FC2ブログ

英語絵本・児童書・教材専門店キッズブックスのblog

絵本・児童書・教材・リードアラウドのよもやま話。 イベント、ブックフェア、バーゲンなどの情報。 KIDS' BOOKS by Paperweight Books is a real/website bookstore for English Language children's books.

送料無料サービス&コンビニ後払い決済はじめました!

本日から、キッズブックスでの送料・支払い方法を変更します。
また、皆様によりいっそう気持ちよくお買い物をしていただけるよう、新たに以下のサービスを始めました。

1、購入金額5,000円以上で送料無料! (※沖縄県・離島地域を除く)
2、商品受け取り後に、コンビニ・郵便局・銀行からお支払いいただけるNP後払いサービス開始
NP

まとめ買いでお得な送料無料サービス、安心・便利なコンビニ後払いをぜひご活用ください。
好評いただいている、旧在庫本の売り切りセール(絶版多数)と、新刊の円高還元セールも引き続きおこなっています。ご利用お待ちしております。
続きを読む

Have a good one! って?

 1週間のハードスケジュールをどうにかこなして、もうポートランドから東京へ戻る日がやってきた。今朝は、8時半にタクシーに来てもらい、PDXとポートランド空港へ向かった。晴天だ。種類は定かではないが、桜の花が五分咲きで、ウィラメット川沿いをピンクに染めていた。

 ここ何度かのポートランド滞在中、気になっていたフレーズがある。別れ際のせりふ。どうも近頃、
Have a good one!
が多い。one はそれまで話題にしていたことを繰り返さずに言う時に使うが、この別れ際での使い方は、唐突感がわたしにはあった。

えっ?何かわたしたち、dayについて話していましたっけ?

でも、そのoneがdayを意味しているのが明らかだから、問題ないのだろう。頻度として、増えたように思う。夜に使えば、おやすみなさい。朝だったら、ごきげんよう。バケーション前だったら、楽しんでね。何にでもなって、便利なんだろう。

 帰りの機中では、ずっとThe Amber Spyglass (His Dark Materials, Book 3)
The Amber Spyglass (His Dark Materials, Book 3)』を読んでいた。第1巻と第2巻では分からなかったライラの世界や、その他のパラレル世界のこと、ライラの母(映画ではニコール・キットマンがはまり役で演じていた)の性格、父であるアリエール卿の性格などもよく分かってきた。ライラはかなり母親似なのだ。そしてあのシロクマ、イオレックとライラの関係は、父と娘の関係にも似る。わたしがかなり引かれるのは、こういった家族の物語のせいもある。
 この読書のおかげで、10時間の飛行時間が短く感じられた。そうそう、音なしで、映画『Elizabeth』も見た。読書と映画が同時だ。我ながら欲張り。

 さあ、飛行機で寝られなかった分、これから取り戻そう……。
続きを読む

通訳って疲れます

 パウエルズのみなさんと、日本の書店のみなさんとの通訳を、ここ1週間ポートランドでしている。今日は巨大なPowell.comの倉庫で9時から4時30分まで質疑応答。
「倉庫のみなさんは、スリムですね」という感想を、ひとりから聞いたが、そう言えばそうだ。清潔そうで、頭脳明晰な好青年が多い。

 通訳していて、我ながら通訳する人の頭はどうなっているのかと思う。ぶっ続けで通訳していると、1時間過ぎた頃から筋肉疲労に似た疲れが頭を襲う。たいていは、「はっ」と真っ白な瞬間を感じてその疲労を意識する。通訳とは、ひとつひとつの言葉を翻訳する感じではなく、センテンスの意味をまるごと飲み込んで、「変換ボタンを押す」ようなもの。無意識に近い力で言葉が変換される。この機能がわたしに備わりだしたのは、そう昔のことではない。ここ5年くらいか。そしてその機能は、原始的なものからだんだんましになっているようだ。

 どうましになるのか。英語のセンテンス理解力は、疲労しているかしていないかで出来が違うだけで、ここ5年はそんなに変わっていない。だが、変換機能がアップグレイドされてきたのである。ぶちぶち切れた英語から、そのぶち切れ具合が、少しだけまともになりつつあるようだ。いつかこの分でいけば、流暢な英語に変換されて、このわたしの口がそれらを吐き出すようになるかもしれない、と希望が見えて来た。

 それにしても、通訳は頭のエネルギー消費量の多い機能を使っているんだろうか。すごく疲れる。休み時間をもらうにしても、うまく切り換えないと、ちょっとやそっとでもとに戻らない。切り替えの練習は、仕事を積むことで出来るのかも知れない。

 こうして疲れた頭で帰宅して、どうしても今月のブッククラブの本、
Corduroy (Puffin Storytime)Corduroy (Puffin Storytime)』やLemons Are Not RedLemons Are Not Red』の解説に取りかかれない。どちらも、少なからず読んだ本だから、あとちょっと頭が回復すれば書けるかな。
続きを読む

パウエルズでインタビュー

 ポートランドの今日の気温は、摂氏6度と出ていたが、もう少し暖かく感じる。風がないせいか。草花のようすをみると、少なくとも東京より春が「ふた足」くらい早い。

Aera English』のためのインタビューの日だ。2:20にパウエルズで社長のマイケルさんと今日の写真を撮ってもらうシェーンさんに会う。シェーンさんは一目で、仕事が一緒にしやすい人だと分かった。やはりマイケルさんに紹介してもらってよかった。

 テキパキと自分でマイケルさんや、お客さんと話をつけて、写真を撮り始めてくれる。そして、第一印象がとてもfirendlyで誠実そうなので、シェーンさんが写真を撮らせてくれと声をかけても、誰も嫌と言わないのだ。すぐに足を止めてくれて、「もう一度そこを歩いてくれる?」と頼んだりしても、にこにこ通り直してくれる。「ポートランドの人はフレンドリーだから」と、シェーンさんはこともなげに言う。子どもも親も、まったく問題なく写真を撮らせてくれた。『Aera English』の昨年の10月号、マイケルさんの写真付きの記事を見せると、「Wow, great!」と言って、即座に協力的になるのは驚き。

 店内にあるCoffee shopでおやつを食べていた親子に、ガラス越しに撮影の許可を求めた。『Aera English』の表紙とマイケルさんのページを見せたら、東洋人のお父さんがすごくうれしそうに、何やら紙に字を書き出した(わたしたちは外にいるので、会話ができない)。
「朝日新聞、ずっと読んでいます」
と、縦書きの日本語だった。朝日新聞社に教えてあげなくちゃ。

 インタビューをしていないのに、わざわざ「この本屋はすごいんだ。ぼくにとって夢の国」とか「いつも思ってもいなかった本と出会える、発見のあるところ」「ワシントンD.C.に住んでいるけど、こっちに来るたびに必ずここに寄るんだ」とかもう、褒め言葉ばかり聞こえてくる。こんなファンだらけの本屋って、日本にあるかなあ。

 インタビューした13歳の女の子、『Warriors』シリーズMidnight (Warriors: The New Prophecy #1)Midnight (Warriors: The New Prophecy #1)』の1冊をしっかり持って「これが一番好き」と、他の本のお勧めを尋ねても「『Warriors』のどの巻ってこと?」と、もう『Warriors』一色。15冊ぐらいあるシリーズはもう制覇しているそうだ。やっぱり、面白いのである、このシリーズ。

 今日、お客やスタッフが勧めてくれた本で、わたしが読んでないものもあった。わたしもまだまだだなあ……。
 仕事がほぼ終わったので帰ろうとしたら、シェーンさんは「あの、ぼくはここで買い物して行くから。実はぼくもここのファン。来たら、何か買わずには帰れない。じゃ!」と店内に消えて行った。
続きを読む

今度はお湯が出ない!

 3月1日土曜日、ポートランドに戻って来た。昨日までの東京よりちょっとだけ暖かい感じ。また雨が降ったりやんだり。
 1月に戻ったときは、暖房が壊れていた。今日は、お湯が出ない!シャワーに入れない。Heater tankを替えてもらったばかりなのに……。土曜日の夜だが、修理人を呼ぶ。
 45分後に来てくれたのは、暖房のときと同じお兄さん。新しいのを入れてくれたのもこの人だが、悪びれないというのか、悪びれる必要がないからか「ちゃんと入れたのに変だね」。何だか分からないが、いじって45分待ったら、熱いお湯が出始めた。

 ああ、これで湯船につかって『His Dark Material』シリーズのbook 3、The Amber Spyglass (His Dark Materials, Book 3)The Amber Spyglass (His Dark Materials, Book 3)
を読もう。

 そうそう明日の午後は『Aera English』の「Powell's探訪」の取材。初めて訪れる人の目で、今日下見をしてきて再認識した。きめが細かい書店だ。つくづく思った。

 児童書であっても、関連ある場合はいろんなセクションに並んでいる。いくつかあるレジに、今日は列が出来ていたが、並んでいるときの目線の先にStaff Recommendationsを立てかけた什器があり、そこにも児童書が混在していたり。普通だったらジャンルが違うので離れたセクションになり、気がつかない本も、ちょっとした機転で関連させる。だから、お客には思いがけない発見があって、それが楽しみなのだ。飽きることがない。
 ファンタジーのセクションの天井からは、手作りらしいが素人離れした出来の張り子のドラゴンがぶら下がっているのも、今日発見した。

 店のレイアウトにも工夫がある。とても人間的というかorganicと言うか、関連のさせかたが人間の発想にあっている。子どもの本を見ながら棚をクルーズしていくうちに、親学や育児書、そして教育の本、教師用の本に続く。反対隣にはペットや、野外観察、ゲーム本のセクションが伸びる。子どもが興味を持ちそうなセクションだろう。

 明日はお客さんたちだけでなく、こんな本への愛のあるパウエルズのスタッフたちにインタビューする。お客さんでごった返す日曜日なのでちょっと邪魔になってしまうのが心配だが、おおらかなポートランド人に甘えよう。社長のパウエルさんまで、日曜なのに来て頂く。

 これらの記事は、『Aera English』6月号をお楽しみに。
続きを読む