英語絵本・児童書・教材専門店キッズブックスのblog

絵本・児童書・教材・リードアラウドのよもやま話。 イベント、ブックフェア、バーゲンなどの情報。 KIDS' BOOKS by Paperweight Books is a real/website bookstore for English Language children's books.

こわーいリードアラウド

 先週の火曜日は成蹊学園国際教育センターでリードアラウド・ワークショップだった。成蹊小学校の1,2年生とそのお母さんお父さん合わせて25組ほど。この日の絵本は、Tough Boris
 まずは、Tough をtoughっぽく読む練習から始める。toughの意味はまったく日本語を介せず、わたしの読み方を聞いて「こわい」「つよそう」「ちょっとや、そっとのことで自分の意見を変えなさそうな(人)」などと想像してくれる。驚くほど意味は「実感」できるものだ。
 ふと「これって、わたしへの印象?」とも思ったが、まあいいか。それにしても、辞書でtoughを引いて、それを丸覚えするのと大違いだ。これでこの日の参加者たちの何人かはきっと、一生toughの意味を忘れないだろう。こういう印象や経験が、積み重なって今のわたしの(まだまだ不十分だが)語彙も出来て来た。そしてそれは消えることがない。
 他にも、scaryなどの形容詞を「こわーい」という気持ちで読む練習もかなりおもしろかった。お母さんたちにも参加していただいたが、自分たちが言った「s-car-y」に「きゃー」と震え上がったりして、楽しんでいらっしゃった。その大人がきゃっきゃと楽しむところを子どもたちに見せるというのも、このワークショップの趣旨なのである。
 この日、私自身はまたまた楽しんでしまったのだが、
「先生、今日のは今までで一番力が入っていて、かなり怖かったですよ」
と、成蹊国際学級のK先生が帰り際におっしゃった。ちょっと、度が過ぎたか……。たぶん、直前に飲んだ「ビタミンドリンク」のせいだ。今度は、もう少しおとなしくしよう。
続きを読む
スポンサーサイト

読み聞かせじゃない! 英語絵本リードアラウド・ワークショップ 第4回「絵本の背景」

 日本の子どもたちに英語絵本を「読み聞かせ」ても、チンプンカンプンじゃないでしょうか。
 結局は、「読み聞かせ」をする大人の自己満足に終わることが多いのではないでしょうか。

 それではどうするか?
 英語絵本は「読み聞かせ」ではなく「リードアラウド」するのです。
 「リードアラウド」とは、参加者(学習者)が、1.指導者と一緒に、2.ひとりで、3.他の人に向けて読む、という3種類の音読を指します。
 一方的に英語絵本を読んで聞かせるのではなく、参加者に音読してもらうことが中心です。参加者に、英語絵本を読めるようになってもらうのです。

 ペイパーウェイト・ブックスでは、これまで「リードアラウド・ワークショップ」を、キッズブックス(千代田区→渋谷区)、書店(クレヨンハウス・丸善)、学校(成蹊小学校)、講演(ECCジュニア)などで行ってきました。この夏から、指導者を対象としたワークショップを開催しています。英語の「読み聞かせ」に悩んでいる皆さん、一緒に答えを見つけましょう!
ワークショップ第3回は、リードアラウドの実技(絵本は『Lemons Are Not Red』)に加え、絵本の歴史・購入方法・最新事情をはじめ、作家・出版社について学びます。
Lemons Are Not Red (Ala Notable Children's Books. Younger Readers)
Lemons Are Not Red

作者:Laura Vaccaro Seeger

対 象:英語指導者・読み聞かせ実践者
講 師:大島英美(英語児童書ディレクター)
日 時:10月6日(土)10:00~12:30
場 所:恵比寿区民会館2F(JR/日比谷線恵比寿駅より徒歩5分)
http://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/kmkaikan/km_ebisu.html
参加費(税込):5,000円(教材費:絵本代・WS録音CD込)
定 員:20名(定員に達し次第締め切り)
申 込:「リードアラウドワークショップ参加希望」と記入の上、氏名・住 所・電話番号・メールアドレスを明記して、Eメール・FAXでお申し込み下さい。また電話でのお申し込みも承っております。参加費は受付時にお支払い下さい。
申込締切日:10月5日(木)
Email:

※ディスカッションの時間も設けてあります。一緒に「楽しく英語絵本を読んで、英語を教える」手腕を高めましょう。わたしの知っていることを、すべて公開します。(大島英美)

続きを読む

ブッククラブ---10月の配本

2007年10月の配本

既にお持ちのものがございましたら、至急ご連絡下さい。別の本と差替えいたします。
*配本商品は、予告無く変更する場合がございます。ご了承ください。


【10月の配本】
 
 [レベル1]
  『Spot Bakes a Cake』(ボード/音声解説有り)
  『Tough Boris』(ペーパー/音声解説有り)
 [レベル2]
  『Ella』(ペーパー/CD付きのため音声解説無し)
  『Franklin is Lost』(ペーパー)
 [レベル3]
  『Time Wrap Torio : Me oh Maya』(ハード/読み物)
  『Scary Stories to Read When It's Dark』(ペーパー/絵本)
  『Story Problems : G3-4 Math』(ペーパー/教材)
 [レベル4]
  『The Final Reckoning』(ペーパー/読み物)
  『Glory Girl』(ペーパー/読み物)
  『Small Worlds』(ハード/教材)
  
*10月の配本は18日配本予定です。


キッズブックスのブッククラブは1ヶ月だけ配本の「おためし入会」も可能です。
続きを読む

リードアラウドmade my day at クレヨンハウス

"~made my day"とは、「~がわたしを幸せにしてくれた」という意味で使うフレーズで、わたしはよく感謝の気持ちで使う。たとえば、デートに誘ってくれたひとに、そのデートが「楽しかったわ」と言いたいときなど。わたしだけが楽しんだ、という自分勝手さが薄まって、相手への感謝の気持ちがでる。

 9月23日日曜日、朝からクレヨンハウスに30人?くらいの大人や子ども、男のひとも女のひとも集まった。クレヨンハウスのMさんが、密かに(?)「リーアラ」と呼んでいる、「リードアラウドの会」だ。
 
 いつものように小学生は恥ずかしがり屋で、幼児は大胆。この日は恥ずかしがり屋の女の子(小3くらい?)を、最後にはとうとうread aloudさせることに成功。わたしと目が合うのを避けていたのに、最後には目でわたしに「!」と言った、……と思った。彼女が読んだのは「This is a cat...」、その「...」の「読み方」も伝授できていたようだ。うれしい。She made my day.

 ネコのmewを「ニャーオ」とどうしても「日本猫」にしたがる少年(5歳くらい?)がいた。「アメリカの猫の鳴き声で読んでよ」とわたしが言っても「ニャー」とあくまでも日本猫。会が終わってからお母さんがわたしに「さっきの猫の件で、ちょっと落ち込んでいました」とおっしゃった。うっ、反省。わたしの悪い癖、つっこみがきつかったか。でも傍らの少年のほうを見たら「へっへへー」と、ものすごい笑顔。そして「オーストラリアの猫には驚いたよ」と言った(アメリカ、イギリス、オーストラリアの猫の「発音」で、会場のみなさんにそれぞれmewを読んでもらった)。それで、ちょっとほっとした。

 ひとりの少年、こちら6歳くらいか、がすたすたと、帰り支度をしているわたしの前に進み出て来た。
「ぼくたち丸の内で会ったね」
「……ッえ?」不思議なロマンティズムをたたえた、身長100センチちょっとの少年に、わたしはどっきり。あれえ、そうだ。丸の内にある他の本屋さんでのリードアラウドにいた少年だった。あのときは、身長が半分くらいだったはず。
「うん、こんなに大きくなった」
そして、彼の今の英語は抜群で、わたしはもう少しで頭のチャンネルを英語に変えて英語で話しかけそうになった。リードアラウドだけで、こうなったわけではもちろんないだろうが、少なくとも英語絵本をリードアラウドするのがまだ好きで、わざわざ来てくれたらしい。

 こんなそんなで、この日のRead Aloud made my day!

The Mouse, the Cat, and Grandmother's Hat

(次回のクレヨンハウスでのワークショップは11月23日金曜日・祭日)。
続きを読む

リードアラウド、近々の選書

 今度の日曜日9月23日は、クレヨンハウスでリードアラウドの会。いつもながら選書には気を使う。書店でのこうしたワークショップには、幼児(いちおう5歳以上とはお願いしているが)から大人(指導者)までが参加なさると予想しなければならない。その参加者みなさんに、程度の違いはあれ「楽しかった」という印象を持って頂きたいのである。

 7月は、When Sophie Gets Angry-Really, Really Angry...
を使い、子どもの「怒り」を会場全部で表現するほどROARなどの発声は楽しめたと思う。この会あたりから参加者が30人ほどになって、ますます本の力とこちらの力が試されるようになった。この日は、ROARひとつ印象づけたことで、わたしは満足。

 今回は、The Mouse, the Cat, and Grandmother's Hat
である。Sophieほどの知名度のない本だが、文字と絵が特別よく対応 しているところがいい。ほとんどフラッシュカード並みだ。This is Grandmother's hatという文に、帽子を被ったおばあさんだけが描かれていると言う感じ。ただ、それが次のページで
This is the mouse that hid under Grandmother's hat.
と引き継がれ、長めの文と少し複雑化した絵が紹介される。こうして複文なども多く登場するのだが、簡単な部分が徐々に重なっていく形なので案外無理がなく読めるはずだ。

 日本の中学での典型的英語例文、This is a book. なども、本書のように物語をつけて説明すれば、そう無意味な文に見えないだろうに。いつも本書を読み返すたびに思う。
続きを読む

大島英美によるリードアラウド2007年「秋学期」開始

 9月15日の指導者向けリードアラウド・ワークショップ#3が終わった。参加者みなさんの真剣さは、日本の英語教育のひとつの宝、と自負してもいいと思う。

 絵本で英語教育がどうやれるのか。

これを考えている同志という気持ちが、だんだん回を重ねるごとに出て来たように感じる。ワークショップで、(少しでも)共感して下さる英語指導者の方々の顔が見えて、非常に励みになっている。同時に、この小さな自分にでも出来ることを、もっと突き詰めなければと緊張する。

 わたしが「リードアラウドで英語を学ぼう」というテーマで話したり、書いたりしてきて、はや3年。まだ3年。グーグル検索で「リードアラウド」と入れると、1ぺージ目の1件(自分が書いたもの)で終わりだったのが、数ページに増えもした。認知度はまだまだでも成長している。

 「楽しい人生は、豊富な知識から。その豊富な知識を英語読書からも得れば、新鮮でより多くの情報になる。英語読書が楽になるには、多読。多読の入り口はリードアラウド!」 ……この英語による「幸福のスパイラル」、これからを担う日本人にぜひとも昇ってもらいたい。多かれ少なかれ、指導者は生徒たちに、こんなことを願っているのではないだろうか。

 教師(指導者)の仕事は本当に草の根の仕事だが、やったことはどこかで生きて行く。わたしの中で、何人かの先生の教育が生きているように、教師が伝えられるものは案外大きい。

 ワークショップのアイディアをわたしからどんどん「盗んで」、どんどん指導者たちが広げて欲しい。「あーあ、おもしろかった!」と、より多くの子どもたち、大人たちに言わせて欲しい。

 <これから開催予定のワークショップ>

一般向け:クレヨンハウス 9/23 ( 日) 「The Mouse, the Cat, and Grandmother's Hat
11/23(日) 「The Big Hungry Bear」
どちらも9:45-10:45、(東京北青山)

成蹊国際教育センター:9/25, 10/22, 11/12, 12/10 (東京武蔵野市)

指導者向け:10/6, 11/10, 12/1 どちらも10:00-12:30 (東京恵比寿)
続きを読む

The Periodic Table 「えいご」『読売新聞』2007/9/15夕刊

The Periodic Table
The Periodic Table』(周期表)
 1229円
作者:Adrian Dingle  イラスト:Simon Basher
 元素をキャラクター化して、元素周期律表を分かりやすく解説。
続きを読む

J-WAVE『KISS&HUG』で英語絵本について語る

 J-WAVEの朝の番組KISS&HUGの、9月15日(土)7時5分ごろに、生出演することになった。話題は、子どもと英語の絵本について。

 英語絵本を子どもに買い与えようと思う親はたくさんいると思う。「いつから?」「何を?」「どのように?」という疑問がわくのは自然だ。多分、そのことを番組のナビゲーターのシェリーさんと話すことになるのだろう。
 こんな早朝に、それも土曜日、幼児の親御さんが、J-WAVEを聞いているのか?という疑問はあるのだが、番組の趣旨はずいぶんまじめでびっくりした。

 「英語の絵本いつから」は、簡単にいえばいつからでもいい。早すぎることはないし、遅すぎることもない。ただ、早いと英語で書いた本があることが、その子にとって自然な環境になりやすいかも。親が払うべき最大の注意は、英語がストレスにならないようにすること。自然に、楽しく。

 「どんな本を」の答えは、まずパパやママが好きだと思うものを。パパとママは子どものヒーロー。その「ヒーロー」が楽しそうなものだと子どもにもそれが伝播する。だから親自身が「いい」「楽しい」と思えるものを。ただ、複雑なものは「難しい」という印象が残りがちなので、次の3点で選びたい(毎度おなじみの3点)。
1.1ページに1~3行の文
2.進展が絵から予想しやすい
3.繰り返しがある
例としては、またまた
How Do Dinosaurs Say Good Night?
David Gets in Troubleなど。

 「どのように」英語絵本と親しませるかといえば、「リードアラウド」。
日本人の場合は、子どもと一緒に声に出して読むこと。

 今は、こんな話をしようと思っているが……。
続きを読む

クレヨンハウスでリードアラウド

 来る9月23日(日)は、表参道のクレヨンハウスで恒例のリードアラウド・ワークショップが9:45-10:45まで開催される。

クレヨンハウス
東京都港区北青山3-8-15
【TEL】 03-3406-6308
【FAX】 03-3407-9568

 リードアラウドする絵本を購入するだけで、参加できる。近頃は30人くらい、子どもから大人までの参加者が集まって下さる。大人の参加者は、自分の英語学習のため、または「読み聞かせ」するために興味を持ってくださっているらしい。子どもも大人も「あーおもしろかった!」という感想を持って帰路についてくれたら、と思う。
続きを読む

2007年夏ポートランドだより最終回

 今夏、ポートランドは9月8日まで滞在した。帰国の前日は、日本からのお客様のご案内をすることになっていたが、たいへんなことになった。

 ご家族4人でいらっしゃたのだが、18歳のお嬢さんが体調を崩した。様子をみていたがどんどん悪くなるばかり。とうとう、救急車を呼んだ……。アメリカでわたしが不安なことのひとつが、医療。もちろん主治医がいない。となると、体の作りが同じ人間といっても頑丈さがアメリカ人と違うので、微妙なところで医療者に理解してもらえない不安がある。
 
 嫌な経験をアメリカの病院でした(もちろん日本でも経験したが)ことも、不安の原因だ。

1)微熱が1ヶ月以上続いたので、診察を受けたら「こんなので来るな」のような扱い。「ま、リラックスすればいいんじゃない」。わたしの微熱は、アメリカ人の平熱だった……。
2)膀胱炎で診察を受けたら、「不潔な性行為をしていないか」と真っ先に聞かれた……。
3)貧血で倒れ、通行人が救急車を呼んでその中に運び込まれた時。手も上がらない状態で、脂汗が出るほどの激痛に苦しんでいたのに、まず「この書面を読んで、同意書にサインしなさい」と言われたこと。
原因が月経困難症だとわかるや、別れ際に吐き捨てるように「See you next month」と言われたこと。
などなど。

 以上の経験はすべて、ロスアンジェルス市。今回のこのポートランド市の救急隊は驚くほど親切だった。そして、どこからの救急隊の仕事に料金が発生するかということも、機械的でなく親身になって教えてくれた。また、その時間に救急で診てくれるもっとも近い病院も、的確に教えてくれた。市民サービスとして合格だと思った。

 そのご一家と一緒に病院に行ってお手伝いしたかったが、あと数時間で帰国の途につかねばならず、それも出来なかったのが心残りだった。点滴を受けて病状が安定したと、空港からの電話で確認してほっとし、わたしはシアトルそして成田へ向かったのであった。
続きを読む

FC2Ad