FC2ブログ

英語絵本・児童書・教材専門店キッズブックスのblog

絵本・児童書・教材・リードアラウドのよもやま話。 イベント、ブックフェア、バーゲンなどの情報。 KIDS' BOOKS by Paperweight Books is a real/website bookstore for English Language children's books.

黄金の羅針盤(Golden Compass)映画を見ました

 小雨が降る冬のポートランド、外気は摂氏2度。でも今いるアパートの暖房が壊れたままなので、中も外もさほど差がない?まあ、それは冗談。
 こんな夜だが、徒歩で8分ほどのシネコンへ行って『Golden Compass』を見て来た。

 本を読んでいるだけでは気がつかないこと、本が映画にかなわないある1点に気がついた。主人公ライラが住んでいるのは、架空のオックスフォード。パラレルな世界が存在するという設定なので、イギリスの実際にある現在のオックスフォードは、まだこの3部作His Dark Material
The Subtle Knife (His Dark Materials, Book 2)
The Subtle Knife (His Dark Materials, Book 2)』(ライラの冒険2 神秘の短剣)
作者:Philip Pullman

The Amber Spyglass (His Dark Materials, Book 3)
The Amber Spyglass (His Dark Materials, Book 3)』(ライラの冒険3 琥珀の望遠鏡)
作者:Philip Pullman

の第1話The Golden Compass
The Golden Compass (His Dark Materials, Book 1)
The Golden Compass (His Dark Materials, Book 1)』(ライラの冒険1 黄金の羅針盤)
作者:Philip Pullman

では出て来ない。しかし、このオックスフォードにはスコラーと呼ばれるイギリスのエリート集団と、その他の市井の人々が境界を作って住んでいる。実際のイギリスの社会がヒナ型で、その階層の違う人々の英語は発音が違う!

 本を読んでいた時は、すっかり気がつかないでいた。映画はすごい。始まって1分もしないうちに、発音スタイルの違いだけでも登場人物たちを2つのグループに、聞き分けさせる。あっという間にキャラクターにイメージが付く。

 書き言葉でも「平民」は、英文法が間違ったままで通用していたり、使う語彙が簡単だったりするので、何となく「平民」と分かることは分かる。しかし、それに気付くにはだいぶ英語の達人になっていなければならないし、瞬間的に気づくものでもない。

 イギリスの「上流」英語は、発音というか発声法が違って、アメリカ英語に慣れた英語学習者の耳には聞き取りにくい。東京の人が大阪の言葉を聞いても理解ができるように、アメリカ人なら問題なく分かる程度の違いではある。だが、英語が母国語でない人には、聞き取りにくい発音がある。

 もう1点、映画のすごいところは、イメージだ。たとえば、真理計(これが黄金の羅針盤のこと)。これは重要な小道具だが、本を読んでいるとイメージがなかなか定まらない。映画はそれなりのものを、いとも簡単にイメージさせてくれる(読者が抱いていたイメージを壊されることもあるが)。

 さて反対に、映画より本が優れている点もある。400ページほどの本が言葉で綴ったことを、2時間の映画に仕立てたので、映画はどうしても説明不足だ。本は言葉をある程度尽くして説明し、読者は分からないところを読み返せる。本は、このように詳しいうえ、自分のペースで進めるので、しっかり思考する機会を与えてくれる。映画は反射神経に訴え、頭に残すのはイメージがほとんどだろう。

 本作品は映画で見るのも見がいがあるが、もし字幕なしで映画『the Golden Compass』を見ようという英語学習者は、「イギリス上流英語」の聞きのがしを補うためにも本を読んでおくことをすすめたい。
続きを読む

2008年新春ポートランドだより

 今晩はアメリカ、ニューハンプシャー州で民主党の大統領候補を決める選挙だ。クリントン候補かオバマ候補かとアメリカ市民の多くがテレビの前に座っているはずだ。
 わたしは、またここポートランドにいて、アパートの写りの悪いテレビをちらっと見てみた。それよりも前に、民主党候補者によるデベートのようすも予習しておいた。
http://jp.youtube.com/watch?v=RUE1EoyiWpU&feature=related

 候補者のディベイトは本当にいい英語教材だと思う。候補者は投票者に好印象を持ってもらおうと、スピーチの訓練を受けているはずというのもあって、とても分かりやすく話す。内容は、予備知識がないと難しいかもしれないが、たとえば聞き取って書き留められるかどうかなど試すのもいい。早口でなく、きっちりした文章を、棒読みではないちゃんとした抑揚のある話しぶりだから、模範的教材だ。

 内容を別にして、TV写りだけでいうと、クリントンさんのシッカリ者ぶりが、ちょっとだけ鼻につく。「わたしは経験がある。理想だけを言っているのではない。ちゃんとやってきた。実行の仕方を知っている」と言うことを全面に押し出し、新米のオバマさんを振り切ろうとしている。しかし、オバマさんはクリントンさんからの「球」を、誠実に失礼でなく返しつつ、「今は変化が必要な時。変化させるために、政治家が今までやっていないことをすることは不可欠。わたしはチャレンジする」と、何だか気持ちがいいことを言う。その「球拾い」の様子を見ると、優秀さと注意深さと清廉さがにじみ出ている。

 日本の政治家みたいに、失言をすることを軽く考えているのがウソのようだ。または、何度注意されても失言してしまうほど「バカ」なのか。しかしちょっとした失言でも、アメリカでは致命傷になるので、それはもう注意深い。

 大統領選挙は、アメリカではちょっとしたお祭り。エンターテイメントの面を持っている。今日は接戦で、(西海岸8日20:00のニュースによれば)、クリントンさんとオバマさんは39%と36%と接戦。東海岸の人はもうすでに深夜で、開票結果がでるまで夜更かしが増えることだろう。

 Tales of the Wicked Witch
Tales of the Wicked Witch
Tales of the Wicked Witch』(悪賢い魔法使いの話)
作者:Hanna Kraan , Elisabeth Koolschijn(訳)  イラスト:Annemarie Van Haeringen

を読み終わった。だが、今、こんな性悪な魔女と動物たちの、ねじれた友情を読んで楽しんでいるときか!?「政治の季節」のさなかに身を置いて、そんな気もしないでもない。

 アメリカの貧富の差は大きい。日本との比較はいろいろできようが、健康に暮らす権利の面で、健康保険が一部の国民だけのもののアメリカは貧者に、日本よりも厳しい。この健康保険のことが、候補者たちのディべートのテーマの1つで、聞いていておもしろかった。

 選挙は、8日西海岸21時現在開票率91%で、クリントンさんが39%、オバマさんが37%の民主党票を集めている。CNNの予想としては、クリントンさん勝利となった。僅差だ。さあ、面白くなって来た。あと48州!
続きを読む

インターナショナル・スクールで育つ

 年末はシアトルの日系高校生男子たちの青春を描いた
Beacon Hill Boys
Beacon Hill Boys
Beacon Hill Boys』(ビーコンヒル・ボーイズ)
作者:Ken Mochizuki

を読んで、日系のティーン男子たちの心情についていろいろ考えた。そして新年は、東京のインター校(男子校)で育った子たちの成人祝いパーティに出席して、彼らの「文化」について考えることになった。

 都内ホテルの宴会場に集まったのは、10人の新成人とその家族で、総勢32名。スラリと「防風林」のように立った10人の「血」はいろいろで、中国、台湾、韓国、アメリカ、スペイン、そして日本だ。彼らは、多少の入れ替わりがあったが10年以上、つまり彼らの人生の半分以上の長さの付き合いをして来た仲間同士だ。

 全員がバイリンガルかマルチリンガル。この10人の特徴は「インターナショナル」とはいえ、日本語や日本の文化色が強いこと。度合いに差はあるだろうが、「母語」は日本語と思っているようだ。同じ学校でも、英語が母語の子たちのグループと、「離れオオカミ」のようにグループに入らない子と、女の子との交際を重視するグループなどがあるのもおもしろい。

 この 10人の青年たちは、いくつか同質なものを持っている。
ひとつは、その使う日本語が丁寧で優しいこと。どうやら育てた母たちが、彼らの主な「日本語教師」だったからだとわたしは思う。「そんなことしてネーヨ」のような言葉を母たち女は使わないので、彼らにはそういった男言葉が伝わっていない。伝わっていない同士で遊んで来たので、そのままだ。時に「おふとん」とか、思わぬところに女性的な使い方が残っていて、ぎょっとする。

 一方で、彼らの英語は男らしい。英語で話しているときと、日本語のときとでは、雰囲気が違う。そして、この彼らが怒りを表す時は、なぜか必ず英語になる。悪態をつくのも英語だ。それはそんな場合は、英語の方が表現力のある言語なのだからだと思う。「迫力」違うらしい。

 彼らは、この年の男子としては親との会話が多い。親と共有している話題が比較的多く、話す機会が増えるようだ。母たちとも「マザコン」風ではなく、小学生時代がそのまま持ち上がった状態か。一見幼稚に見えるが、大人の男性として女性の話にもつき合ってくれている感じかもしれない。そう言う意味では、大人っぽい。
 また、母たちに優しく、ドアの開け閉めや荷物持ちなど自然にやる癖がついている(たぶん、日本の女子にもてる)。

 体力がある。「不良化」を防止するためもあって、彼らの学校は勉強だけでなくスポーツが非常に盛んで、全員必修だった。なにかしらいつも運動をし、クタクタになるほど体を使う癖がついている。今、ほとんどの彼らは北米の大学へ行っているが、この体力のおかげで、そこでの徹夜が続くようなタフな学生生活に耐えられる。

 まだまだあるが、女子としてうらやましいというか、入って行けない男性の謎enigmaというか、日本育ちのバイリンガル「男の友情」は興味深い。

 彼らが好きな合唱曲のひとつに、加山雄三の「海よ」がある。インター校なのに、学校でアメリカ人男性の合唱の先生がこれを教えたのがおもしろい。高校生だった彼らが他の同級生たち、インド系や欧米系、アフリカ系などと一緒に学校の合唱発表会で、日本語で熱唱した姿を思い出す。感動しながら本格的に歌っている姿に、こちらも感動したものだ。

 海よ俺の海よ 大きなその愛よ
 男の想いをその胸に抱きとめて
 あしたの希望を
 俺たちに くれるのだ
http://www.fukuchan.ac/music/j-folk3/umisonoai.html

新成人たちは、こんな日本語の「海」に漕ぎだしたのだろうか。
続きを読む

2008年新年英語児童書読み始め 『Varjak Paw』

 洋書児童書(英語児童書)の紹介をし始めて初期の頃の「発見」である 
Varjak Paw
Varjak Paw
が、翻訳された。キッズブックスで偕成社の人が「発見」したらしい。いい出会いがあってよかった。タイトルは『バージャック:メソポタミアンブルーの影』だ。挿し絵はオリジナルと違っていて、オリジナルのシャープな絵でない(日本人好みな)のが残念だが、翻訳で多くの日本人に読めるようになったのは喜ばしいことだ。

 「日本人好み」というものがある。わたしはどうも、それからはみ出した好みの持ち主のようで、あまり日本の「かわいい」や「ファンシー」にはピンとこない。またアメリカの特に尖っていない人々の、「cute」でもピンとこないことが多い。しかし、アメリカの面白いところであり強みは、日本より「平均」にバラつきが大きいことだろう。その結果、個性が伸ばしやすい。個性が生かされる。いろいろと趣味の違うファンがついてくれる。

 日本だと「これ、売れませんよ」と出版社のマーケティングのプロが言うと、それはマジョリティーを背負っているつもりの強さがある。普段からの想像にすぎないが、アメリカやその他の欧米の出版社では、おそらくもっとまちまちな「強い」意見が交わされるのではないか。その成果が、あの「味」のばらつき。読者としては選択肢が多い。だからわたしには、探すのが楽しいのだ。

 Varjakの挿し絵に関して言えば、オリジナルは「かっこいい」がちょっと「怖い」のかもしれない。インクとペンによる線が、多少フランス画家のビュッフェ的ともいえて、上下が強調されている感じだ。強く、鋭い。翻訳で読んだ人も、原書を「文字の多い絵本」として楽しんでみて欲しい。英語は短編なうえ難しくなく、挿し絵に助けられて読み易い。

 翻訳は……、そう!金原さんなので、きっといい。わたしも、これから読むつもり。
続きを読む