FC2ブログ

英語絵本・児童書・教材専門店キッズブックスのblog

絵本・児童書・教材・リードアラウドのよもやま話。 イベント、ブックフェア、バーゲンなどの情報。 KIDS' BOOKS by Paperweight Books is a real/website bookstore for English Language children's books.

大島@広尾日記#3

 チェックインした部屋は、眺めのいい部屋。広尾ガーデンヒルズに匹敵するらしい新マンションの建築現場が鳥瞰できるところ。六本木ヒルズも近くに見える。でも案外、東京の風景は平べったい。ニューヨーク、シカゴのような摩天楼の風景は、この丘からは臨めない。

 今日は、麻酔医1名、執刀医2名、合計3名の医師の説明を聞いた。めでたい事からいえば、年始にCTで再検査した結果、「肺と骨には今のところ転移が見られない」とのこと。でも「見えていない時もあるので、今後も継続して観察」。科学的な話の時は、いつも100%安全はないのである。

 もうひとつめでたいのは、あまり脂肪がない体なので、内臓の脂肪などとの癒着が少ないはずで見やすいだろう事。ちょっと手術が楽(医師たちにとっても)らしい。よかったよかった。

 確認事項を眺めながら、つくづく思った。肥満、喫煙、高血圧、糖尿病、アレルギーや、他の何かの疾患があると、ひとつひとつ手術の難易度が上がるのだということを。これらがなければないほど問題が減って、より安全な手術になっていく。みなさん、できるだけリスクは減らしていきましょう。

 日中からMacに向かって文章を打ち込んでいた。が、もう暗くなって、わたしのもともとない文章力がもっとなくなる時間なので、そろそろ読書の時間にしよう。
これから読もうとしているのは、
Olivia Kidney
Olivia Kidney
!!なんて事だ、冗談のようなこのタイトル、Kidneyだって……。

 痛そうで怖い、硬膜外麻酔の注射。怖い夢を見ないといいのだけど。「その話聞いただけで、ケンには麻酔がかかっちゃうよ」とは、注射や医療現場に弱いわが息子。手術の日、卒倒しないで欲しいものだ。

 あ、食事のこと。ごはん(米)が思いのほかおいしい。また熱い物は熱いし、冷たくあるべきものは冷たい。20年前の病院食からだいぶ進化した。メニューは和と中華のコンビネーション。魚自体は美味しくなかったが、食べられないというほどでもない。
続きを読む

大島@広尾日記#2

 とうとう、17日から広尾の高台のとある白亜の建物、11階の個室で過ごすことが決まった。これも「チェックイン」というのかな。Powell's Teddy Bearをまっさきにスーツケースに入れ、後は「直し」が必要な原稿の束とPC、BOSEのCDプレーヤー、そして『Warriors New Prophecy #4 Starlight』と、2月のブッククラブの本たちを入れる。
 手術の後、こんなに本を読んだり、原稿を書いたりできるのだろうか。
 沖縄で、たくさんのインストルメンタルの癒し音楽CDを買って来た。BOSEのプレーヤーで聞くと、低音が傷に響きすぎないだろうか。
 パジャマを新調したが、派手すぎないだろうか。サテンのガウンを持って行くが、セクシーすぎないだろうか。
 沖縄旅行、広島出張、そして広尾に「チェックイン」。スーツケースをしまう暇がない……。

Midnight : (Warriors: The New Prophecy #1)
Midnight : (Warriors: The New Prophecy #1)』(ウォーリアーズ ネコの戦士 The New Prophecy #1)
 819円
作者:Erin Hunter
 
続きを読む

洋書バーゲン

丸善丸の内本店さんで「洋書そるど市」が行われています。1月18日まで。
キッズブックス(ペイパーウェイト・ブックス)からも、絵本・ヤングアダルト読み物(ペーパー525円)をたくさん出しています。プライスタグに「Paperweight Books」と入っているのが、うちから出した本です。
会場に入口からみて右手奥に絵本、左手奥に読み物(525円)があります。

他にも写真集・理工学書・辞書・アート・建築・ペイパーバックなどお買い得本がたくさん。
いいものからなくなっていきます。ぜひ、足を運んでみてください。

Disney's Easy to Read Treasury Storybook
Disney's Easy to Read Treasury Storybook
Mysterious Thelonious
Mysterious Thelonious
Beyond the Dinosaurs: Sky Dragons Sea Monsters Mega-mammals And Other Prehistoric Beasts
Beyond the Dinosaurs: Sky Dragons Sea Monsters Mega-mammals And Other Prehistoric Beasts
Peter Rabbit's I Love My Mommy (Peter Rabbit Seedlings)
Peter Rabbit's I Love My Mommy (Peter Rabbit Seedlings)
Mysterious Thelonious
Mysterious Thelonious
続きを読む

新着ペーパーバック スターウォーズ エピソードI

 ジェダイ・マスターのクワイ=ガン・ジンとその弟子オビ=ワン・ケノービは、惑星ナブーのアミダラ女王を救出。船の修理のため訪れた惑星タトゥイーンで、強いフォースを持つ奴隷の少年アナキン・スカイウォーカーに出会う……。
Star Wars, Episode I - The Phantom Menace (Jr. Novelization)
Star Wars, Episode I - The Phantom Menace (Jr. Novelization)』(スターウォーズ エピソードI ファントム・メナス)
49%off 420円
作者:Patricia C. Wrede
続きを読む

洋書 BRATZ(ブラッツ)

アメリカで大人気のファッションドール「BRATZ(ブラッツ)」の本。アメリカのおしゃれな女子高生4人組のファッションと、教科書には絶対出てこないようなクールな英語が楽しめる。
Bratz Stylin' Salon n' Spa
Bratz Stylin' Salon n' Spa』(ブラッツ)
34%off 630円
作者:Charles O'Connor
続きを読む

大島@広尾日記

 1月中旬から、しばらく広尾に住まう事になる。今日はその準備に朝から広尾へ行った。空き時間が出来て、麻布十番スターバックス3Fでコーヒーを飲む。隣をふと見ると、ひとりの紳士が『Flags of Our Fathers』の原書を読んでいる。つい声をかけてしまった。すると彼は『父親たちの星条旗』と『硫黄島からの手紙』の両方とも映画で見た、特に『硫黄島からの手紙』はアメリカでの反応に興味があったので、ニューヨークで見て来たと言った。映画館は盛況、かなりウケていたとの感触を持った、自分もこの2部作では『硫黄島…』の方がいいと思ったなどなどと話す。残念ながらこちらもあちらも、連れがいたので話はそこまで。
 でも、この本や映画はわたしたち日本人に、戦争のことを話題にして見知らぬ同士でディスカッションする機会を与えてくれたようだ。それだけで何だかありがたい。

 正月に、安倍総理夫妻も『硫黄島…』をご覧になったそうだ。わたしがお送りした『父親たちの星条旗』は、「時間が出来たら読みます」とわざわざお返事を下さったが、映画が先になったかな……。

『Flags of Our Fathers』の原作者、James Bradley氏から「父ドク・ブラッドリーを日本に呼んだのは君だよ。ありがとう」と、ちょっとおセンチな言葉入りのポスターがクリスマス・カード代わりに届いていた。

父親たちの星条旗&Flags of Our Fathers セット
父親たちの星条旗&Flags of Our Fathers セット』(父親たちの星条旗セット)


 今年最高の正月祝いは、Powell'sから届いた「Powell's テディ・ベア」。赤地に白抜きで「POWELL'S」と編み込みの入ったセーターを着たクマ。パウエルズの社長マイケルに(体つきが?)似たかわいいクマだ。「ボクが君を守るよ。TB」というカード付き。ラブ
続きを読む

『硫黄島からの手紙』についての手紙

 新年あけましておめでとうございます。
 昨年はわたしにとって、『Flags of Our Fathers』にその多くを占められた年でした。締めくくりは、暗示的な?玉川高島屋でのKen Watanabeとの遭遇と、FM東京の「エンタメックス」への電話出演。
 クリスマスイブに、遅ればせながらプレゼントを買いに行ったデパート。エレベーターに乗ったとたんに、真横に立つスラリとした背の高い男性に気がつきました。彼は、丸顔のぱっとした顔立ちの女性と、日常的なお話をしていたのですが、なんだか知っている人の気がして2、3度、失礼ながらちらちら確認。でも「ン?」のまま6階に到着し、彼らとわたしは降りました。そのとたん、エレベーターの前に立っていた人が「ウソッ!」と目を見張ったのです。
 それで分かりました、やっぱりKen Watanabeとその女優の奥様でした。わたしの手には、「エンタメックス」でコメントするための「教材」、買ったばかりの『ニューズウィーク日本版』の表紙のニノ君がまるまっていました……。
 翌水曜日、4:30ごろにFM東京から電話。そして『硫黄島からの手紙』に関わるエピソードをお話ししました。
 その中で、「なぜ、あんなに自然で違和感のない、日本人を描いた映画を、クリント監督は撮ることができたのでしょうね」という問いかけがありました。わたしは、クリントが「聞く耳」を持っているから、とお答えしました。実際、戦争を日米それぞれ双方の視点から描くことについて、彼と原作者のJames Bradleyは何時間も熱くディスカッションしたと、わたしは原作者自身から聞いていました。また、クリント自身が非常に貧しい家庭出身なので、貧しい者や声の小さい者といった「名もなき者」からの視点で映画を作りたいのでは、という想像も働きました。そして、撮影現場でわたしが会ったクリントの奥様は、サンフランシスコ出身の元ジャーナリストで、「わたし、4分の1、あなたと同じ日本人なのよ」とのことでした。そんなこともあって、日本側、そして「庶民」の側からの太平洋戦争という視点が、クリント監督の中に育ったのではないかと思っています。
 『父親たちの星条旗』と『硫黄島からの手紙』は、どうしても両方とも見るべき映画という思いを強くしています。それぞれ独立した物語ですが、作品として双方が補い合うところがあり、片方だけでは監督の思いが全部伝わるとは言えないでしょう。
 前例のない2部作形式の製作という、ハリウッドでの果敢な挑戦をしたクリント・イーストウッド監督のエネルギーに敬服します。

父親たちの星条旗&Flags of Our Fathers セット
父親たちの星条旗&Flags of Our Fathers セット』(父親たちの星条旗セット)
続きを読む