FC2ブログ

英語絵本・児童書・教材専門店キッズブックスのblog

絵本・児童書・教材・リードアラウドのよもやま話。 イベント、ブックフェア、バーゲンなどの情報。 KIDS' BOOKS by Paperweight Books is a real/website bookstore for English Language children's books.

今週はCaptain Underpantsで大笑い!

 今月のブッククラブ
キッズブックス・ブッククラブ レベル3 (BCおためし)
キッズブックス・ブッククラブ レベル3 (BCおためし)

で配本予定のCaptain Underpantsでひとしきり笑った。今まで、ちょっとわざわざ読む気にならなかった本だったが、今回仕事として初めてまともに読んでみた。そしたら、かなり笑えたのである。
今回読んだのは、

Captain Underpants and the Preposterous Plight of the Purple Potty People
Captain Underpants and the Preposterous Plight of the Purple Potty People
作者:Dav Pilkey


もう6巻くらい出版されていて、これはその6番目のものだと思う。ゲームブックなどもでているので、巻をどう数えるかがはっきりしないが、本巻は2006年に出た。

スーパーヒーローがブリーフ姿で見るからに馬鹿らしいのだが、小学生中学年程度の男子の頭の中がよく表現されている。作者は、自身が小2のときに書き始めたマンガをもとにしているとのことだが、大人が大人になっておもいついたものにはない新鮮さがあって、そこが人気の秘密だと思う。もちろん大人の作家の作品なので、ちゃんと知的抑制も、教育的観点もみられるので、教育者や親も心配はいらないだろう。

 小学生好みの「下ネタ」がてんこ盛りで、「女子」としては男子の幼稚さにちょっと引くところがあるが、「異文化」として懐かしくもあり、ほほえましかった。
続きを読む

リードアラウド指導者ワークショップ最終回!

 6回完結の指導者のためのリードアラウド・ワークショップが12月1日で終わった。

 集まって下さる方がいらっしゃるという幸せを噛みしめる。そしてその方々の、絵本の読み方が音読と読解を含めて、参加以前より深く、ドラマティックになったと思う。もともと力がある方々たちが集まっているわけで、わたしの話は料理でいえば「ショウガ」とか「コショウ」の類いにすぎない。が、何かしらピリッとなったと、思う。そして「英語絵本を子どもたちと楽しもう」と、さらに意欲を増したのではないだろうか。
 
 特に、「印象的な読み方」での手応えを感じた。「ツボ」を意識して読むだけで、抜群に読みが印象的になるのを目の当たりにした。今後も心がけて行って欲しい。

 6回のワークショップを終え、新春からの予定を立てている。早くとも開講は3月にはなってしまうが、これまでの参加者の意見などを取り入れた、指導者たちに参加しやすく役に立つコースを作りたい。
続きを読む