FC2ブログ

英語絵本・児童書・教材専門店キッズブックスのblog

絵本・児童書・教材・リードアラウドのよもやま話。 イベント、ブックフェア、バーゲンなどの情報。 KIDS' BOOKS by Paperweight Books is a real/website bookstore for English Language children's books.

『Fluent Reader 』を使っての勉強会

 「Fluent Reader
The Fluent Reader:Oral Reading Strategies for Building Word Recognition, Fluency, and Comprehension
The Fluent Reader:Oral Reading Strategies for Building Word Recognition, Fluency, and Comprehension
という本を使って英語教授法をいっしょに勉強しませんか」と呼びかけたところ、もう2人も手を挙げて下さった。もうこれだけでも十分。日時を決めた(変更の余地はあり)。

3月22日土曜日、1:30-3:30
世田谷区用賀のわたしの仕事部屋で。

日本で生徒を教えている先生方とともに、アメリカの教育者が説くoral readingの大切さと、それを軸にした教授法を理解して、実践に役立てたい。英語の実力がある子どもたちを、もっともっと日本から出したいと思う。

国内線の飛行機に乗っても、まだ英語のアナウンスは変だし、ポスターなどめちゃくちゃな英語が溢れているし……。そして、英語で堂々と世界に発信する日本人は少ないし。それには、個人の努力ももちろんだが、教育をちゃんとしなければならないだろう。どう教育したらいいのか、まずは土台のしっかりした意見を持てるよう、文献にあたってみたい。
続きを読む
スポンサーサイト

クレヨンハウスのリードアラウド2008年第1回

 新年第1回目のクレヨンハウス(03-3406-6492)Let's Read Aloudが、1月27日にあった。ありがたいことに、常連の顔が増えてきた。非力の自分が人前に立てることだけでもありがたいのに、何度も来て下さるということの幸せをかみしめる。

 もちろん、英語の絵本の魅力で人が集まったのだ。それだけ英語絵本の楽しみ方を知りたい方々がいると言うことである。その日の英語の本の印象付けをするのがわたしということで、いつも責任を感じる。どうか、本とのいい出会いのひとつなっていますように。

 この日は、
Soon, Baboon, Soon
Soon, Baboon, Soon
打楽器が好きで、兄弟3人ともにドラムセットを持って小さいときから練習していたという作家による、ヒヒ(baboon)といろいろな霊長類を子どもに見立てたある演奏会のドラマ。
まさにリードアラウドにぴったりの本だ。

1)イラストだけでもだいたいの意味がたどれる
(1ページに文字が3行以内)
2)音の楽しさがある
3)イラストが魅力的

などが、その「ぴったり」の理由。また、特に本書は打楽器も主人公のようなものだ。作者のリズミカルな文のおかげで、打楽器のリズムが文字や色そしてサルたちの表情でたどれる。強弱、緩急などつけやすく、とても使いやすい本だった。
そんなことで、キッズブックスのブッククラブ の来月配本にも入れた。

さあ、2月8日の7:30からはクレヨンハウスにて、
Love Is...
Love Is...
で大人たちとリードアラウドだ。実は、もう1冊、80年代にNYCの地下鉄構内のアートでその才能を認められたキース・ヘリングの本
Love
Love
にしようかと思った。でもその本はもう版元切れで、キッズブックスにも数冊しかないので、あきらめた。古本市場では高くなりつつある本のようだった。

さあ、この初の試み、興味を持っていただけるだろうか。
続きを読む

英語教授法の勉強会:一緒にFluent Readerという研究書を読み解いてみませんか?

ずっと考えていることだが、英語の教授法として絵本から読み物までを体系的に使ったものが確立できないだろうか。今までわたしがやってきた「リードアラウド」も組み込んでの教授法だ。

その参考になりそうな本を見つけた。
The Fluent Reader:Oral Reading Strategies for Building Word Recognition, Fluency, and Comprehension
The Fluent Reader:Oral Reading Strategies for Building Word Recognition, Fluency, and Comprehension
この本を「輪読」のような形式で読みながら討論したりできたらいいなと思う。

ひとりで読んでいると、なんだか堂々巡りしたり、しっかり読めていなかったり、読むのが遅かったり……。
興味のあるひとたちと、たとえば月に1度、わたしの部屋にでも集まって2時間くらい勉強会を開けないだろうか。実践への道をいっしょに考えられないだろうか。

興味を持って下さる方(たぶん英語を教えていらっしゃる先生方か)が、たとえば2人でも集まったらすぐにでも始めたい。興味を持たれた方は、キッズブックスまでメールでお知らせいただけると嬉しい。
勉強会なのでわたしも1メンバーに過ぎない。場所を提供する(お茶くらいのサービス付き!)だけ。無料。本だけもキッズブックスでお買いいただければ、なお嬉しいが(予約)。

ちなみに上記の本のContentはこんな;
1.Overview of Oral Reading
A Brief History and Rationale
2.Read Aloud
Modelong Reading and Motivationg Readers
3. Supported Reading
Providing a Scaffold for Your Developing and Struggling Readers
4. Repeated Reading
Implementing a Powerful Tool for Practicing Reading
5.Performance Reading
Turning Research on Repeated Reading into Engaging and Effective Instruction
6. Creating Synery
Lessons That Intefrate Oral Reading Activities
7. Oral Reading In and Across the Curriculum
Making Reading Fluency an Everyday Classroom Experience
8.Assessing Word Recognition and Fluency Through Oral Reading
Effective Ways to Check Students' Progress

今週末もまたひとりで、ぼちぼち読むとしよう。
続きを読む

ブッククラブ---2月の配本予定

2008年2月の配本予定

既にお持ちのものがございましたら、至急ご連絡下さい。別の本と差替えいたします。
※配本商品は、予告無く変更する場合がございます。ご了承ください。


【2月の配本予定】
 
 [レベル1]
  『Soon Baboon Soon』(ハード絵本/音声解説有り)
  『Hi! Fly Guy』(ペーパー/絵本)

 [レベル2]
  『You're Not My Real Mother!』(ハード絵本/音声解説有り)
  『Franklin's Blanket』(ペーパー/絵本)

 [レベル3]
  『Disney's Five Minute Adventure Stories』(ハード/絵本)
  『Ghosthunters #01: Ghosthunters and the Incredibly Revolting Ghost!』(ペーパー/読み物)
  『Extreme Nature』(ハード/読み物)  

 [レベル4]
  『More Adventures of the Great Brain』(ハード/読み物)
  『Hardy Boys #7Secret of the Caves-Promo』(ハード/読み物)
  『Coraline』(ペーパー/読み物)
  
*2月の配本は、18日を予定しております。


キッズブックスのブッククラブは1ヶ月だけ配本の「おためし入会」も可能です。

キッズブックス・ブッククラブ レベル1 (BCおためし)
キッズブックス・ブッククラブ レベル1 (BCおためし)


キッズブックス・ブッククラブ レベル2 (BCおためし)
キッズブックス・ブッククラブ レベル2 (BCおためし)


キッズブックス・ブッククラブ レベル3 (BCおためし)
キッズブックス・ブッククラブ レベル3 (BCおためし)


キッズブックス・ブッククラブ レベル4 (BCおためし)
キッズブックス・ブッククラブ レベル4 (BCおためし)
続きを読む

ポートランドでのこの冬の収穫:その1

 もうポートランドから帰国したが、まだスーツケースが玄関に置いたままだ。本がぎっしり入っていて整理しきれていない。

 それらの本の中には、パウエルズのRare Books' Roomで、掘り出し物が3冊あり、それはわたしのプライベート・コレクションになった。そのうち2冊は、今月のアエラEnglishの「BOOK」コラムでも紹介した伝記
The Secret Life Of The Lonely Doll: The Search For Dare Wright
The Secret Life Of The Lonely Doll: The Search For Dare Wright
になった絵本作家、Dare Wrightの作品だ。

現在、手に入れやすいのは、
The Lonely Doll
The Lonely Doll
と、もう1冊、
Edith and Mr. Bear: A Lonely Doll Story
Edith and Mr. Bear: A Lonely Doll Story
だが、わたしが見つけたのは稀覯本、
『The Doll and the Kitten』と、白黒写真に手で色をつけた『The Lonely Doll』の限定版だ。

『The Doll and the Kitten』のほうは、本物の子ネコと少女の人形のサイズとポーズにまったく違和感がなく、まるで本物の人間の少女とのショット集のようだ。そしてそのショットも、忍耐強く待ちに待ったショットなのだろう……。説明しても、手に入りにくい本なので自慢話になるのでここまで。

 物ではないが最大の収穫は、読書家でも知られるパウエルズ書店の社長、マイケル・パウエルさんからの言葉。
「あなたのおかげで、すっかり遠ざかっていた児童書の素晴らしさを再発見しました。どうもありがとう。今のわたしに、児童書の夢の世界がまた必要なのがわかったよ」
半分は、お世辞かもしれないが、そう言って下さった。そのすぐあと、わたしが持っていた
The Invention of Hugo Cabret
The Invention of Hugo Cabret
を、めざとく見つけすぐさまその場で読み始めてしまった。もう止まらない。会話は止まったが、こちらも声をかけられないほど、本に吸い込まれていた。さあ、わたしももうすぐこれを読む。
続きを読む

寒いときにはHugの本だ!

 愛を祝う?シーズン、2月が近付くと書店では「hug」の文字が大きく見えてくる。
Hug
Hug
この本はまさにHugの本で、言葉もそれしか出ない。世界のどこの赤ちゃんにも分かりやすい絵本だ。
これはサルのhug。

 英語で「bear hug」という表現がある。クマがガオーと立ち上がって、おおきな手(前脚?)を広げてなにかに巻き付く姿をいうことから転じて、人がそういうhugをするときも「give me a bear hug」と言ったりする。

 寂しいお人形のエディスが、待ち続けていたお友達が、the Bearとthe Little Bearだった。実写によるクラッシクな絵本
The Lonely Doll
The Lonely Doll
で、クマたちが象徴する「運命の人」が、大人の心(多分女心)を高鳴らせる。これも愛の本だ。使われている少女の人形も美しいが、teddy bearたちも、くちゃくちゃの毛で愛らしい。

How About a Hug?
How About a Hug?
は、ブタがカエルをhugしている。これは、自分なりに頑張った子をhugで賞賛するという愛の本。わたしがリードアラウドでよく使う本だ。
 
 そうそう来月2月8日は、クレヨンハウス 
http://www.crayonhouse.co.jp/home/shop.html
で初めて夜(7:30-8:30)に大人を対象にしたリードアラウドをする。使う本は、
Love Is...
Love Is...
強い愛の言葉が聞ける絵本だ。わたしも心して練習しなければ。

 先日成蹊学園国際教育センターで小学3、4年生のリードアラウドのワークショップを開いたが、その時の本
Is That You, Winter?
Is That You, Winter?
も、実は愛の物語でもあった。Old Man Winter というおじさんが主人公だが、実はこの呼び名は冬を擬人化したときの呼び名でもある。くたびれたウェスタン調のおじさんが、冬を連れて来る。今年も出番だよ!という本。でもこのおじさんにも愛が必要なのだ。だれのためにオレは、こうして毎年働いてんだ?と、ちょっと男の悲しみみたいなものが暗喩としてあるのである。そこに、このおじさんを愛してやまない女の子が登場し、彼をきつく抱きしめる。ああ、愛されるっていいなあ……と、暖かくなる本なのだ。
続きを読む

Polar Bear, Polar Bear!

 ちょっとしたシロクマ・ブームだ。わたしだけ?
でも、ここポートランドのわが最愛の書店、Powell'sの児童書セクションの平台の特集のひとつが「Winter」で、そこにもシロクマ。またStaff Pickの棚には、ドイツの動物園で2007年から人工飼育されているシロクマの赤ちゃんのことを扱った写真絵本
How One Little Polar Bear Captivated The World (Knut)
How One Little Polar Bear Captivated The World (Knut)
が積んであった。読み物のセクションでは、もちろん『His Dark Materials』(『the Golden Compass』のシリーズ名)が積んであり、その表紙にはライラの忠実なパートナー、鎧を着けた北極グマが描かれている。Chapter Booksカテコリーでは、ロングセラーのシリーズ『Magic Tree House』の
Polar Bears Past Bedtime (Magic Tree House 12, paper)
Polar Bears Past Bedtime (Magic Tree House 12, paper)
もある。

Little Polar Bear』のシリーズも長く人気だったが、しばらく目立たなくなっていた。またその愛らしさが見直されるかもしれない。

 これシロクマ、北極グマはいわゆる「マイブーム」でもある。映画『黄金の羅針盤:ライラの冒険』のIorek Byrnison、魂とも言える鎧を盗まれ、ウィスキーを飲みながら下町の鍛冶屋で働かされている北極グマを見て、「恋」の炎に火がついてしまった……。あのガオーと立ち上がった姿もいいし、大きな手もかわいい。四つ足で氷原を蹴る姿も凛々しい。
The Golden Compass: Reader (Level 3)
The Golden Compass: Reader (Level 3)

 基本的に、わたしはクマ好きなのかもしれない。
The Lonely Doll
The Lonely Doll
に惚れたのも、Lonely Dollの親友が頼もしいクマだったからかも。

 こうなったら、あまりに知られているので一度も紹介したことのないエリック・カール
Polar Bear, Polar Bear, What Do You Hear?
Polar Bear, Polar Bear, What Do You Hear?
も紹介してしまおう。リードアラウドだってやっちゃうかもしれない。
続きを読む

the Golden Compassが欲しい

 頭のなかで「Golden Compass」がまわっている。かなりこのPhilip Pullman
のファンタジー小説
The Golden Compass (His Dark Materials, Book 1)
The Golden Compass (His Dark Materials, Book 1)』(ライラの冒険1 黄金の羅針盤)
作者:Philip Pullman

と、映画に頭をやられたらしい。
小説は3部作なうえ、アダムとイブで有名な『創世記』や、歴史の教科書で学んだだけになっている、17世紀イギリスの詩人ミルトンの『失楽園』(渡辺淳一ではないのでご注意)を下敷きにした部分もあって、一筋縄ではいかない。

 簡単に、映画や原作の予習?するには、小学生低学年用に書かれたこんな読本もいい。
The Golden Compass: Reader (Level 3)
The Golden Compass: Reader (Level 3)
作者:Kay Woodward


 もう少ししっかり考えて、『The Golden Compass』のおすすめの弁をまとまたい。
 それはともかくも、易からアイディアを得たという「Golden Compass, Alethiometer(真理計)」があったらいいだろうなあ……。占いではなく、真理を教えてくれるのだから。
続きを読む

2008年コルデコット賞

 1月15日、今朝ALA(全米図書館協会)が、今年のコルデコット賞とニューベリー賞を発表した。ニューベリーについてはまたの機会に述べるが、今日はコルデコット賞について。

 ほーら、言ったじゃない。Selznickは今アメリカを代表する絵本作家のひとりだって。と、「先見の明」を自慢したくなる。なぜなら、さんざん機会あるごとに褒めて来たから。あまりにいいので翻訳までした。貧しく恵まれない境遇に生まれた兄弟の兄弟愛を描いた、詩情あふれる短編小説のイラストがこれ。
The Dulcimer Boy
The Dulcimer Boy』(ダルシマーを弾く少年)
作者:Tor Seidler  イラスト:Brian Selznick

そして、今回の受賞の伏線のような作品で、やはりコルデコット、こちらはオナー賞(銀メダル)受賞作。地道で執拗ともいえる情熱で恐竜実物大模型を作り、19世紀末のロンドン万博で披露したホーキンズ博士の伝記絵本。
The Dinosaurs of Waterhouse Hawkins: An Illuminating History of Mr. Waterhouse Hawkins, Artist and Lecturer
The Dinosaurs of Waterhouse Hawkins: An Illuminating History of Mr. Waterhouse Hawkins, Artist and Lecturer』(ウォーターハウス・ホーキンズの恐竜)
作者:Barbara Kerley  イラスト:Brian Selznick

 もう一作、これはイラストだが、アメリカのアフリカ系で初めてオペラ歌手になったマリア・アンダーソンの伝記絵本。
When Marian Sang: The True Recital of Marian Anderson
When Marian Sang: The True Recital of Marian Anderson』(マリアン・アンダーソンの伝記物語)
作者:Pam Munoz Ryan  イラスト:Brian Selznick
 えんぴつのデッサンもいいけれど、べったりめの色付きもちょっとルソーっぽくて、素朴さがいい。デフォルメして、ちょっと「小人」っぽいのがかわいらしいときと、ちょっと「不具」感があって日本人には「かわいい」と思えないときがあるようだが、わたしにはOK。細密なところ、厚塗りなところ、デフォルメがぎこちない(意図していると思う)ところが、アーティストの朴訥さや誠実さのようで、好感を持っていた。

 そうそう、受賞作は、
The Invention of Hugo Cabret
The Invention of Hugo Cabret』(ユゴーの不思議な発明)
作者:Brian Selznick  イラスト:Brian Selznick
で絵本と読み物の中間に位置させようという実験的なフォーマットの、500ページにも及ぶグラフィック・ノベル。絵だけ、または文字だけでは物語がたどれない。両方で初めて成り立っている。現在、人気が一気に過熱して品切れ。入荷したら、もう少し詳しく書きたい。

 もう1つ「先見の明」自慢はオナー賞(銀メダル)の
The Wall: Growing Up Behind the Iron Curtain
The Wall: Growing Up Behind the Iron Curtain
作者:Peter Sis
Peter Sisの自伝絵本。共産主義だったチェコに生まれて、その窮屈な時代を細かなペン画で著したものだ。手書きによる文章にも、かなりの情報が盛り込まれている。作家の半生と平行して、年少者は絵だけ見て、そして東欧の歴史に疎かった大人は詳細を読んで、20世紀の欧州の歴史の一端を知ることができる。洗練されたイラストでありながら愛らしいのは、いつもどおり。本作では、さらに格別のエネルギーを感じる。
続きを読む

新学期!マジック・スクールバスに乗りたい

 こちらポートランドも新学期が始まったばかり。わたしのアパートは、Portland State Universityまで1ブロック、またミッション系私立女子高校の真ん前で、昼時に外へ出ると学生たちでごったがえしていた。新学期のせいだろう。

 この州立大学は発展中で、新講義棟建設の真っ最中。そしてポートランドの誇る公共交通、路面電車の新線も工事中。その他にも高層マンションの建設中のものもいくつかある。街は賑わいでいる。

 いつものヴェトナムそば屋で、フォーを食べる。こちらも大繁盛で、12時半をまわっていたのに待たされた。黄色と黒のスクールバスが3台通りがかった。小学生がちまちまと乗っていて、子どもらしくガラスにべったり、鼻がペチャンコになるくらい顔をくっつけてこちらを見ていた。

 このアメリカのスクールバスが、なかなか絵になる。どういうことで何十年も、どこの州でも、同じデザインなのかは知らない。だが、スクールバスといったら、もうコレ。年齢を問わず、通学または学童時代のシンボルになっている。

 『Magic School Bus』
The Magic School Bus in the Time of the Dinosaur
The Magic School Bus in the Time of the Dinosaur』(マジックスクールバス 恐竜時代への旅)
作者:Joanna Cole  イラスト:Bruce Degen

という長寿の小学生低学年用の絵本シリーズがある。Ms.Flizzleが理科の先生で、不思議なスクールバスを運転して科学の「遠足」に生徒たちを連れて行ってくれる。あるときはタイムマシーンに、またあるときは宇宙に飛び出すロケットになり、ミクロの世界に入れる大きさに縮みさえする。

 スクールバスというだけで、アメリカ人全世代の郷愁を呼ぶことも人気が長持ちしている理由のひとつだろう。思い出を共有している感覚か。

 戦前そしてベビーブーマーたちを経て長く、多くのアメリカの小学校で使われた読本、Dick & Jane シリーズ
The World of Dick and Jane and Friends
The World of Dick and Jane and Friends』(デック&ジェーン)
作者:William S. Gray

にも、スクールバスが登場する。バスのモデルチェンジも、子どもたちの持つランチボックスのモデルチェンジも、Dick & Janeの時代からほとんどないのが、日本人には驚きだ。大切に残しているふしもあるが、なぜなのか判然としない。だが、それがまるで老舗ブランドのような伝統の味を出しているようにも思う。

 アメリカ人が、案外古い家に住み続けるのも日本人には驚きのひとつではないか。100年以上経った家に住んでいる人も、この西海岸でさえ珍しくない。(東京は、アメリカ軍による空襲で随分焼かれてしまったので、古い家がないのか……)
 
 古くていいものと、困るものがある。わたしのアパートの暖房が壊れた。「もう30年以上前のものですからねえ。まだ動いていましたか」と修理人に妙に感心されてもなあ……。
続きを読む

FC2Ad