FC2ブログ

英語絵本・児童書・教材専門店キッズブックスのblog

絵本・児童書・教材・リードアラウドのよもやま話。 イベント、ブックフェア、バーゲンなどの情報。 KIDS' BOOKS by Paperweight Books is a real/website bookstore for English Language children's books.

「生意気な子ども」とリードアラウド

突然だが、わたしは生意気な子どもだった。小学生にして『芸術新潮』と『SFマガジン』、『ハヤカワ・ミステリー』を読んでいた。ときどき『文芸春秋』と『外科臨床医学』。その頃は「大人びた子ども」ともいわれたが、今もそのままなので、今は「子どもびた大人」だ。

リードアラウドを人にお勧めする時に、いつも思わずにはいられないのが、過去のわたしみたいな子どもにも面白いだろうか、ということ。いくら語学的には初歩とはいえ、頭は「子ども扱いされたくない」と思っている。生意気子ども時代に、世間にいた「子どもらしい子ども」しか見ない大人。そういう大人でありたくないと、大人になって思う。で、どうその気持ちを今のわたしの仕事に生かすか。

ヘンなおばさんが、英語の本を持って来て「さあ、気持ちを込めて読みましょう」だって?そういう、もうひとつのわたしの目が、ワークショップを子どもたちの前でする時に、じっと見ている。

Life Doesn't Frighten Me はマヤ・アンジェロウの詩を、若くして亡くなったニューヨークのアーティスト、バスキアのイラストでまとめた絵本。学校での理不尽に負けない心を歌った詩が、熱気を感じる落書き風のイラストにのってずんずんと心に迫る。これに興味を示さない「生意気な子ども」がいたら、わたしの力量不足の証明だ。だって本自体には力があるのだから。

絵本の「業界」には、なんだかぬるま湯のような不思議なやさしさがある。「それはぬるま湯だ」と言ってしまうと、「じゃあんた、あっちの熱い湯に行けば」と自分を辛い立場におくことになりそうでもある。でも英語を使える日本人を増やしたい!という目標に向かうのなら、いつまでもみんなとぬるま湯につかっていてはいけないだろう……。それに同じ絵本とはいえ「英語絵本」という「小浴場」にいることだし、ちょっと温度を高くしても平気かな。

Life Doesn't Frighten Me
Life Doesn't Frighten Me
続きを読む
スポンサーサイト

やっぱりリードアラウド

 昨日の午後は、成蹊学園の小学生たちとのリードアラウド・ワークショップの今年度の選書をじっくり行った。
 低学年、中学年、高学年でレベル分けするのは昨年通り。各レベル3回づつ、2007年5月から2008年2月にかけて実施する。各レベル差は以前同様つけるが、今年から各レベル3回の内容にも段階をつけた。簡単から少しずつ複雑なものへと進む選書だ。
 
 それからもうひとつ、高学年にはどうも「絵本なんて幼稚!」という軽蔑に近いものがあるようなのが気になっていた。そこで、今年は、深い味わいの、洗練された「大人っぽい」絵本を選んだ。
1回目はFrom Wall To Wall(『キッズ(だけにじゃもったいない)ブックス』でも選書)。 わたしたちの周りにある、いろいろな「壁」について、ニューヨークの街角などの写真で綴る。

Coolな絵本。生意気盛りの11、12歳。絵本をあなどれないゾ。うまく、告知をして高学年にも多く集まってもらいたい。そして、英語に気持ちをのせて読む楽しみを知ってもらいたい。

「千の風になって」という歌を聴いたが、これを歌手たちのように歌えたらどんなに気持ちいいだろうと思った。聴くのももちろん気持ちがいいが、ああ歌えたらと思う。
 音程や、声量がいらない本のリードアラウドは、歌に似た高揚感を味わえる。それはただ、「音(おん)」を読めるだけ(フォニックスで読めるだけ)では味わえない、内容のともなった本当の「読み」からくる高揚感でもある。「文字」+「言葉」+「頭(心)」、この三拍子そろって初めて「本が読めた」というものだ。リードアラウドで、本当に「本を読む」楽しさを、やっぱり伝え続けたいと思う。

From Wall to Wall
続きを読む

まだリードアラウド

現在、日本の子どもたちにRead Aloudする意味や、その仕方など本にまとめようとしているところだ。
今日は、Though Boris (by Mem Fox)がRead Aloudするのにぴったりなのを再認識した。恐ろしい顔をした、荒くれ者の海賊ボリスの話で、ボリスと海賊たちの「荒くれ度」が畳み込むように語られていく。ところがこんなボリスに「泣き所」があった。ペットのオウムをひどく愛しているのだ。そしてそのオウムが死んでしまうのである……。

繰り返しがあり、絵から内容が予測し易く、文章が短い。それでいて語彙が知的。大人の胸をキュンとさせる「おち」がある。リードアラウドに理想的だ。

この作者、Mem Foxは他にも、Koal Lue やPossum Magicなど、read aloudすることを念頭に置いた本を書いている作者だった。再発見。

Tough Boris
Tough Boris』(海賊ボリスとオウム)

Possum Magic
Possum Magic


続きを読む

大島英美のポートランドだより ロスト・イン・トランスレーション

今回のポートランド出張で、改めて通訳という仕事を考えた。

通訳の仕事は、この10年余ポツポツやってきた。初期の頃の仕事は、思い出すと顔が赤くなるが、雑誌や新聞の記事のために、編集者や記者と伴に人に会い、インタビューしてきた。昨年は映画『父親たちの星条旗』の原作者にくっついて、メディアのインタビューの通訳だった。これは、15分刻みで次々違うメディアに会うという、緊張するタフな仕事だったが、おかげさまでその後、一段と頭の中の「英語ー日本語」の往復が早くなった感じだ。

この度は、事前のコーディネイトから仕事が始まった。誰に会うべきか調べ、実際にその人とアポを取る。アポをとってから、現地で確認を入れ、時間調整、そして実際に会い記者のインタビューを通訳した。メモを取るコツが分かって来たが、それでも人によっては一区切りが長く、あやうくlost in translation、中身が飛んで行ってしまいそうで冷やっとする場面もあった。
この仕事、わたしの場合は体調がよくないと絶対にだめ。疲れると頭の中が、真っ白になる瞬間が出来たりする恐れがある。

2002年にブッシュ元大統領(41代目)歓迎セレモニーが、小笠原諸島父島で行われたときのことを思い出す。わたしは気楽な、一般人の通訳だったが、外務省の事務官はブッシュさんの通訳だった。その彼が、ブッシュさんの挨拶の途中、すっかり頭が真っ白になってしまった。ブッシュさんが英語を言い終わり、彼が通訳するのを待っていた。「……」と彼。じろりとブッシュさん。「……」とまた彼。みんなが息を飲んでいたと思う。わたしは、ひとごとながら、手に汗をにぎっていた。「……」3呼吸くらいだったろうか、それから彼はスラスラまったくの作文、彼が作った内容の話をしたのである。英語と日本語両方分かる人だけ、「あっ」という内容だったが、ほとんどの人には気付かれずに済んだようだった。いばりくさったイヤーな感じの若手外交官だったので、あまりかわいそうに思わなかったが、通訳という仕事の恐ろしさを知る経験だった。

先のポートランドでは、朝から晩まで人に会うような日々だったが、ときどき2時間ほど空き時間が出来たりしたので、そんなときは昼寝の許しをもらった。すぐに眠れるたちで、ほんとによかった。昼寝をすることで脳がすっきりして、一日の後半までどうにか仕事を続けられたのである。

続きを読む

ブッククラブ---5月の配本

2007年5月の配本予定です。

既にお持ちのものがございましたら、至急ご連絡下さい。別の本と差替えいたします。*配本商品は、予告無く変更する場合がございます。ご了承ください。


【5月の配本予定】
 
 [レベル1]
  『The Pigeon Love Things That Go!』(ボード/音声解説有り)
  『How Do Dinosaurs Eat Their Food?』(ペーパー)*5/1変更
  『There was an Old Lady Who Swallowed a Fly』(ボード/おまけ) 
[レベル2]
  『Stanley Goes for a Drive』(ハード/音声解説有り)
  『Meet My Monster』(ペーパー)
 [レベル3]
  『The Little Wing Giver』(ハード/絵本)
  『Stuck on Earth Zenon Girl of the 21st Century』(ペーパー/読み物)
  『IOWA Test Level 11』(ペーパー/教材)
 [レベル4]
  『Wolf Wing 4』(ハード/読み物)
  『I Wouldn't Thank you for a Valentine Poems for Youg』(ペーパー/読み物)
  『Animorphs』シリーズ(ペーパー/読み物)

*5月の配本は18日配本を予定しております。ご了承下さい。


キッズブックスのブッククラブは1ヶ月だけ配本の「おためし入会」も可能です。
続きを読む

大島英美のポートランドだより 韓国とこの街

帰国してはいるが、ポートランドだよりを続ける。
今朝の新聞の一面は、気持ちが暗くなる記事2つ。日本でのこともあんまりだが、ヴァージニア工科大学での乱射事件のことで、容疑者が韓国系学生だったことが気になる。

アメリカは移民の国だといっても、わたしたち東洋系とアフリカ系は一目瞭然で「白人」でないことが分かる。ポートランドはほぼ70%は白人で、東洋系もアフリカ系もいるだけで目立つ。今のところ、わたし自身は差別をほとんど感じることはない街だが、こんな事件が起こると人の目の変化が心配になる。

ところで、レストランの話なのだが、ダウンタウンに韓国料理店がない(または気がつかないほどの存在感)。韓国人のやっている「日本料理」はあるのに。今回の滞在の終盤、パウエルズ書店のパウエルさんと昼食をとる機会があった。「プルコギ」「ビビンバ」とすらすら料理名が口からでる、アメリカ人としては韓国料理通のパウエルさんにお願いして、街の北西部23番街の韓国料理店に連れていってもらった。

「韓国人教会はあるのに、韓国料理がなぜダウンタウンで食べられないか」、が話題になった。アメリカ人にとって、「小皿で沢山出てくる総菜が、それぞれ何だか分からず心配」「バーベキューとキムチしかないと思っている」などがパウエルさんの思いつく理由。ご自分は大好きなので、郊外に食べに行くことにしている。

この日、彼は骨付きカルビ、わたしはチゲ。各9ドルほどで、小皿料理が6皿ほど付いてくるので満足感があった。

さて車に戻るのに、23番街の横断歩道を渡ったが「珍現象」あり。実はこの通りの横断歩道も、前の週に記者と取材したところ。死傷者のでた交通事故が発端となり、住民の訴えで横断歩道を市が新しく作ったばかり、話題の横断歩道なのだ。そして歩行者優先の原則も確認されたばかり。市のコミッショナー(SAM ADAMS)がTVカメラの前で、安全になったとパフォーマンスしたこともある。わたしたち歩行者が横断歩道に立っただけで、車が止まってくれたのだ。これは、車に「無視」されることになれた東京人には、魔法のように珍しい光景だった。
続きを読む

大島英美のポートランドだより 「ジョンソン・ナショナルパーク」

 筆者、実は数日前に東京に戻ったが、ポートランドの話を書ききっていないので、続ける事にする。このたびの取材の成果は読売新聞記者の記事となって「くらし欄」で今日、17日から5回連続で掲載される予定。
 ポートランドで「Social Capital が高い」ということを唱えている学者、Steve Johnson教授は、 オレゴン州立ポートランド大学(Portland State University)で教鞭をとる。彼の研究室はわたしの滞在しているところから、1ブロック、あまりに近くびっくり。そして、彼の住まいは車で15分ほどのところなのだが、あまりに「大自然」の中でこれまたびっくり。もしかしたら1000坪以上あるのかもしれない、広大な「えっ、ここが?」という森の中。Johnson Creekという小川が流れ、見上げる高さの針葉樹にはコケなどむしてうっそうとしている。

祖父の代からのポートランドっ子、父も大学教授でこの「Johnson Park」に住んでいた。祖父の時は「もっと広く、ここ一帯が持ち物だった」という。今の広さでParkと呼ぶに十分すぎるが、もっとといえば国立公園並み?実際、ポートランド市との取引で、一部を公のものにすることで広大な敷地を宅地化から守り、それを公の力に頼んでいる。この「大自然」はまだまだ守られる事になっているのだ。

空気が甘い。車を止めtrailを降りて行く。オレゴン自生の野の花が咲いている。小鳥の声。川のせせらぎ。まずテントが見える。冗談で「ここがお住まいですか」とわたし。近隣の小学生の自然体験に使わせているとのこと。もう少し降りて行くと、とんがり屋根の山小屋風の家が。ここがお住まいだった。眼下に温室が見える。「Tea House」。そこでわたしたちもお茶と、ワイン、スモークサーモンをいただく。

横にトランポリン。鳥小屋。畑。子どもたちが食というものを、生産から学べるようにと使わせている。釜とテーブル、ピザを焼いたりするのだ。鳥小屋をよく見ると、卵も産み落とされていた。有機で新鮮、正真正銘の地鶏。

小川とはいえ、サーモンが戻ってくる日も近いのかもしれない。市全体でサーモンのために自然環境を「元」に戻す努力が続いている。このジョンソン川(Johnson Creek)でも、オレゴンの在来種(native plants)の苗を植え、外来種(invasive plants)を取り除いている途中だった。

街中から15分で、この自然とこの広さ。「宅地に売れば、億万長者になれたかも知れないけどね」とジョンソン先生。でもこれが本当の豊かさ……。

ところで、ジョンソン先生の車に乗せていただいたとき、後部座席にはぬいぐるみのサーモンが乗っていて、それがちゃんとシートベルトを付けていた。「ちゃんとシートベルトしているんですね!」とわたしが言うと、「絶滅の危機に瀕している種(endangered species)ですからね」。こういうのが、アメリカ人の「粋」なところなんだなー。
続きを読む

大島英美のポートランドだより 子守認定書

児童小説(レベル3)では、Judy BlumeによるロングセラーのFudgeシリーズ『Fudge-a-Mania』を、ここポートランドで読んでいる。主人公は小学生中学年くらいの少年ピーターで、5歳の弟ファッジとの日々とちょっとした事件の数々を、ユーモラスに描いた作品。「天敵」として登場する同年齢の女子、シーラとの口論が楽しい。

シーラが、自からピーターの母に交渉して1日7ドルでファッジの子守り(baby-sitting)をすることになる。その交渉の場面で「わたしは、子守りの認定書を持っています」と言うが、そこで思い出した。

今回の取材で訪れた Maywood Park 市の「市議会」でのことだ。このメイウッドパーク市というのは、周りを大きなポートランド市に囲まれ、ぽつんと浮島のようになっているところ。人口700人ほどの本当に小さな市だが、ポートランド市に併合されるのを嫌って、1967年から独立した市として存在している。今回その「市議会」を取材させてもらった。

議員5、6人が能率よく議事を進行している間、床で小学生3、4年生くらいの子どもが2人、静かにゲームなどして議員である親を待っていた。議会の終わりに、議事録を付けていた女性が「もうひとつ、お知らせがあります」と立ち上がり、子どもの片方の女の子を指差して言った。
「この子は、最近赤十字の baby-sitter 認定書をもらいました。いつでも5歳以上の子どもの baby-sitting をしますからと皆さんにお知らせください」。

子守りの認定書を9、10歳からもらえるのにも驚いたが、baby-sitting という一種の文化が今もアメリカの社会に根付いていて、違う年齢の子どもたちが伴に育って行ける土壌を作っているのだと再認識した。

Fudge-A-Mania
続きを読む

大島英美のポートランドだより ナイキのアートディレクターは日本人の新しい才能に注目している

ポートランドで『Maniac Magee(by Jerry Spinelli)』 を読んだ。
仕事とはいえ、いい本に出会うとやっぱり幸せを感じる。Newberry Award をとっているからいい本なのではなく、よく出来た本なので賞をとった本だ。

"Tall Tales"というのは、アメリカの伝承物語のひとつのパターンである。カウボーイたちが焚火を前に伝え合ってきたようなほら話のこと。この『Maniac Magee』は、その"Tale Tales"に形を借りた、現代のアメリカのTale tale。主人公はホームレスの少年。孤児でいつも走っている。そしていろいろな偉業、離れ業をある町でする。こんがらがって誰もほどけなかった結び目をあっという間にほどいたりした。いちばんの偉業は、黒人と白人それぞれの共同体を融合させたこと。アメリカでこんなアメリカの物語を読んでいて外を歩くと、きょろきょろ観察で忙しい。

ここポートランドは、他のアメリカの都市に比べて驚くほど黒人が少ない。いわゆる「白人」が人口比率の70%後半を占めるとても均一的、そして伝統的にリベラルな街として知られてきた。ここ10年、移民(特にヒスパニック系とアジア系)の数が増え、その均一性が変わって来ている。
今や diversity(多様性)が、市の政治やコミュニティのキーワードになっている。どう受け入れていくかが、ここのチャレンジだと識者たちは口をそろえる。

数年前までロシア系のタクシー運転手が多かったが、今回何度か乗ったところでは、アフリカからの黒人と、リタイアした年輩の白人が増えた感じがする。レストランや屋台は、タイ・ベトナム料理が増えて定着している。

『Maniac Magee』はスニーカーを履いて走り回っているが、そんなジョギング・シューズを作ったナイキはポートランドを代表する会社だ。「最初のジョギング・シューズを作った人を知っているよ(=ナイキの創業者)」という人に会ったこともある。

そのナイキのアートディレクターは、この街で新しい才能を捜してギャラリーなど気軽にやってくる。先日、ある日本人の展覧会でインタヴューをした。「日本人の新しい才能に注目している」とのこと。西洋を日本風に融合させたポップ・カルチャーが面白いらしい。「日本らしい」というと、それは今や「マンガ」「ガーリー(girly)」などを意味する時代になった。

Jerry Spinelli Collection
続きを読む

大島英美のポートランドだより お自転車様

ポートランドはいろんなものに優しい街だが、そのひとつが「Bike Friendly」だ。

「何々に優しい」を「XXX Friendly」と表現する。
自転車レーンがそこら中にあるし、自転車道路(Bike Trail)がどんどん整備されて来ている。さらに自転車は、バスにも路面電車(street car)にも積み込みOK.

わたしも、記者と一緒にウエラメット川端の rental bikes の店で自転車を借り、走ってみた。貸してくれた bike (英語では自転車を bike といい、日本語のバイクにあたるものは motercycle という)は7段ギア付きで、かなりいい気持ちで走れた。記者は三輪車! 「荷物を積めますから」とのことだったが、ペダルがかなり重そうでその横をわたしが、すいすい。

5月の市議会で通れば、近いうちに、"Kiosk"と呼ばれる自転車のレンタルステーションが市内各所にできる。クレジットカード決済ですぐに借りられ、好きな"Kiosk"で返せるようになる。この立役者、市のコミッショナー(市議会の大臣のような役割)Sam Adams さんにもインタヴューした(ハンサムなゲイで有名)。

自転車環境で日本と違うのは、「ママチャリ」をほとんどみかけないこと。自転車が好きで乗っている人が多く、かなり本格的なものが多い。坂が多いので変速ギアは必須。格好も、自転車乗りらしい人だらけ。また今の流行のひとつは、背もたれシートに座るタイプの自転車「リカンベント」。日本ではまだ馴染みがないが、ここ数年人気がでてきている。イージーライダーみたいにイスが低いところにあったり、ギアが前輪より前に付いていたり。それにパンクっぽい格好のひとが乗っているのを見かけることがある。

ヘルメットは18歳未満はかぶらなければいけないが、18歳以上なら義務ではない。とはいえ、みんなかぶっている。そんなこんなで、ちょっとわたしが乗り始めるには、あまりにスポーツっぽすぎるかも……。
続きを読む

FC2Ad