FC2ブログ

英語絵本・児童書・教材専門店キッズブックスのblog

絵本・児童書・教材・リードアラウドのよもやま話。 イベント、ブックフェア、バーゲンなどの情報。 KIDS' BOOKS by Paperweight Books is a real/website bookstore for English Language children's books.

リードアラウドって、ポエトリーリーディング?

 近頃立て続けにニューヨークの「ストリート系」アーティストの絵本の解説を書いた。ひとりはJean-Michel Basquiat(バスキア)、もうひとりはKeith Haring(キース・ヘリング)。バスキアは1960年生まれ、28歳で薬物使用で死亡。ヘリングは1958年生まれ、32歳でエイズで死亡。

 バスキアのイラストをマヤ・アンジェロウの詩に合わせた絵本は、
Life Doesn't Frighten Me

 ヘリングのは自身の詩とイラストの絵本で、
『Love』

どちらも、まあ簡単に言えば「感動した」。ふたりの活躍したNYの街を、「落書き」中心に歩いて見ると、街の違った側面が浮き彫りにされてくるのを、昨年の夏に経験した。「オレはここに生きてるんだぞ」と、姿はないのにだれかの息吹を感じる。ピンからキリまで並んでいたが、当時その中でおそらくピカイチだったんだろう、バスキアとヘリングは。同時代に生きていたのに、その頃のNYを知らずに残念だ。でも片鱗をこれら絵本で楽しめた。

 リードアラウドの「教材」にすることもあって、『Life Doesn't Frighten Me』を読み込んでみた。……むむむ。これは、音読しなくてはならない本である、ということがよく分かった。アンジェロウの詩のようなたたみかけるスタイルは、黒人教会の説教にも、ブルースにも、黒人たちの歌にもある。黙読していると、ただ歌の歌詞を読んでいるだけのようだ。音があるのに、棒読みしているみたい。音読、Let's Read Aloud!

 今朝は『Love』を読んだ。ロマンティックだ。ヘリングは、痛々しいほどロマンティックな心の持ち主なのかと思った。ところどころ使われている過去形が、微妙に心に刺さる。「なんか過去につらいこと、あったんか?」と作者の肩をたたきたくなる。これまた、どこかでリードアラウドしたいが、絶版らしい。うふふ、キッズブックスには確保した分があって、12月のブッククラブで配本予定。もし残れば、ご希望のみなさんにお分けします(12月下旬に販売を始めます)。ちなみに某巨大ネット書店では、3000円?稀覯本のような値段がついていた……。

 この2冊、堪能したので、read aloudをと推奨してはみたが、それはpoetry readingを勧めているのと同じ意味なんだろうな、と遅まきながら今朝、気がついた。絵本のテキストがたまたま詩の場合、絵本のリードアラウドはポエトリーリーディングだったのである。

Life Doesn't Frighten Me
Life Doesn't Frighten Me
作者:Jean-Michel Basquat, Maya Angelou


キッズブックス・ブッククラブ レベル3 (BCおためし)
キッズブックス・ブッククラブ レベル3 (BCおためし)
続きを読む
スポンサーサイト

アエラ・イングリッシュのBOOKコラム担当です 『ttyl』

 雑誌は早くも新年号が出回っている。アエラ・イングリッシュ1月号が今、発売中だが、この号からレギュラーになった。毎月1冊、英語の本をBOOKというコラムでご紹介させていただく。
 今月は、ttyl
 もうすでに、評判は良いらしく、大型ネット書店では売れているらしい。「出来れば、キッズブックスで買ってね」と言いたいところだが、大きいところには勝てないのである。キッズのほうが安くて、在庫があるのですぐ手に入るのになあ。
 本書はアメリカの女子高校生の物語。内容もさることながら、チャットで多用される英語の短縮言葉だけでも楽しい本だ。
 ttfn は続編だが、実はこちらのほうが深化していて、さらにいい。
 
 ご紹介の本はともかくも、日本人は本当にまじめだ。アエラを読んで、英語力を磨こうとしている人たちが、何万人もいるんだから。と言うわたしも、何を隠そう。ずっとまじめな英語学習者だったから、今の仕事があるわけのだ。自他ともに認める勤勉さで、中学生のときから中年の今までずっと英語の勉強と日本語の勉強をさぼったことはない!

 地道な努力が英語力獲得の王道だろう。そして、いつも言っていることだが、本!本をたくさん読んで、体の中の「英語密度」を高めるのだ。また、単語は文脈で捉えないと、覚えるのは難しい。そのためにも、英語を聞くことと、読むことはなるだけ多くするといい。「英語密度」を密にする努力をすることだ。

 わたしは面白い本を見つけてくる、とよく言われる。選書がいい、とおだてられて「選書や」みたいな仕事をするようになった。であるからして、わたしの(キッズブックスの)ブッククラブの選書はなかなかユニーク、のはず。春からはリニューアルするので、その選書で今、頭が忙しい。さらに多くの人に、英語の読書を楽しんでもらえるよう、興味を持ちやすいものを選んで行こうと思っている。会員が増えるといいなあ。

ttyl (Talk to You Later)
ttyl (Talk to You Later)』(またあとで!)
作者:Lauren Myracle


ttfn (Internet Girls)
ttfn (Internet Girls)』(インターネット・ガールズ)
作者:Lauren Myracle


キッズブックス・ブッククラブ レベル3 (BCおためし・『AERA English』紹介本入)
キッズブックス・ブッククラブ レベル3 (BCおためし・『AERA English』紹介本入)
続きを読む

盛況だったクレヨンハウスでのリードアラウド

 11月23日は、北風が吹く寒い朝だったが、クレヨンハウスには30人?(主催者側発表では40人)が集まって、和気あいあいと英語絵本のリードアラウドをわたしと一緒にした。わたしは、いつものように汗を一杯かいてのフル回転。終了後、やったー!という爽快な気持ちがした。

 あの「おっかけ少年」、この日もいたいた!会の始まる前には英語でいろいろ話しかけてきた。かなり「ネイティブ度」が高い。もうひとり、よく見かける少年、5歳くらいだろうか。彼も真ん前にすわって、よく口まねをしてくれた。それから、真ん中の最前席にはもうひとり少女がいて、この少女がまたまた素晴らしい。感情の表現が抜群なのだ。噛み締めるように、一語一語発音し、わたしが強調したとおりに再現する。たぶん、となりにいらしたのがお父さんだと思うが、少女はまるでひとりで出席していると思えるくらい自立している。6歳くらい?今後が楽しみなひとりだ。

 後ろの席や、横の席もかなりの「役者」ぞろいで、楽しくなる。ご婦人たちの「はじけ」っぷりがいい。だが、大人へのわたしの「つっこみ」の、度が過ぎてしまいそうになるのを、いつも注意している。つかず離れずの調節が、なかなか難しいところ。発音チェックも、あまりやり直しをして頂いては、もしかしたら「恥」と感じられるかもしれない。適当に切り上げるようにしている。
このへんの度合いの測り方は、指導者にとって「芸」の領域に近いだろう。さらに芸を磨かなければならない。

 使った絵本、Merry Christmas Very Hungry Bearは、やはりウケがよかった。絵だけで物語の筋をたどるにも適していて、無理があまりない。来年までに、このくらいの使いやすいクリスマス本を見つけられるだろうか。

 12月1日は、とうとう最後の「指導者向けリードアラウド・ワークショップ」。うまく、そして印象深く締めくくりたいものだ。
 12月10日は、成蹊。これで今年は最後!


Merry Christmas: Big Hungry Bear!
Merry Christmas: Big Hungry Bear!
作者:Audrey Wood, Don Wood

 
続きを読む

広島で大島が考えた

 広島のフタバ図書で、久しぶりの仕事。東京と比べると人口も少ないので、もちろん既存の「英語人口」だって少ない。そこでどうやって、より多くの人に、広島で英語の本を手にとってもらえるか。ずっと考えている。

「リードアラウド」と言ったところで、何の意味もまだないから人だって集まらない。英語絵本の新刊で素晴らしい本があったって、同じくわたしが品揃えをお手伝いしている東京の北青山のクレヨンハウスみたいにスーっと売れたりしない。

 フタバ図書でもクレヨンハウスでも、それぞれにわたしにはチャレンジである。悩ましいことも多いが、そのチャンスを与えられていることに深い幸せを感じる。ああ、魅力ある洋書の棚を作りたい。

 そこで、である。「リードアラウド」から英語に入門して、「多読」習慣をつけて「英語の実力」をつけるという、わたしの「ブッククラブ」で進めてきた学習方法を体系化し、書店での販売と結び付けたらどうか。

 難易度別、コース別にした本のタイトルを、書店に毎月並べる。それを「会員」は購入し、提供されるガイドに助けられながら毎月こなして行くと、だんだん力がついてくる……。プログラム名は未定だが、Reading Achievement Program (RAP)なんてどう?英語ゼロから初めて、約8年でハリーポッターが読めるまでになるプログラムだ。

 さてさて、どうだか。ちょっと煮詰めてみよう。
続きを読む

ブッククラブ---12月の配本

2007年12月の配本

既にお持ちのものがございましたら、至急ご連絡下さい。別の本と差替えいたします。
※配本商品は、予告無く変更する場合がございます。ご了承ください。


【12月の配本予定】
 
 [レベル1]
  『Dinosaur Ed』(ペーパー/絵本)
  『Merry Christmas, Spot!』(ボード絵本/音声解説有り)
  
*レベル1 プレゼント絵本付き『Love, Pooh』『Puppy Love』のどちらかが届きます。

 [レベル2]
  『Ruby the Copycat』(ペーパー/CD付きの為、音声解説無し)
  『Alice the Fairy』(ペーパー/絵本)

 [レベル3]
  『The Sand Castle Mystery (Nancy Drew Notebooks) 』(ペーパー/読み物)
  『LOVE』(ハード/絵本)
  『Captain Underpants And the Preposterous Plight of the Purple Potty People』(ペーパー/読み物)  

 [レベル4]
  『The Bungalow Mystery (Nancy Drew Mystery Stories) 』(ハード/読み物)
  『The Subtle Knife (His Dark Materials)』(ペーパー/読み物)
  『The El Dorado Adventure』(ペーパー/読み物)
  
*12月の配本は、17日を予定しております。


キッズブックスのブッククラブは1ヶ月だけ配本の「おためし入会」も可能です。

キッズブックス・ブッククラブ レベル1 (BCおためし)
キッズブックス・ブッククラブ レベル1 (BCおためし)


キッズブックス・ブッククラブ レベル2 (BCおためし)
キッズブックス・ブッククラブ レベル2 (BCおためし)


キッズブックス・ブッククラブ レベル3 (BCおためし)
キッズブックス・ブッククラブ レベル3 (BCおためし)


キッズブックス・ブッククラブ レベル4 (BCおためし)
キッズブックス・ブッククラブ レベル4 (BCおためし)
続きを読む

クライマックス近し!指導者向けリードアラウド・ワークショップ

11月10日は第5回目の指導者向けリードアラウドだった。この日は、遠方北海道からお見えの方がいらして、会場「おー」「あー」の嘆息。そしてその方から「森の中で読むのにいい本は?」とのご質問をいただいた。ロマンティックな質問と思ってしまうのが、わたしの女子らしさか。マネージャーT氏は、ワークショップ内の他の女子たちの、「森の中で読む絵本」に対しての「ぼわ~ん」「素敵!」という反応にも驚いたようだった。
 さて、それはともかくも、わたしの質問へのお答えは、

「森でRead aloudするのには、
When Sophie Gets Angry, really really angry

かんしゃくを起こした子が、森に出て木に登って世界をながめたら、気持ちがおさまって……という物語。Read aloud しやすい本です。
それから、壮大な宇宙を考えさせてくれる、美しい詩と絵の、これまたread aloudに適するのが、

Creation

この辺をおすすめします。
creation
は特に、読んでいるうちに大人が自分に酔ってきます。実証済み!」

とお答えした。

 この日のワークショップは、「準備編1」だったが、「印象的な読み方レッスン」が、特にみなさんの役に立てそうだった。次の機会には、この部分をふくらませ、実際にばりばり練習するワークショップを考えたい、と思った。
 3回以上参加なさった方々は、読み方に著しく「メリハリ」がついたように思う。ワークショップの成果だ、と言ったら自画自賛すぎるだろうか。

12月1日が第6回、今回のシリーズ、ワークショップ最終回。お馴染みとなったみなさんとお別れ。さらに役に立つ回になるよう心がけよう。

When Sophie Gets Angry- Really, Really Angry... (Caldecott Honor Book)
When Sophie Gets Angry- Really, Really Angry... (Caldecott Honor Book)』(ソフィーがおこったら…)
作者:Molly Bang


Creation
Creation』(クリエーション)
作者:Gerald McDermott
続きを読む

もっと小学校でリードアラウドを 『Tough Boris』

11月12日は、成蹊学園国際教育センターで1年生と
Tougt Boris
のリードアラウド・ワークショップだった。
1,2年生の回は30人をオーバーしてしまうので、同じ本で2回やってみることになった。2度目となる1,2年生のTough Borisだったので、8人の生徒だったが、8人のおかあさんも参加したので、賑やかだった。

お母さん参加は、いいかも知れない。子どもと一緒に楽しんでいる感じがする。この本についての会話が必ずされるだろうから、英語の本の家庭でのプレゼンスが上がる。興味がさらにわくのではないだろうか。

子どもたちも楽しんでくれた感じがする。このリードアラウドで絵本を楽しみ、英語に親しむという機会を、他の小学生にも与えられたらな、とつくづく思う。

Tough Boris
Tough Boris』(海賊ボリスとオウム)
作者:Men Fox  イラスト:Kathryn Brown
続きを読む

Don't Know Much About the Universe

 今朝は1冊を読み終える覚悟で4時に起きた(就寝が早いのでそう苦ではない)。ページ数352の、
Don't Know Much About the Universe (by Kenneth C.Davis)
である。これは今月のブッククラブ配本予定の1冊(レベル4)。

 あー面白かった。得した気持ちである。理科系ではあるが、物理と宇宙関係は、どうも頭が付いて行かず、天文学では星座とギリシャ神話程度で知識が足踏みしていた。でも、最近
The Wall (by Peter Sis)
という、ベルリンの壁崩壊前のチェコ出身の絵本作家の自伝絵本を手にした。アメリカとソ連の宇宙研究競争の頃(「スプートニック・ショック」)の事をそれで読み、その時代に興味を覚えていたところだった。本書でも、1957年10月、ソ連が人工衛星スプートニックの打ち上げに成功し、アメリカの先を行ったという事実の周辺のことを面白く読んだのだ。

 この時から、アメリカの子どもたちの科学と数学教育への国の助成金が目覚ましく伸びたこと。「ヒステリックな」ほどの科学と数学教育への、国の関与だったらしい。そのおかげで、今の科学先進国アメリカがあるのかも……。

 映画のRight Stuff や、Apollo 13が、宇宙開発へのアメリカの国家的威信をかけた姿を、かなり正確に描いていることなども興味を引いた。トム・ウルフの原作Right Stuffも厚ぼったいが、読んでみたい。

 本書のような百科知識的娯楽本でも、泣ける。ソ連が人間を宇宙に飛ばす前に行った実験で、宇宙に飛ばされた犬ライカの話は残酷だ。飛ばすだけ飛ばして、宇宙でも生きていけることがわかったら、地球に帰さないで「毒殺」したのだった。片道キップだけ。……知らなかった。

 古代から現代まで、ざっと鳥瞰することが出来る本でもある。天文学の発達が、なぜギリシャで?という疑問に対する「答え」のページに、「イギリスや日本のような小さく資源の限られた島国が経済的発展をしたのは、貿易があったから」というくだりがあり、考えてしまった。今、この「小さい島国」が発展を続けるのに何があるのか?古代ギリシャは「考える力」、じゃ現代日本は?

 ああ、早起きしたおかげで、ちょっといい本を読めた。
続きを読む

お問い合わせメールについてお願い

最近、お問い合わせいただくお客様のメールアドレス間違いが増えてきております。せっかくお問い合わせいただいてもアドレスが間違っていると、私どもでもどうすることも出来ません。

送信ボタンを押す前に、メールアドレスが間違えていないか再度お確かめ下さい。

お問い合わせのお返事は即日~3日以内(土日祝日は除く)にお返事を出しております。3日過ぎてもお返事が届かない場合は、アドレスが間違えている、または受信拒否の設定になっている可能性がございます。

お問い合わせで返信が届かないという方は、改めてキッズブックスへお問い合わせ下さい。その際は、メールアドレスの確認をお忘れなく…。アドレスが合っているのに届かなかったというお客様は、差し支えなければ電話番号の記入をお願いいたします。確認出来次第、電話でお問い合わせの件についてお返事いたします。

今後とも、キッズブックスをよろしくお願いいたします。
続きを読む

ラッピングについて

今年もキッズブックスでは、ご希望の方にクリスマス・お年玉用にラッピングのサービスを受け承っております。プレゼント ご注文の際、通信欄に「ラッピング希望」とご記入下さい。また、配送先を指定できます。(請求は、ご注文された方へ行きます。)遠くに住んでいるお友達に、彼に、彼女に…ラブ(*ただし、日本国内に限ります。)
クリスマス・お年玉以外にも、お誕生日プレゼントと言う方でもOK!

商品の大きさや形によって多少異なりますが、だいたいこんな感じですdown



また、キッズブックス・ブッククラブもプレゼントには最適プレゼント
1ヶ月お試し配本システムもあるので、今年のクリスマスプレゼントお悩みの方は是非、この機会にご利用下さいラッキー 

ブッククラブに関して、またはラッピングに関して質問がある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
続きを読む

FC2Ad