stories to Read Together
『You Read to Me, I'll Read to You: Very Short Stories to Read Together』

のようなものは、セリフになっているのでそのまま使える。でも多くの絵本は、加工が少し必要かもしれない。

こんなセリフの勉強のようなやり方で、自然と何度も読み感じをこめる練習(英文のリードアラウド)がつめれば、fluent readerも夢じゃない……。
続きを読む
スポンサーサイト

「大人も児童洋書から始めよう」『AERA English 6月号』洋書児童書案内:その2

AERA English 6月号』で、28冊の洋書紹介をさせてもらった。絵本でも『ハリー・ポッター』でもない児童書で、どんなのを読んだらいいのか。
私は、Chapter booksというジャンルというか、カテゴリーを勧めている。

前回のブログでは、sweet=カワイイ系を取り上げたが、「ちょっとそれじゃイヤ。だけどまだたくさん読みきる自信がない」というむきには、
Love That Dog『Love That Dog』ティーン
がいい。詩の形式だが、物語にもなっている。経験で言えば、詩形式は1ページに字があまり詰まっていないので、ストレスが少なく感じると思う。また、取っ付きやすい。そして何だかカッコイイ。
Coo
「ぼくに詩なんか書けない」と思っている少年を主人公にした、詩形式の物語だ。最初は、ただ普通の日記のような文を、詩のように改行しているだけ。だが、だんだん詩というものを理解し始め、しまいにはわたしたち読者の心に響く詩になっていく。
主人公の少年が、尊敬する現代詩人Walter Dean Myersの「Love That Man」という詩に触発され、詩を書いたという設定。だからタイトルが『Love That Dog』なのだ。

このWalter Dean Myersのことが、前々から気になっていた。グラフィック・デザイナーで、
Black Cat (Coretta Scott King Illustrator Honor Books)
『Black Cat (Coretta Scott King Illustrator Honor Books)』

などJAZZテイストの絵本のイラストも書くChristopher Myersの父でもある。気になったら、わたしはすぐ自伝を読む。
Bad Boy: A Memoir
『Bad Boy: A Memoir』
ブッククラブGコース 2008年6月号)
Walter Dean MyersがNYのハーレムで生まれ育った1940、50年代のアメリカで黒人の少年であるということが具体的に何を意味するのか、私たちはこの本から知ることができる。

ティーンになるまで、自分が黒人だということは特に意識の上位にはなかった。それよりも、体格がよく運動神経が抜群で、すぐに他人に暴力をふるっていた自身の始末の悪さが語られる。暴力は衝動のようなものだったらしい。なんで、すぐに喧嘩をする子どもや若者がいるのか分からなかったが、本能のようなものなのかなと、私は興味をもって読めた。

しかし、しだいに白人の友達から距離を置かれるようになって傷付き、黒人であることを意識するようになる。アルバイト先でまわされる仕事は、肉体労働ばかり。社会一般的に黒人の地位がどういうものかは知っていたが、自分もそこにはめ込まれるということに滅入る。自暴自棄になったり、将来に希望をなくしたりという状況が、個人の問題だけで語れないアメリカ社会を垣間見せてくれる。

高校生になるまで貧しさを意識することはなかったが、大学進学が周囲の学友たちの興味の中心になる頃、Walter Dean Myersは進学など夢のそのまた夢だと気付き、ここで初めて貧しさを認識する。ハーレムに住む典型的な黒人の、食べ物には困らないが蓄えのまったくない「自転車操業」的暮らしだったのである。

Walter Dean Myersの自己実現の軌跡をたどると、人種の壁を知らないわたしたちの苦労や悩みがまったく甘いものに見えてくる……。
続きを読む

「大人も児童洋書から始めよう」『AERA English 6月号』洋書児童書案内その1

 洋書児童書案内「第3弾」を、雑誌『AERA English 6月号』でさせてもらった。「BOOK」コラムは毎月書かせていただいているうえ、この特集を三たびも受け持てて本当に幸いだ。

 今回は、自分を含めて日本の英語学習者がぶつかる壁、「英語の本が楽しく(すらすら)読めない」という壁、のようなものを突破するキメ手を紹介した。

 それは、チャプターブック、グラフィックノベル、そしてミドルリーダー。このカテゴリーの本、つまり英語圏でも教育者や親を悩ます子どもたちのreadingにおけるGAP、「絵本」や絵本的な本と読み物の間の溝を埋める本たちだ。

 『がまくんとかえるくん』(Frog and Toad)
Frog and Toad Are Friends (I Can Read Book 2)
『Frog and Toad Are Friends (I Can Read Book 2)』

のシリーズや、『どろんこハリー』(Harry the Dirty Dog)などのearly readers
Harry the Dirty Dog
『Harry the Dirty Dog』

はクリアしても、その次の読書の段階、絵が少なくて字がいっぱいの本を読めない(自分から進んで読む気になれない)小学生の中学年・高学年向けの本でもある。英語を普通に学んでいる日本人も、中学3年くらいにこの時期がやってくる。

こういった時期に、かわいらしい話が好きなら、the Velveteen Rabbit
The Velveteen Rabbit
『The Velveteen Rabbit』

と My Father's Dragon シリーズがぴったりだろう。
My Father's Dragon
『My Father's Dragon』

Elmer and the Dragon (My Father's Dragon)
『Elmer and the Dragon (My Father's Dragon)』


 じゃ、あんまりかわいいお話じゃないのがいい、という人には?
 この話は次回に続く。

The Great BrainThe Great BrainThe Summer of the SwansThe White StagStones in WaterLove That DogVarjak PawThe Jazz ManSarah, Plain and TallTales of the Wicked WitchThe Periodic TableThe Umbrella Man: And Other StoriesAmerican Born ChineseThe Daydreamer (Joanna Cotler Books)The Invention of Hugo CabretGhosthunters And The Incredibly Revolting GhostThe Velveteen RabbitDiary of a Wimpy KidElmer and the Dragon (My Father's Dragon)Joyful Noise: Poems for Two VoicesMissing MayMartin Luther King, Jr. (DK Biography)The WandererRegarding the Fountain (Regarding the...)The Big Bad Wolf and MeAleutian SparrowHow to Build a Robot ArmyThe Westing GameMy Father's DragonThe Dragons of BluelandThe Ink-Keeper's Apprentice
続きを読む

在庫売り切りセール 洋書絵本・読み物バーゲン

Keep Your Bonsai Perfectly ShapedHandmade Style: JapanWarriors Field Guide: Secrets of the Clans (Warriors)The Animal FamilySharing Susan: A NovelOregon, Sweet Oregon (The Petticoat Party Book , No 3)Cart and Cwidder (Dalemark Quartet, Vol. 1)Round the TwistUndone!: More Mad EndingsBetsy and the Boys (Odyssey Classic)Penny and Peter (Voyager/Hbj Book)Like the Lion's Tooth (Aerial Fiction)Mattimeo (Redwall, Book 3)Raising Responsible Kids: How to Guide Your Children Toward Independent AdulthoodWhat It's All AboutIn the Year of the Boar and Jackie RobinsonThe Beastly ArmsWitnessPiping Down the Valleys WildMarlfox (Redwall, Book 11)SiddharthaDarkness at NoonOut of The DustOut of The Dust (Apple Signature Edition)Somewhere in the DarknessTo Be a SlaveSapo Y Sepo Son Amigos (Spanish Edition)FROZEN FIRE ( A 115)ZeelyRunning Out of Time/FantasyThe Ugly Princess and the Wise FoolBroken AprilNed Kelly and the City of BeesKate Culhane: A Ghost StoryGolden Bowl (Wordsworth Classics)Can We Play Too, Piglittle? (little barron's toddler books)Construction: Lift-a-flap fun (Active minds)Sky Was BlueBaby's ThingsGet Up and Go! (MathStart 2)Room for Ripley (MathStart 3)The Elephant BookPrehistoric Life (Spotlights)Fruit Bat (Picturemac)Communication: Means and Technologies for Exchanging InformationKao & the Golden Fish (Adventures in Storytelling Ser.))BugsRIVERS and LAKES-NATURE HIDE A (Nature Hide & Seek)Natural Wonders of AmericaMachines In the Office (Discoveries & Inventions)Early Cars (Discoveries & Inventions)Back Off!: Animal Defenses/a Real Life Pop-Up BookLook Again!: Animal Disguises : A Real Life Pop-Up BookGrowing Up (Facts of Life Series)Let's Explore Science (Air & Flying, 11)Dinosaurs (Mini Questions & Answers)Hornets' Nest (Watch It Grow)Crabs (Nature Close-Ups (Blackbirch Software))Jungle AnimalsThe Ballet BookLoon Magic for Kids (Cocoa Table, No. 1)My Little Book of Painted TurtlesIncredible Little MonstersIdea Catcher for KidsCool Melons - Turn To Frogs!: The Life And Poems Of IssaMarbles,Roller Skates,Doorknob (Gateway)
続きを読む

Pete Seeger とLaura Vaccaro Seegerの関係

 今週25日金曜日はクレヨンハウスで、「フォークの神様」Pete Seegerの美しい詩を絵本にした
One Grain of Sand : A Lullaby
One Grain of Sand : A Lullaby』のリードアラウドである。

 この90歳過ぎても現役という「フォークの神様」の親戚に
Lemons Are Not Red
Lemons Are Not Red
の作者Laura Vaccaro Seegerがいる。甥の嫁という関係で血縁はないが、彼女のデビュー作にPeteが言葉を寄せている。彼女の絵本は、わたしが「発見」したと勝手に思っている。『Lemons Are Not Red』をリードアラウドに使ったのは、日本でわたしが初めて!?かも知れない。そして2008年、
First the Egg
First the Egg
がコルデコット・オナー賞を受賞して、「やっぱりね……」と思った。さらに
Dog and BearDog and Bear
Dog and Bear: Two's Company
Dog and Bear: Two's Company
がブレーク中。初期の作品
Walter Was Worried (Ala Notable Children's Books. Younger Readers (Awards)) (Neal Porter Books)
『Walter Was Worried (Ala Notable Children's Books. Younger Readers (Awards)) (Neal Porter Books)』

も、力量を早くも見せていた。感情を表すことば(worried/puzzled/shocked/freightenedなど)を、幼児に教えるのに最適。
今わたしの中で注目の絵本作家である。
続きを読む

米国大統領選挙とリードアラウドの関係

『朝日新聞』4月20日朝刊のコラム「もっと知りたい!」で、「支持得る演説の技とは?」と題し、民主党のクリントン候補とオバマ候補の話術、しゃべり癖についてちょっとした研究がされていた。常日頃のわたしの「リードアラウド」への関心と重なって、とても興味深く読んだ。

「どこと言われてもちょっとはっきりしないが、何だか感じが良くない」というクリントン評を、民主党びいきのアメリカ知識人ふたり(男性)から、それぞれ聞いたことがあった。その「何だか感じが良くない」のわけが、この記事でなんとなくわかった気がする。

1.「You know」「well」を、演説や討論で繰り返す
   →いかにも自然な雰囲気を演出しているが、わざとらしい。多用は、耳障り
2.タフな姿勢を示しすぎる
   例 Shame on you, Barack Obama.
3.言葉の端々に、嫌味な感じがつきまとう
   例は、ネガティブ・キャンペーンに踏み切ったときの、Well, the fun part starts.

このようにネガティブな印象を与えるクリントンさんの話法に対して、オバマさんの演説力の評価が高い。その技とは……。

1.間を取った話し方。ゆっくり、しばらく沈黙することも。盛り上がる部分ではリズムを速める
2.対照や繰り返しといったレトリック
3.主語にWeを多用する

 ここで「リードアラウド力」そのものなのが1だ。また2は、「Read Aloud」を念頭においた絵本で多く使われている技でもある。3は選挙演説ならではだろうから置いておく。
 意識していると、いろんなところにリードアラウドで使える技や、メソッドを深めたり極めたりするヒントがあるものだ。
 いつか、リードアラウドの上級クラスで、Martin Luther Kingのあの「I Have A Dream」の演説を試してみたいと思う。
 ああそうだ、今週25日金曜日はクレヨンハウスで、Pete Seegerの美しい詩の絵本
One Grain of Sand : A Lullaby
One Grain of Sand : A Lullaby
リードアラウドである。
続きを読む

在庫売り切りセール 洋書絵本・読み物バーゲン

絵本・読み物・教材いろいろ。
なぜか動物ものばかり。

Captain's PurrWarriors #5 : A Dangerous PathDawn (Warriors) Starlight (Warriors: The New Prophecy, 4)The Darkest Hour (Warriors, Book 6)Frightful's MountainOn the Far Side of the MountainProtecting MarieTaggerung (Redwall, Book 14)Call of the Wild and Other Stories (Illustrated Junior Library)Cat Ate My Gymsuit/ There's a Bat Bunk Five Flip bookAmazing Mammals (Eyewitness Junior)Animal Stories by Young Writers: From Stone Soup MagazineWhere am IRuff Leaves Home (It's Great to Read)Signs of the Apes, Songs of the Whales: Adventures in Human-Animal Communication (Novabook)The Tamarindo Puppy: And Other PoemsTiger WomanWhale (A Year in the Life)WhalesSharks! (Sea Life)
続きを読む

在庫売り切りセール 絵本・読み物バーゲン

学習ものいろいろ。

The Solar System : Zoomers SeriesA Day in SpaceTIMEKEEPING (DISCOVERIES INVENTIONS S.)Light and Vision (Inventor's Handbook)The Usborne Computer Dictionary for Beginners (Computer Guides Series)Water Sports: An Outdoor Adventure HandbookStrange Mysteries from Around the WorldScience Fun With Drums, Bells, and WhistlesKaty and the Big Snow (Book & Cassette Favorites)1982: The Year You Were Born1985: The Year You Were Born
続きを読む

在庫売り切りセール 絵本・読み物バーゲン

『ゲド戦記』など。読み物いろいろ。

The Tombs of Atuan (The Earthsea Cycle, Book 2)The Farthest Shore (The Earthsea Cycle, Book 3)Tehanu (The Earthsea Cycle, Book 4)Tales from Earthsea (The Earthsea Cycle, Book 5)The Other Wind (The Earthsea Cycle, Book 6)The Secret of Platform 13A Girl Named DisasterAdam of the Road (Puffin Newberry Library)Dancing in Cadillac LightPippi Goes on Board (Pippi Longstocking)Seven Strange & Ghostly TalesSTORMBREAKER (Alex Rider Adventure)The Great BrainThe Hollow TreeSo, You Wanna Be A Comic Book Artist?: How To Break Into Comics! The Ultimate Guide For KidsThe ShakeressWolf Star: Will Claidi Ever See Her True Love Again? (Lee, Tanith. Claidi Journals, Bk. 2.)Fat Kid Rules the WorldMy HeartbeatThe Great Dimpole OakThe Heart of the CityThe Wheel on the SchoolRifles for WatieSon of the Mob (Son of the Mob (Paperback))The Boys' War: Confederate and Union Soldiers Talk About the Civil WarThe Two BrothersThe Squiggle
続きを読む

大人もP.シスの絵本『the Wall』を読みたい

 ワシントンD.C.に4月に赴任した知り合いの新聞記者が、「英語の本を、経済誌に紹介しなきゃならないが、選書の時間がない!助けて」とメールしてきた。

 赴任早々だ。許してあげましょう。そこで、エコノミストも興味を持つかもしれない「絵本」、
The Wall: Growing Up Behind the Iron Curtain
The Wall: Growing Up Behind the Iron Curtain
を紹介した。その後記者からの連絡はないが、絵本の奥深さを知らない大人や、または絵本作家のMike Thalerさんの言葉を拝借すれば、「overcoatを心にまとった大人たち」に、いい絵本だと思わせるのではないだろうか。

 わたしを含めて、いい年の大人が自身で読んでおもしろい絵本はそうあるものでもない。「おなかをすかせた青虫がどんどん葉っぱを食べて……」とか「くまさん、くまさん、何を見てるの?」なんていうのは、子どもでもいなければ読むはずがない。だが、実用的またはトリビア的でも新情報があるものなら、読みたい。また、心の琴線にふれ、普遍性のあるものなら、読んでもいいと思う。

 The Wallには、情報がある。共産主義時代のチェコスロバキアで育つというのは、どういうことだったのか。1949年生まれの著者の自伝的絵本だ。ロックが自由の象徴で、それが弾圧されていたこと。The Beach Boysのコンサートで政府と流血騒ぎがあったこと。子どもに親のことを報告させ、子どもに無自覚にスパイ活動をさせていたようなことなど。自由の国、「アメリカ万歳」すぎる嫌いはある。が、そう思わせてしまうくらい不自由な国だった。少なくともひとりの、才能あるチェコスロバキア人芸術家をそう思わせるくらい不自由な国だったことも分かる本だ。

 エッチング風の絵がいい。かわいらしさもある。細かいテキストは事典的でもあり、そこから歴史的事実を学べる。なかなか大人にお買い得な絵本なのである。
続きを読む

FC2Ad