英語絵本・児童書・教材専門店キッズブックスのblog

絵本・児童書・教材・リードアラウドのよもやま話。 イベント、ブックフェア、バーゲンなどの情報。 KIDS' BOOKS by Paperweight Books is a real/website bookstore for English Language children's books.

英語絵本「読み聞かせ」vs.リードアラウド

 今日5月28日は、2005年以来リードアラウドを続けている、武蔵野市にある私立小学校の1,2年生とのワークショップ。30人ほどの生徒と、その父母(平日なのでお母さんが大多数)なので50人は部屋に集まる予定だ。
 この学園は、偶然にもわたし自身の出身校(中学、高校のみだが)で、正門をくぐるたびに懐かしさがこみあげてくる。あ、そうそう、『花より男子』というTV番組の舞台、高校のロケ地のひとつでもあった。ロケの日とワークショップがぶつかったことがあり、見かけない制服の男女がうろうろ本館にいてびっくりしたことがあった。

 ここでは、「リードアラウドのワークショップ」という呼称を積極的に使っていただいている。主催が学園全体の国際教育センターという機関で、担当が学園の大学の英語の教授なので、あっと言う間にわたしの「英語絵本読み聞かせではなく、リードアラウドのワークショップを」というコンセプトに共鳴していただけた、という経緯がある。
 「リードアラウド」それはプロによって選ばれた英語絵本を;
       1.誰かと一緒に音読すること
       2.ひとりで音読すること
       3.(生徒自身が後に)誰かに読み聞かせること
これを経験することにより、以下のステップを踏みやすくなる。
       1.英語の絵本に興味を覚える
       2.何冊も読むようになる
       3.絵本から読み物に対象が広がる
そして、多読へ繋がり、英語の実力が培われるのである。これらが、「多読」に力を入れている国際教育センターのプログラムにびったりマッチした。
「英語絵本の読み聞かせ」ではないところが、「イノベーター」であろうとする学園の精神にもあっていたのかもしれない。この学園の気風は、「他とは違う」のをよしとするところでもある。
 
 もうそろそろ口がすっぱくなるのだが、「英語絵本の読み聞かせ」を日本の子どもがされても、ほとんどチンプンカンプンで大人の自己満足だけになってしまう、ということ。代わりにリードアラウドすることで、まずは何となくでも、英語を一緒に「読んだ」という、成功経験を子どもたちに積んで欲しいのだ。

 今日の使用絵本は
David Gets in Trouble by David Shannon
これは学校で使用/販売するためだけの特別廉価版だが、今後学校でのワークショップなら、このような版を使えば人数分学校が買い上げるとことも可能かもしれない。予算が少なめの公立でも、ぜひ生徒ひとりひとりが本を手にした状態で、リードアラウドには参加してもらいたい。(本日の私立学園は、全員が本を買っての参加)。
 自分の(その時間だけだとしても)絵本を手に持って、その本の「におい」を嗅ぐこと、その本を独占してその世界に浸れることは、わたしにはまるで夢の世界に入ることのようだった。おまけに、その「夢」には何度でも入れるのだ……。こんな読書の喜びを、味わって欲しい。そして英語でも読書を楽しめるという、喜びを将来ぜひ味わって欲しい。選べる本の種類が、膨大になる喜びだ! 
続きを読む
スポンサーサイト

ブッククラブ---6月の配本予定

2007年6月の配本予定です。

既にお持ちのものがございましたら、至急ご連絡下さい。別の本と差替えいたします。*配本商品は、予告無く変更する場合がございます。ご了承ください。


【6月の配本予定】
 
 [レベル1]
  『The Wet Dry Book』(ハード/音声解説有り)
  『Only My Mom and Me』(ペーパー) 
[レベル2]
  『Fighting Fires』(ペーパー/音声解説有り)
  『Comic Adventures of Boots』(ハード)
 [レベル3]
  『Fuge-a-mania』(ハード/読み物)
  『Spy kids』(ペーパー/読み物)
  『Boolar's Big Day Out』(ペーパー/読み物)
 [レベル4]
  『Diane Goode's Book of Scary Stories & Songs』(ペーパー/読み物)
  『Just Call Me Stupid』(ペーパー/読み物)
  『Animorphs』シリーズ(ペーパー/読み物)

*6月の配本は18日配本を予定しております。ご了承下さい。


キッズブックスのブッククラブは1ヶ月だけ配本の「おためし入会」も可能です。
続きを読む

英語絵本の「読み聞かせ」、悩みの種

 5月20日、五月晴れの朝、30人ほど(?)の方々が、絵本
How About a Hug?
を片手に「リードアラウド・ワークショップ」のため表参道のクレヨンハウスに集合した。
 思いのほか大人のみでのご参加が多かった。と、いうことは?
おそらく、「読み聞かせ」に興味のある方々だとお見受けした。

 案の定、ワークショップ終了後、ある参加者に声をかけられた。
「子どもたちに英語の絵本の読み聞かせをしていますが、ちょっと長い絵本だと(How About A Hugを示しながら)、居眠りする子までいたりします。どうしたらいいのかしら、と思って。今日のは、たいへん参考になりました」

 そうそう、そうなんです!待ってましたと、わたしは「普通の日本の子に、英語の読み聞かせは、たいていはムリです」と言う。そして彼女は続けた。
「ええそれで、分かりそうなものを選ぶと、本が限られてしまって」

 そうそう、それもそうなんです!まったく赤ちゃんのようなものを選ぶか、ESL用に書かれた「教科書」(「副教本」などとして書き直されたもの)になってしまう。彼女いわく、
「今日のこういういいことの書かれた絵本(How About A Hugを指して)を、使えたらいいなあと思っていたのです」

 英語絵本の「読み聞かせ」をしていらっしゃる方々へ、わたしがお伝えしていることは、いくつかあるが、この日の彼女へお話ししたポイントは以下の通り。

1)「読み聞かせ」しない。一緒にread along、一部でもいいので読めるようにする、ワークショップ形式にする。

2) 絵本は自分が本当に(文学としても)いいと思ったものを使う。本物(教科書として書かれたものではない)から伝わるものが、必ずある。

 たぶん、かなりの数の方々が「英語の絵本でどう読み聞かせをするか」で悩んでいらっしゃると思われる。こんな方々に、すぐに役に立つヒントをまとめて、7月から開催の指導者向け「リードアラウド理論と実践ワークショップ」でお話ししようと思う。
 
 クレヨンハウスでは、『ASAHI Weekly』の取材も受けた。そこでも「英語絵本の読み聞かせをしているのではありません」とお話したが……。

How About a Hug?
How About a Hug?
続きを読む

「リードアラウド」と「読み聞かせ」または「Read aloud]

 最初に、「Read Aloud」と「読み聞かせ」そして「リードアラウド」は違うと明言しておこう。

「Read Aloud」を英語圏では、学習者自身の音読と指導者が読み聞かせることの両方の意味で使う。対して、わたしが提唱している日本人向けの「リードアラウド」は、学習者の音読が主で、指導者による「読み聞かせ」はほとんどない。

 日本語を母国語としている英語学習者、特に初心者に英語の本を読み聞かせたところで、ほとんど理解できないのが現実だろう。英語の本の読み聞かせは、一般的に英語学習初心者には無意味だ。

 だからわたしの「リードアラウド」は、学習者が指導者と一緒に読むこと(read along)と、ひとりで声に出して読む(read aloud)、そして学習者自身が誰かに読んであげることという3種類の音読をさす。受動的に「読み聞かせ」られるではなく、能動的に自分が声を出す「音読体験」を通して読書の楽しさを知ってもらうことを目的としている。このようにわたしは、「リードアラウド」を特別な使い方をしているので、「(c)大島英美」としたいくらいだ。

 まとめ:
「リードアラウド」=1.誰かと一緒に音読すること
          2.ひとりで音読すること
          3.誰かに読み聞かせること

 
続きを読む

クレヨンハウスでリードアラウド

 20日(日)は、表参道のクレヨンハウスでリードアラウドをする。使う絵本は、How About a Hug?
9:45から10:45まで、今回は今のところ15組ほど予約があるらしい。このくらいの人数がいれば、やりがいもある。
 また28日の成蹊学園国際教育センターでのワークショップは、29組!こちらは、David Goes to Schoolなどを使用(非公開)。

 いつものことだが、たとえ何度か使った本でも、新しい機会が来るたびにどう「料理」しようかと考える。
 さて、クレヨンハウスの場合は、親子連れがほとんど、そして年齢層が低い。いつもの決めごとの他に、この本固有の使い方を、次のように考えている。
 
1)子ども向けの言葉遣いですすめて行く。
2)ふたつの約束をする(文字を指でなぞる・だれかに読んであげる)。
3)表紙を読む。タイトルと作者名確認。文字をなぞる練習をする。
4)「どんな話か、最初に絵を見ていこうね」全ページを一緒に見て行く。
5)その際、「!」と「?」を見つけたら、「みっけ!」と声を上げることを約束。進め方は以下のとおり。

「絵を見て」「何してるの?どんなご機嫌?」とディスカッションしそのときに、What is it?の「?」を発見させる。

「こんなとき気分を変えるのに、何がいい(What is it)?」、意味と英語センテンスを紹介し、英語部分を発話。

そして赤文字の「!」そして「(Hug)だよ!」を発見させ、hugの意味をディスカッション。
全ページ、ひとこと、ふたこと程度のあらすじを追うだけで、「?」と「!」の繰り返しパターンをきわだたせる。

6)途中、黒い字と赤い字の色分けの意味に気付かせる。「赤い声」と「黒い声」を使い分ける練習。
7)「HugとWhat is it?以外は『ムニュムニュ』になってもいいからね!」と、全文読むことのストレスから解放してから、全文を読んで行く。
8)意味は、絵を参照するくらいで「こんな感じ」程度の理解でOKとする(緊張やストレスは厳禁)。絵だけでは分からなかったところ、たとえば「何か温かい飲み物」だけの情報が、読む事で「cocoa」「ココアだったんだ!」と読める事で発見をする喜びを誘導する。
9)時間と子どもたちに余裕があれば、赤い文字の文章を読み、練習する。

さあ、実際のワークショップではどうなることか。……楽しみ。


お知らせ:7月から指導者向けに「英語絵本リードアラウド・ワークショップ」(全6回)が始まる。第1回 7/14「リードアラウドとは」、第2回 7/21「絵本の力」、いずれも土曜日の10:00から12:30まで。3回目以降は9、10、11、12月に1回ずつ同じく土曜日を予定している。6回で1セッション終わり。場所は恵比寿。その他詳しくはここをご覧ください。ご不明な点はメールまたはお電話でお問い合わせください。

ディスカッションの時間も設けてあります。一緒に「楽しく英語絵本を読んで、英語を教える」手腕を高めましょう。わたしの知っていることを、すべて公開します。(大島英美)

How About a Hug?
How About a Hug?

続きを読む

セントメリーズ・インターナショナル・スクールと子どもの洋書店

 世田谷区にあるセントメリーズ・インターナショナル・スクールの、春の恒例カーニバルに今年も出店した。出店するようになって、もう15年にはなるはず。東京のインターナショナル・コミュニティと、東京の子どもの洋書の動向を見る「定点観測サイト」である。
 おおざっぱにいえば、集まるのは外国に関係ある人たちと、外国に興味のある人たち。それが毎年2万人近くここに集う。共通言語は英語。
 
 今年は、天気に恵まれた事と景気回復がやっと人々のお財布にまでやってきたおかげか、まあまあの売り上げだった。
 
 さてここで特徴的な「観測」をいくつか記しておきたい。

1)子どもの本は消耗品と考え、ハードカバーよりペーパーカバーが圧倒的に売れる。
2)複数冊ある本が店先で重ねられている場合、上のものから売れて行く。
3)インド人の親は、父母両方とも熱心に教材を選び、お金を使う。地味で中身の濃い教材が選ばれる事が多い。
4)外国人の親は、子どもが本を乱暴に扱うと叱る。
5)外国人の子どもが値段を聞く場合、「これ、いくらですか」より「これ、何円ですか」と言うことが多い(日本語の場合)。
6)「伝記」がないかと尋ねてくる子どもが、必ず1人はいる。
7)高校生から大学生くらいの日本の女子は二人組で立ち読みする子たちが多く、かなり簡単なものを手に取ったときも「こんなの読めたらいいね」。そしてたいてい買わない。
8)孫自慢のご婦人に、少し値段が高めで英語が難しめの上品な本をお勧めすると、成功率が高い。
9)景気がいいと「クラッツ」という出版社の、デザインのしゃれた手芸・工芸キットがよく売れる(景気回復のバロメーター)。

こんなことが、観察される。
続きを読む

Angry Little Girls~MANGA絵本で読み解くアメリカ

5月12日の読売新聞(夕刊)にて紹介の『Angry Little Girls』。

以前、キッズブックス・ブッククラブでもレベル3で配本をしたことがある。 
 異文化の「るつぼ」とも呼ばれるアメリカだが、住んでみると「サラダボウル」のようだというのが定説になっている。つまり、異文化・異人種が溶け合っているのではなく、サラダのようにただコロコロ混ざっているだけ。ニンジンはずっとニンジンで、レタスもずっとレタス。そんなリアルなアメリカの生活を、東洋系の小学生の女の子の目から描いたユニークなマンガである。
 いくらアメリカ生まれのアメリカ人と言ったところで、白人系アメリカ人と見かけがはっきり違う東洋系は、”we”とアメリカ人たちが言うときの主語からこぼれていることが多い。また、文化の違いで理解に苦しむことが多々ある。そんな学校生活でのイライラがあるのに、家に帰れば「ブロークン」な英語で母国の伝統を押し付ける母がいる。だから、ヒロインのキムという少女(おそらく韓国系)は、いつもイライラして怒っている。タイトルが「怒れる少女たち」と複数形になっているので、キムの周囲の他の女の子たちも大切な登場人物だ。それぞれ違った文化に属する彼女らの個性が、巧みなエピソードを通して浮き彫りにされる。男の子たちは脇役だが、「女子に気持ちが近い」変わり種のパットと、デボラの弟でキムに好意を寄せるブルースは、それぞれ重要な登場人物だ。彼らはそれぞれ、典型的なゲイと、東洋人女性に恋する白人男性として物語に色を添えてくれる。

Angry Little Girls
Angry Little Girls
38%off 1260円
作者:Lela Lee
読売 2007年5月12日 掲載…


この本と一緒に読みたい本
Fashion Kitty (Bccb Blue Ribbon Fiction Books (Awards))
Fashion Kitty (Bccb Blue Ribbon Fiction Books (Awards))』(ファッションネコ)


セットでご希望の方、先着3名様まで2000円(税込み)送料無料!
続きを読む

英語絵本の「読み聞かせ」の悩みを解決します!

 子どもたちは、最後まで耳を傾けてくれましたか?
 読み手のあなた自身も楽しめましたか?

 日本の子どもたちに英語絵本を「読み聞かせ」ても、チンプンカンプンじゃないでしょうか。
 結局は、「読み聞かせ」をする大人の自己満足に終わることが多いのではないでしょうか。

 それではどうするか?
 英語絵本は「読み聞かせ」ではなく「リードアラウド」するのです。
 「リードアラウド」とは、参加者(学習者)が、1.指導者と一緒に、2.1人で、3.他の人に向けて読む3種類の音読を指します。
 一方的に英語絵本を読んで聞かせるのではなく、参加者に音読してもらうことが中心です。参加者に、英語絵本を読めるようになってもらうのです。

 ペイパーウェイト・ブックスでは、これまで「リードアラウド・ワークショップ」を、キッズブックス(千代田区→渋谷区)、書店(クレヨンハウス・丸善)、学校(成蹊小学校)、講演(ECCジュニア)などで行ってきました。この夏から、指導者を対象としたワークショップを開催いたします。英語の「読み聞かせ」に悩んでいる皆さん、一緒に答えを見つけましょう!

┌───────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「英語絵本リードアラウド・ワークショップ」~絵本を使った指導方法~

■内容:
 英語絵本を使った「リードアラウド」の理論と実践を6回にわたり学んでいきます。参加者自身が授業やリードアラウドの会を行えるよう、絵本の選書からアクティビティまで具体的に指導します。

■対象:英語指導者・読み聞かせ実践者

■講師:大島英美(英語児童書ディレクター)

■日時:
 第1回 「リードアラウドとは」  7月14日(土)10:00~12:30
 第2回 「絵本の力」        7月21日 (土) 10:00~12:30
 第3回 「選書の目」        9月15日 (土) 10:00~12:30
 第4回 「絵本の背景」      10月6日 (土) 10:00~12:30
 第5回 「ワークショップ・授業プラン1」11月10日 (土) 10:00~12:30
 第6回 「ワークショップ・授業プラン2」12月1日 (土) 10:00~12:30(全6回)

■場所:恵比寿区民会館2F(JR/日比谷線恵比寿駅より徒歩5分)
http://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/kmkaikan/km_ebisu.html

■参加費(税込):
 各回5,000円(教材費:絵本代・ワークショップ録音CD込)

■定  員:20人(定員に達し次第締め切り)

■申込方法:
「リードアラウドワークショップ参加希望」と記入の上、氏名・住所・電話番号・メールアドレスを明記して、Eメール・FAXでお申し込み下さい。また電話でのお申し込みも承っております。参加費は受付時にお支払い下さい。

■申込締切日:7月13日(金)※第1回の締切です。各回、開催日の前日まで受け付けます。

問い合わせ先:
ペイパーウェイト・ブックス(キッズブックス)
TEL/FAX 03-3498-5260
E-mail: pwbk@kidsbks.co.jp
URL http://www.kidsbks.co.jp
続きを読む

寝ても覚めてもリードアラウド

 又聞きしたり引用されたものを読んだりすると、そのもと、出典を知りたくなる。絵本やリードアラウドが語彙を豊かにする強力な方法になること。それは実験で実証されていると書いてあった……。気になって研究論文をリサーチしてみた。
 あるある「vocaburaly,children,storybook」などとキーワードを入れると、教育研究論文がずらずら出てくる。ただこのインターネットの時代になってまだ日が浅いので、1980年代からそれ以前のはアクセスできない場合があり残念。

「新しい単語は、12回文脈の中で遭遇すると自分のものになる」

こう結論付けた論文は、1985年のものなので今日のリサーチでアクセスすることが出来なかった。ただ、これを引用した新しい論文はいくつか読む事ができた。

 単語が「自分のものになる」、英語では「a person "knows" a word」ということはどういうことか。American Educator,Spring,2003のSteve A.Stahlの論文が興味深い。
 単語との出会いには4段階ある。

1. I never saw it before.見た事がない。
2. I've heard of it, but I don't know what it means.
聞いた事があるが、意味を知らない。
3. I recognize it in context--it has something to do with...
文章の中でだいたい意味がわかる、何かこんな感じ……
4. I know it.
知っている。

この4にたどり着くまでに12回、その単語を文章の中で読まないとならないらしい。そうなんだ!
そのくらい大変だから、わたしは単語を覚えられなかったんだ!(ちょっと嬉しい。出来なかったのは、自分の力不足だけじゃなかった)

ここで、12回をあまり強調するとその道の遠さに気も遠くなるので、よしておこう。代わりに「文章の中で」というか、「文脈の中で」というところに注目したい。単語リストだけで覚えようとしても、効果が低い(時間のムダ、もうやめよう)。

もう一つの論文はこういっていた。

「storybooksは、子どもたちにとってバーチャルなフィールドトリップ(遠足)だ」(Camille L.Z.Blachowicz et al.,2005)。

 遠足でわたしたちは、何か「本物」を見たり経験するから、楽しいし、新しい知識も吸収し易い。語彙を覚えるにあたって、その語彙に出会う「遠足」、それは本を読むという事。
 その単語がどう「生きているか」、どんな「色」でどんな「場所」が好きなのか、本のなかで観察できるじゃないか。するとその新出単語の定着率が高まる、このことが証明されていた。

 そして、この「遠足」は、read-aloudsとactive learningという過程を経て行われるのだと書いてある!絵本を使い、それをリードアラウドすることが英語力を伸ばす、と信じ続ける心のよりどころがまた増えた。
続きを読む

5月のリードアラウドとブックフェア

お知らせ

5月12日(土曜日)
セントメリーズ・インターナショナルスクール カーニバル
最寄りの駅は田園都市線二子玉川。
10時から4時まで。
キッズブックスも出店。教材とお買い得英語の本(セールは3冊1000円!)
フードブースなど多数。最大規模のスクールフェスティバルです。

5月20日(日曜日)
クレヨンハウスでリードアラウド
半蔵門線表参道。
9:45-10:45
使用絵本:How About Hug?
一般参加できます。

5月28日(月曜日)
一般公開ではありません。
成蹊学園国際センター主催リードアラウド・ワークショップ
小学生低学年向け。
JR吉祥寺。
14:00-15:00

ニュース!!
英語教師向けリードアラウド・ワークショップ(全6回)が7月から開始(予定)です。
詳細が決まり次第、お知らせします。この6回で、リードアラウドを使って英語を楽しく授業できます!英語学習の「新王道」はリードアラウド。先生方の力で、英語学習をもっと学習者の身につくものにしましょう。授業アイディア、本選びのコツ、読み方のコツ、絵本のうんちく、英語以外の科目まで教えるヒントなどなど。

How About a Hug?
How About a Hug?』(ギュっと抱きしめて。)
続きを読む

FC2Ad