FC2ブログ

英語絵本・児童書・教材専門店キッズブックスのblog

絵本・児童書・教材・リードアラウドのよもやま話。 イベント、ブックフェア、バーゲンなどの情報。 KIDS' BOOKS by Paperweight Books is a real/website bookstore for English Language children's books.

池間島とリードアラウドの関係

 1年に1回は沖縄の空と海を見ないと、息が詰まるような気がする。2007年12月末、池間島に行った。気温25度、天気晴れ。羽田から那覇へ行き、乗り換えて宮古島に着く。車でサトウキビ畑を抜けて池間島を目指す。制限速度40キロの道がずっと島への橋まで続く。出会ったどの軽自動車も、なぜかきっちり40キロで行く。あとで知ったが、これが宮古島スタイルらしい。

「宮古島でゆっくりな車にクラクションならすと、運転しているおじいが車を止めて出てくるよ」
那覇で、後日にタクシー運転手に言われた。
「えっ?怒鳴られるのですか?」
わたしが聞くと運転手は、嬉しそうな顔でこう言った。
「違うさ。何でそんなにせかせか運転すんのかって、説教されるんさ」

 いくら時速40キロでも、1時間も行けば池間大橋に着く。エメラルド色の海が眼下に広がる。珊瑚礁が、水面下に見えている。ここを渡ると池間島。もうこの島では、海底にもぐるか、グラスボートに乗って海底を覗かずには帰れない。

 「エメラルド色のこの海がきれいだと思っているだろ」グラスボートでわたしたちを案内するおじさんが、よく澄んで通る声で、ゆっくりとわたしたちに言った。
「今からな、ほんとーの、きれーいな海を、見せてやるさ。帰りには、もうエメラルドの海なんて、振り向きもしなくなるさ」
独特な抑揚で、おじさんが続ける。その言葉通り、10分も進むと目の前に深い紺色の筋のような海が見えて来た。
「さあ、どうだ。海の色、違うだろ。黒潮だ。」
「さー今から、黒潮に入るぞ」

もっと、じわじわ色が変わると思いきや、すぱっと海水が紺色に変わった。すごい。紺色の幅広のリボンみたい。
「きれいな海は、匂いもないさー。ほらー、なーにも匂わないだろ」

 無臭の海の風に吹かれながら、同行している我が息子がささやいた。
「絵本を読むみたいな話し方だね、おじさん」
あ、そうだ。それもとびきり上手な人みたい。言い得て妙だ。行間の意味を味合わせるような、間の取り方や、語尾の上げ下げ、ものがたりの先を聞きたくなるメリハリが、絶品だ。ワンセンテンス語ったあとの、聴衆とのアイコンタクト。生き生きして、ちょっといたずらっぽくじらすような、一期一会の聴衆を愛してくれているような眼だ。腹から出しているが、がならない余裕ある声量は、歌のようにこちらを心地よくする。
 おじさんは、わたしの「強敵」?!

さて、まだまだ未熟者の大島英美の1月のリードアラウド:
1月21日14:45-15:45 成蹊国際教育センター
絵本:Is That You, Winter? by Stephen Gammell
Is That You, Winter?
Is That You, Winter?
作者:Stephen Gammell

(対象は成蹊小学校中学年)

1月27日9:45-10:45 クレヨンハウス(03-3406-6492)
絵本:Soon Baboon Soon
Soon, Baboon, Soon
Soon, Baboon, Soon
作者:Dave Horowitz

参加希望の方は、クレヨンハウスで使用する本をご購入下さい。
続きを読む
スポンサーサイト

客室乗務員英語がなまっている

 日本人の英語指導者に「日本人独特のなまりが(多少)ある英語でも、OK」と言ってきたが、それは英語の絵本を教材に使おうという指導者たちのレベルがもともと高いからだった。しかし、英語を使う仕事として人気の高い航空機の客室乗務員の英語が、まだまだ発展途上で低レベルのまま止まっているのに最近気付き、心配になりだした。

 国内線の飛行機に乗る機会が増えてわかったのだ。問題ありなのはA社。もうひとつの、国際線としてやってきた社のほうは気にならない。研修が厳しいのか。だがA社の場合は、ほとんど個人差なくほぼ決まって「なま」っている。悪い方の「均一仕上げ」。

 英語を教える教官が、客室乗務員の卵たちに甘すぎるのか。棒読みなのは大目に見よう。でもその「なまり」は、聞いているこちらの頭の中が「はあ???」と混乱するほどの「なまり」よう。ときには「prohibited」など発音まで間違っている。通じない! 通じないのでは、本当に困る。危険かもしれない。なにが禁止されているかが、通じていないのだから。

 たまたま同社の国際線で昨日NYから帰って来た人が、客室乗務員の英語が分からなかったと話していた。国際線まであの英語が「標準」なのだろうか。

 リードアラウドで小さいときから発音に敏感になれば、こんなことにならないはず、とつい思ってしまった。大人でも、だいぶ意識が変わって矯正できるはずなのだ。彼女たちをどうにかしてあげたくなってしまう。

 大人向けのリードアラウドのワークショップを、クレヨンハウス(03-3406-6492)ですることになった。2月8日7:30-8:30。
 バレンタインの頃なので、教材は愛の本。
Love Is...
Love Is...』(愛とは…)
作者:Wendy Anderson Halperin

 ロマンチックに大人たちで楽しもう。そして、英語の響きを楽しんでみよう。自分の「なまり」を、ちょっとでも直そう。
続きを読む

年末年始 営業のお知らせ

年末年始 営業のお知らせ

キッズブックスをご利用いただき誠にありがとうございます。

キッズブックスは

2007年12月29日~2008年1月3日まで


誠に勝手ながら、お休みさせて頂きます。

12月28日午後5時までのご注文の方で、後払いの場合、
年内に配送手配が可能です。
また、前払いの方は、郵便局、または銀行で渡される
領収書をコピーの上、12月28日午後3時までに、キッズブックスまでFAXをお送り下さいますよう、よろしくお願いいたします。時間が過ぎてからのご連絡ですと、せっかくご連絡いただいても来年の配送手配となる場合がございますので、ご注意下さい。

*ただし、あくまで配送手配であって、年内中にご自宅へ届けることが出来るとは、お約束できません。

FAX:03-3498-5260


28日以降のご注文につきましては、2008年1月4日以降のご連絡となりますので、予めご了承下さい。

今後とも、キッズブックスをよろしくお願いいたします。
続きを読む

Don Freemanがいい

 雨が雪に変わりそうな休日、ぺらぺらと古い絵本をめくる(趣味=仕事なのでありがたい)。
 今更、ちょっと恥ずかしいが、『Corduroy』に惚れ直した。
Corduroy (Puffin Storytime)
Corduroy (Puffin Storytime)』(くまのコールテンくん CD付き)
作者:Don Freeman

『くまのコールテンくん』なんて邦題で書くと、説明的でとたんに子どもっぽくなる。原題は『コーデュロイ』で、『ロリータ』(byウラジミール・ナボコフ)みたい。主人公の名前である。シンプルで想像力を働かせる余地があっていいので、原題で呼びたい。
 
 惚れ直したのは、絵と文両方にである。作者のFreemanは1908年生まれで78年に亡くなった画家。サンディエゴ生まれで、NYで活躍した。20世紀初頭のアメリカは、ヨーロッパ絵画界の影響が色濃かったのだろう。修行中のFreemanのNYスケッチなどは、ロートレック的でもある。筆致に勢いがあって、描かれた人々の生活感が漂う。

 その画家が手がけた絵本である。「ちょちょいのちょい」と仕上げたような余裕が感じられつつ、完成度が高い。『Corduroy』は版画タッチ(本当に版画かもしれない)で、黒のアウトラインが力強いのが印象的だ。当時の印刷は「総天然色」ではなく、4色に分解して色を載せたものだが、それがかえってモダンだ。

 クマの顔つきが、本当に愛らしい。ボタンがひとつ取れたコールテン(コーデュロイ)のつり付きズボンをはいている。そのボタンがとれてしまっている姿が、ひとを惹き付ける。「わたしならそんなあなたを愛せるわ」と、抱きしめたくなる。こりゃ、母性愛かなにかだろうか。「つぼ」を押さえた作者のキャラクター設定がうまいものだ。

 そしてコーデュロイを自分の小遣いで買った少女が呟くセリフが、ほろりとさせる。
  You're going to be my very own bear.
  (あなたは、わたしの大切なクマさんになるのよ)
  I like you the way you are.
  (わたしは、そのままのあなたが好きよ)

 と、こんなわけで、本書は世界のロングセラーなんだ、と納得する。
 アメリカ人の初老の紳士が、書店の店先でたまたま『Corduroy』を見つけて、
「Oh my! My dear Corduroy!」
と言ったのを聞いたことがある。この1968年生まれの本を、娘に読んであげた頃を思い出したのだろう。アメリカの「国民的絵本」の1冊でもあるようだ。

 他の著書:
『A Rainbow of My Own』
A Rainbow of My Own
A Rainbow of My Own』(わたしの虹)
作者:Don Freeman

は、文章量が少なく絵を追って筋が分かるので、『Corduroy』よりも年少者向け。
『Gregory's Shadow』は、『Corduroy』よりも文章が多い。フリーマンの冬の情景と、グレゴリーというハムスター(?)のかわいらしさが、「総天然色」で楽しめる。
Gregory's Shadow
Gregory's Shadow
作者:Don Freeman
続きを読む

今週「やめられない本」:Beacon Hill Boys

 12月配本のブッククラブの本を読み終わり、新たに手にした1冊は
Beacon Hill Boys。今、これがおもしろくてやめられなくなった。
Beacon Hill Boys
Beacon Hill Boys
作者:Ken Mochizuki


 ヤングアダルト向けの小説で、同世代の日系アメリカ人3世の高校生たちの物語。舞台は西海岸ワシントン州シアトルで、時代はまだヴェトナムでアメリカが戦争をしていた1972年である。

 わたしがロスアンジェルスにあるUCLAに留学した頃を思い出さずにはいられない。あれは76年、だからほぼ同時代のようなものだ。現在もそうだが、当時も西海岸には日系人が多く、UCLAに入っても日本人の顔をした学生たちがざらにいたので、さほど自分を「エトランジェ」と思わなかった。だが、なぜか彼らに敬遠されているように感じ、結果として友だちになるのは他のアジア系の学生か白人学生だった。

 その敬遠されているような不思議な感覚は、UCLAのある日系チアリーダーとたまたまキャンプに行くことになって、錯覚でないことが分かった……。そしてそれは、わたし個人に対してではなく、「日本から来た日本人」全体に対しての、日系人としての複雑な感情なのだと思い至った。しかし、なぜなのか、そしてどういう複雑さなのかはよくはわからないままだった。

 本書を読んで、日系人にまつわるわたしの中の謎がわかりだした気がする。解けなかった問題の答が載っている解答集を見つけたみたいに、 今どきどきして読み進んでいる。

 アメリカを多民族からなる大きな家族とすると(大胆な仮定だが)、日系人は「おとなしく」「問題を起こさない」little brothers & sistersにあたるかも知れない。「日系アメリカ人」のステレオタイプとは、
従順、そこそこ優秀、主張しない、家族思い、白人「至上主義」などなど。
こういった「日系人らしさ」は、わたしの少ない経験だが、本当に受けた印象だった。だが、これがステレオタイプであり、3世4世たちに重しのようにのしかかっていたということも、本書で思い知らされた。

 西海岸に生まれた「アメリカ人」である2世たちが、太平洋戦中にアメリカ政府によって「敵性外人」として「キャンプ」に入れられたことは知っていた。が、どう3世たちは親たちから聞いているかは、知らない。本書では、主人公の親たちはちゃんと伝えていなかった。これも「日本人らしさ」らしい。

 ふつふつといろんな疑問や興味が湧いてくる……。先を急ごう。
続きを読む

ブッククラブ---2008年1月の配本予定

2008年1月の配本予定

既にお持ちのものがございましたら、至急ご連絡下さい。別の本と差替えいたします。
※配本商品は、予告無く変更する場合がございます。ご了承ください。


【1月の配本予定】
 
 [レベル1]
  『Fledgling』(ハード絵本/音声解説有り)
  『This Little Egg Went to Market 』(ペーパー/絵本)

 [レベル2]
  『Hush!: A Thai Lullaby 』(ペーパー/絵本)
  『Is Your Mama a Llama』(ペーパー/CD付きの為、音声解説無し)

 [レベル3]
  『Yellow & Pink』(ハード/絵本)
  『Emily the Emerald Fairy(Rainbow Magic)』(ペーパー/読み物)
  『Tales of the Wicked Witch』(ペーパー/読み物)  

 [レベル4]
  『Beacon Hill Boys』(ペーパー/読み物)
  『The Mystery at Lilac Inn (Nancy Drew)』(ハード/読み物)
  『Inventing Elliot』(ペーパー/読み物)
  
*1月の配本は、18日を予定しております。


キッズブックスのブッククラブは1ヶ月だけ配本の「おためし入会」も可能です。

キッズブックス・ブッククラブ レベル1 (BCおためし)
キッズブックス・ブッククラブ レベル1 (BCおためし)


キッズブックス・ブッククラブ レベル2 (BCおためし)
キッズブックス・ブッククラブ レベル2 (BCおためし)


キッズブックス・ブッククラブ レベル3 (BCおためし)
キッズブックス・ブッククラブ レベル3 (BCおためし)


キッズブックス・ブッククラブ レベル4 (BCおためし)
キッズブックス・ブッククラブ レベル4 (BCおためし)
続きを読む

英語と日本の子どもたち

 12月10日はいつもの成蹊学園小学校、13日は静岡県沼津市の加藤学園暁秀小学校で、英語を使う小学生たちと接する機会があった。成蹊はリードアラウドで、そして加藤は恒例のブックフェアと、形は違ったがどちらも英語がキーワードだ。
 
 成蹊は低学年のリードアラウド・ワークショップ。生徒たちプラスそのお母さんたちで、部屋は40人を越える参加者で賑やかだった。リードアラウドの定番的絵本、成蹊では初めてだが
When Shophie Gets Angry, Really Really Angry...
When Sophie Gets Angry- Really, Really Angry... (Caldecott Honor Book)
When Sophie Gets Angry- Really, Really Angry... (Caldecott Honor Book)』(ソフィーがおこったら…)
作者:Molly Bang

を使った。

 この日は元気で生き生きした女子が目立った。「ハリウッド女優になりたい」「国際的バレリーナになりたい」などと、わたしに話しかけてくる。「……だから英語が上手になりたい」のだという。英語で話しかけてくる子もいる。彼らが知っている職業はまだ少ないだろうが、何しろ「国際的」を目指しているらしい。おとなしい男子が心配になって、ワークショップ中は男子の目を見て話すことにも努めた。すると、ちゃんと光っている。ほっとする。女子のような表現の仕方をしないだけダゾ!という気概まで感じることもあった。

 校風として(わたしは卒業生なので知っているのだが)、海外へ行くことに抵抗がなく、ものおじしないところがある。だから、実践力としての英語の必要性を、幼いながら感じ取っているのかも知れない。

 加藤学園の小学校には英語イマージョン教育(英語だけで授業をする教育方法)をしている特別クラスがある。このイマージョン学級の1年生から6年生に、選んだ本を持って行って販売するようになってもう10年ちょっと経つ。教師たちはほとんど海外から招聘したネイティブで、数年ごとに入れ替わっている。本職の先生たちで、みんな真剣で熱心で感心する。こういう先生方を雇うことが大切なことを知っていて、それを実践できる学校なのだと、敬意を持ってみてきた。

 生徒たちは、日本人のアイデンティティを持ちながら、英語を抵抗無く使っているようだ。選んで買う本をみると、その力のほどが想像できる。こうして読書を奨励されて、嬉々として読んでいった結果が、大学進学先やTOEFLの成績として出ているという。学校の「ビジネスモデル」として確立された感がある。

 ここでも、子どもたちが前向きに英語に向き合っている。迎えの時間に親御さんたちも数人いらっしゃったが、ほとんど雰囲気は成蹊と変わらず、知的で教育熱心。ちゃらちゃらせず、子どもの将来を見極めているか、見極めようとしているのか、何しろちゃんとしているのである。

 わたしのMissionは何かと考えることがある。いままで生きて来た道を振り返る年頃だ……。自分が何をし続けて来たかと概観すると、まあ簡単に言えば、英語を上手になろうとしてきた。
 最高峰に到達はしていないが、少なくとも継続して努力してきたことについては、いまや「並」のレベルを越したかもしれない。そこで、どういう努力をしてきたか、少しでも近道があるならそれを、また自分の経験からよりいい方法を整理し、それを伝えること。これかな、わたしのmissionは。
続きを読む

贈り物にはヴィンテージ本が欲しい……

 「身分違い」をものともせず、目の保養にと高級美術骨董品の展示会に行った。そこで目にとまったFoujitaの小品の値段を、恐れ多くも、尋ねてみた。
「2000万円ですが」
……原画だから当たり前か。
 こんな原画はむりでも、本なら複数冊あるから、いくら稀覯本でもこんな値段ではない。Foujitaの絵本
NIght and the Cat
は、手元にあるが、状態がほぼ完全。この図版を切り売りしているところもあって、驚いた。額付きで1枚1万円くらい。でも値段がすごいのではなく、絵がいいのである。描線が芸術だ。猫がとても優雅で、みんな雲の上にいるように至福の表情である。

 ところで、大切な友だちに、大切に思っていることをつたえるプレゼントを考えるシーズンだ。わたしは自分の趣味にあった稀覯本をいただいたりすると、たいへん感激する。特に先のフジタのように、50年代に有名画家たちが出した絵本が嬉しい。たとえばベン・シャーン。国内の稀覯本サイトでは、なかなか見つからない。

Ounce Dice Trive
Ounce Dice Trive』(ワンス、ダイス、トライス:英語言葉遊び

作者:Alastair Reid  イラスト:Ben Shahn


これなどながめるたびに、力強い造形にほれぼれする。同じインクとペンと紙で、人間は実にいろんなものを表現するんだなあ、と感激する。

 でも、こうして紙に印刷された本の未来が、この先あるかな。心配なもんだが、時代の流れでどうにもならない。ただわたしは好きで、何度も見て嬉しいのだから、いいでしょ。
続きを読む

Global Warmingを子どもに教える

 地球温暖化という言葉が、毎日のように新聞紙上を賑わせている。それを小学生中学年以上に分かりやすく説いた本が出た。
Down-to-Earth Guide To Global Warming
Down-to-Earth Guide To Global Warming』(地球温暖化入門)
作者:Laurie David , Cambria Gordon

アメリカは国としては、温暖化抑制が目立った政策として見えていないが、州(カリフォルニアやオレゴン)によっては世界の温暖化抑制の先進的取り組みをしているところもある。そんな現状も本書で知ることができるのがいい。

わたしがアメリカに留学したきっかけを、ふと思い出す。環境保護の先進国であり、70年代にすでに先進州だったカリフォルニアに惚れ込んだからだった。あのとき学んだ「greenhouse effect」や「ozon hole」。中性石けんの害もそうだ。20年かかってやっと多くの人々の意識のなかに入ったんだ……。多摩川にアユが戻ったとも聞いた。

とはいえ、遅いかもしれないとぼんやり考えるときもある。それでも、ひとりから続けられる環境保護活動(歩く、レジ袋は断る、中性石けんを使わない、環境保護の本を薦めるなどなど)を今日もしようと思う。
続きを読む

最近読み直した本:Subtle KnifeとDulcimer BoyにLonely Doll

 アメリカで今月話題の映画はthe Golden Compassの映画版。日本では3月公開というが、原作はHis Dark Materialsという3部作の第1巻the Golden Compassだ。あとちょっとで読み終わるのが、その第2巻the Subtle Knifeだ。

 ライラというヒロインは、近未来のイギリス、オックスフォードに住んでいたのだが、第1巻でいろいろあって、この第2巻では「別の世界」に迷い込んだ。そこでひとりの、これまた何か深いわけがあって彷徨(さまよ)っている少年ウィルと出会う。ふたりは、互いの運命を背負いながら協力し合ううちに、その「世界」を支配している恐ろしい力をもったモノの存在を知る……。

 ハリーポッターは、第1巻であきてしまったが、the Golden Compass
The Golden Compass (His Dark Materials, Book 1)
The Golden Compass (His Dark Materials, Book 1)』(ライラの冒険1 黄金の羅針盤)
作者:Philip Pullman

はSFファンタジーとはいえ、ティーンの抱える悩みや迷い、家族との関係などが書き込まれた深みのあるもので心に触れるところがあった。そこで第2巻
The Subtle Knife (His Dark Materials, Book 2)
The Subtle Knife (His Dark Materials, Book 2)』(ライラの冒険2 神秘の短剣)
作者:Philip Pullman

に進む気になったというわけだ。
先日は「今朝、息子はすべてのハリーポッターを読み終わってしまったが、次なるおすすめは?」とInternational Schoolに息子を通わせる欧米系のご両親に尋ねられた。このシリーズをもちろん推薦した。あいにく第3巻、the Amber Spider Glass
The Amber Spyglass (His Dark Materials, Book 3)
The Amber Spyglass (His Dark Materials, Book 3)』(ライラの冒険3 琥珀の望遠鏡)
作者:Philip Pullman

をその時に持っていなかったので、1,2巻だけ大切そうに持っていかれた。

 いろいろなところに、本の紹介を書く機会が増えたおかげで、過去に読んでよかった本も読み直すことがある。最近では
the Dulcimer Boy
The Dulcimer Boy
The Dulcimer Boy』(ダルシマーを弾く少年)
作者:Tor Seidler  イラスト:Brian Selznick


本の装丁が実にきれいなところを、また惚れ直した。これこそハードで愛蔵したい本だろう。自分が訳者でなんだが、日本で出版された翻訳版は、きれいはきれいだが、ぜんぜん原書と違う。原書はちゃんと本がダルシマーみたいになっているのだ。セルツニックはやはりすごい。

絵本作家の伝記the Secret Life of the Lonely Dollである。
The Secret Life Of The Lonely Doll:The Search For Dare Wright
The Secret Life Of The Lonely Doll:The Search For Dare Wright 』(寂しい人形:絵本作家デア・ライトの生涯)
作者:Jean Nathan

伝記自体は大人向けで、ボリュームがあるが読みやすい文体だ。美しいがなぜか寂しそうで、「体温が低そう」な作家である。どうしてなのか、どういう人だったのか読みたくなって、読み出したら止まらなくなったい本だ。
彼女の絵本作品は復刊されていて、
The Lonely Doll
The Lonely Doll』(ロンリードール)
作者:Dare Wright

作者手作りの、作者生き写しの人形の実写絵本。これまた不思議な空気が漂う絵本だ。
続きを読む

FC2Ad