英語絵本・児童書・教材専門店キッズブックスのblog

絵本・児童書・教材・リードアラウドのよもやま話。 イベント、ブックフェア、バーゲンなどの情報。 KIDS' BOOKS by Paperweight Books is a real/website bookstore for English Language children's books.

イギリスのユーモアたっぷりゴースト・ファンタジー『Dial-a-Ghost』

 「ダイアル・ア・ゴースト」(幽霊派遣サービス)は、ありとあらゆる幽霊たちを適材適所に派遣する会社。これを経営しているふたりの婦人と人間のお客、そしてそこに登録している幽霊たちとのエピソードが、ときにシニカルなユーモアで綴られていく。
 大人が読むとニヤリとする社会風刺や、「いるいるこんな人」というリアルな人物スケッチに見られる洞察の深さなどが随所で感じられる。

あらすじはこんなふうだ。
 孤児院に暮らすオリバーは7歳の少年。あるとき急にスノットーブリットル家の相続人だといわれ、大きな屋敷ヘルトンホールとその家の権利財産を相続することになる。それまで相続者は自分たちとばかりに大きな顔をしていたスノッドーブリットル家のふたりの従兄弟たちは、そのことに我慢ならない。そこで、幽霊派遣会社「ダイヤルーアーゴースト」になるべく恐ろしげな幽霊たちの派遣を頼む。だが、同時期にその派遣サービスでは、平和的で心優しい幽霊たちの派遣を修道院に頼まれていた。助手がこのふたつの依頼を取り違え、ヘルトンホールに派遣されたのは、心優しい幽霊たちウィルキンソン一家だった。このウィルキンソン一家は、あるとき家に爆弾が落ちて一家全員で幽霊になった人々で、幽霊になってからはランジェリーショップに住んでいた。
 幽霊で驚かし持病のぜんそくを起こさせて、ヘルトンホールからオリバーを追い出し、自分たちが屋敷と財産を相続しようと企んだフルトンとフリーダだったが、オリバーはウィルキンソン一家のことが、特にアディーが大好きになり逆に元気になる。フルトンとフリーダは、予定通りの怖い幽霊シュリーカー一家をヘルトンホールに派遣するよう派遣会社に要請し、シュリーカー一家はヘルトンホールへ入るが、オリバーはウィルキンソン一家をヘルトンホールにずっと住まわせ続けることにする。ヘルトンホールはたいへんな騒ぎに。フルトンとフリーダは、自分たちの意にそぐわない幽霊を消すために怪しげな研究所に頼むが、果たして幽霊たちに魂の落ち着く場所は出来るのだろうか。オリバーはヘルトンホールの主としてやっていけるのだろうか……。

Dial-A-Ghost
Dial-A-Ghost』(幽霊ダイヤル~幽霊派遣サービス~)
52%off 1050円
作者:Eva Ibbotson, Kevin Hawkes
続きを読む
スポンサーサイト

Dick & Janeとアメリカのベビーブーマーたち

 アメリカのベビーブーム世代が学校で始めて読み書きを習ったときに、多くの学校で採用されていた教科書を、絵本としてリバイバルさせたのが本シリーズ、World of Dick & Jane。ノスタルジックな絵で熟年世代にうったえるものもあるが、今の子たちが読み書きを覚えるにも実用的だ。使われている文章が生活で使う頻度の高い物であり、また、挿し絵でだいたい内容が想像がつくよう場面が説明的になっている。

 「ハーディー・ボーイズ」と「ナンシー・ドルー」の2大長寿ヤングアダルト・ミステリー・シリーズがお兄さんお姉さん用なら、「ディック&ジェーン」はその幼少版のような位置(ミステリーではないが)にあるのではないだろうか。
 シャーリー・テンプルかキャロライン・ケネディっぽい幼女と、『おとうさんは何でも知っている』などアメリカのTVホームドラマの典型の中折れ帽をかぶった会社員のお父さん。お母さんはジャクリーン・ケネディ(?)みたいに品のよい人(きっと家でもハイヒールはいているに違いない!)。家には犬がいて、前庭や裏庭には白いフェンス。5、60年代のよきアメリカが、なぜか日本人なのに懐かしくなる。
 多読に入る前の音読にいいシリーズ。

The World of Dick and Jane and Friends
The World of Dick and Jane and Friends』(デック&ジェーン)
16%off 1260円
作者:William S. Gray
続きを読む

Hardy Boys(ハーディー・ボーイズ)ミステリーシリーズ

 1927年に初めて出版されてから現代まで読み継がれてきた、兄弟探偵が活躍するミステリー・シリーズ。今回は、隠されたままになっている強奪金をめぐる事件にハーディー兄弟が巻き込まれる。ジェットコースターに乗ったように、起伏に満ちた展開が読者を飽きさせない。
 アメリカ児童書界に登場して70年以上経ち、現在もファンを作っている長寿シリーズだ。ハンサムなお父さんは私立探偵。警察と協力して多くの難事件を解決している。そのお父さんに影響を受けた高校生のフランクとジョーのハーディー兄弟が、謎を解きながら犯罪の解決に協力していく。シリーズは60作以上もあり、その人気のほどが分かる。60作目以降は、著者が代わって続けられている。
 このハーディー兄弟のシリーズに対して、高校生の女の子ナンシー・ドルーが探偵として活躍するシリーズは、少女探偵の代名詞である。どちらのシリーズも普及廉価版として出版されているもので、アメリカの大衆的ヤングアダルト読み物の代表。アメリカ人との日常会話でも、よく例えに使われる。アメリカの、特にベビーブーマーたちの文化の一部ともいえるかもしれない。
 文章はどんどん読みすすめられる。「格調」があまりない分わかりやすく、「筋が命」の作り。長くない各章の最後でいつも「ああ、どうなるんだ?」と思わせる。多読したい英語学習者にはもってこいだろう。なお、何度か映画化、テレビシリーズ化もされた。
ハーディー・ボーイズでの事件のパターンとして、たいていは私立探偵であるお父さんがいない時やケガなどをした時に何かが起こるか、別々に事件解決中に偶然出くわすことになっている。ティーンエージャーの息子たちが事件を解決しようとしているのに、どういうわけか探偵のお父さんは他の事件のために家を空けているのだが、その理由は説明されていない。こういった「出来過ぎ」の設定でも、ファンはそういうものとして、謎や事件をヒーローたちが解決するのを毎巻楽しみにしているのだ。

Hardy Boys #2 House on the Cliff
Hardy Boys #2 House on the Cliff』(ハーディーボーイズ#2)
 630円
作者:Franklin W. Dixon
続きを読む

新着洋書

Helping Paws: Dogs That Serve (Hello Reader Level 4)
Helping Paws: Dogs That Serve (Hello Reader Level 4)』(イヌの仕事~ヘルパー犬について~)
27%off 400円
作者:Melinda Luke  イラスト:Marcy Dunn Ramsey

Turtle and Snake's Spooky Halloween (Puffin Easy-to-Read)
Turtle and Snake's Spooky Halloween (Puffin Easy-to-Read)』(カメくんとヘビくんのハロウィン)
23%off 420円
作者:Kate Spohn

Tiny the Snow Dog (Viking Easy-to-Read)
Tiny the Snow Dog (Viking Easy-to-Read)』(タイニーと雪あそび)
23%off 420円
作者:Cari Meister  イラスト:Rich Davis

Lionel at School (Puffin Easy-to-Read)
Lionel at School (Puffin Easy-to-Read)』(ライオネル 学校へ行く)
23%off 420円
作者:Stephen Krensky  イラスト:Susanna Natti

Young Cam Jansen and the Pizza Shop Mystery (Young Cam Jansen)
Young Cam Jansen and the Pizza Shop Mystery (Young Cam Jansen)』(ピザ屋のミステリー)
23%off 420円
作者:David A. Adler  イラスト:Susanna Natti

Presents for Santa (Puffin Easy-to-Read, Level 1)
Presents for Santa (Puffin Easy-to-Read, Level 1)』(サンタさんにおねがい)
23%off 420円
作者:Harriet Ziefert   イラスト:Laura Rader

Marvin's Best Christmas Present Ever (I Can Read Book 3)
Marvin's Best Christmas Present Ever (I Can Read Book 3)』(マーヴィンのステキなクリスマスプレゼント)
 525円
作者:Katherine Paterson  イラスト:Jane Clark Brown

Creepy Crawly Critters and Other Halloween Tongue Twisters (An I Can Read Book, Level 1)
Creepy Crawly Critters and Other Halloween Tongue Twisters (An I Can Read Book, Level 1)』(ハロウィンの早口言葉)
 525円
作者:Nola Buck  イラスト:Sue Truesdell

The Witch Who Was Afraid of Witches (I Can Read Book 4)
The Witch Who Was Afraid of Witches (I Can Read Book 4)』(魔女をおそれている魔女のはなし)
23%off 420円
作者:Alice Low  イラスト:Jane Manning
続きを読む

成蹊学園国際教育センターでの「Read Aloud ワークショップ」

 2005年6月から始まった成蹊学園国際教育センター主催のワークショップ、今年も第1回目が5月26日に行われた。
 2006年は、全6回を予定している。小学生を高学年、中学年、低学年の3つに分けての開催だ。

 5月26日は低学年。教材はDavid Goes to SchoolDavid Goes to School』 (by David Shannon)。英語を始めてまだ数ヶ月の子どもも参加しているので、教材の絵本はなるべく「字が少ない」ものを選ぶ必要があった。
 この教材とする絵本選びが、ワークショップの成功・失敗の半分以上を決めてしまうので、いつも慎重にしなけければならない。
 選ぶポイントとして成蹊の子どもたちのためには、
 (1)アートとして上質・魅力的な絵であること
 (2)英語レベルが「ちょっとだけ難しいもの」であること
 (3)声に出して読むとおもしろいもの、美しいものであること
を特に心がけている。

 低学年の子どもたちの感想から、以下抜粋。
 「えもおもしろくて、自分がしかられいる(叱られている)ことと一しょで、とってもおもしろい本だな。」
 「わたしは、えいごをよんでいたら、きゅうにえいごがたのしくなりました。その本は、Davidという男の子のお話しです。」
 「本を、あくまみたいにしゃべったり、てんしみたいにしゃべったりしたことがたのしかったです」
 「このほんはきにいりました。…(略)…わたしがいちばんすきなせりふはGood Job,David!です」
 「まだ、アルファベットをぜんぶならっていないから、よむのは、一回ではおぼえられませんでした。十月にもまた(ワークショップに)行きたいです」

 参加された親御さんは、
 「教材が面白く、子どもたちが引き込まれていた様子がよくわかりました」
 「簡単でわかり易く、子供の耳に残る読む方は、少しずつでも親しんでいけ無理なく楽しく身に付くように思います」
 「予想以上に子供達が楽しそうでした。今までじっくり読んだ事がありませんでしたので、とても良い機会をいただけました」
などなど。

 今後の予定は、次の通り。(成蹊学園小学生とその保護者限定)
 第3回:7月10日(月)3:45pm-4:45pm 高学年児童及び保護者
 教材
 Naughty Naughty Pets: Dig, Ivan Dig! (Naughty Naughty Pets)
Naughty Naughty Pets: Dig, Ivan Dig! (Naughty Naughty Pets)』(ひにくやドギー!)


 第4回:9月25日(月)1:40pm-2:40 低学年児童及び保護者
 教材
 Mother, May I ?
Mother, May I ?』(おてつだい)


 第5回:10月27日(金)1:40pm-2:40 中学年児童及び保護者
 教材
 How About a Hug
How About a Hug』(ギュっと抱きしめて。)


 第6回:11月20日(月)1:40pm-2:40 低学年児童及び保護者
 教材
 Naughty Naughty Kiefer
Naughty Naughty Kiefer』(いたずらキーファー)


 「Read Aloud ワークショップ」の楽しさが、もっとたくさんの子どもたち、大人たちに知られるようになればと願っています。絵本の楽しさ、英語で「Read Aloud」する楽しさを感じて欲しい。そして読書好きになり、英語の実力もついていく「実益」も得てもらいたい。

 これまで使った教材:
 Don't Forget I Love You
Don't Forget I Love You』(どれだけ愛してるかわすれないでね) 高学年 6.2005
 『The Family Book』 低学年 6.2005
 How Do Dinosaurs Say Good Night?
How Do Dinosaurs Say Good Night?』(きょうりゅうたちのおやすみなさい) 11.2005
 That's What Friends Do
That's What Friends Do』(ともだちだからできること) 11.2005
続きを読む

Clifford( クリフォード)読売新聞『えいご』コラムで紹介

6月24日の読売新聞夕刊コラム『えいご』で、大島英美(英語児童書ディレクターとして)が『Clifford Celebrates the Year』を紹介。
クリフォードとは、真っ赤なラブラドール犬でサイズはキングコング級。現在、東京メトロ(地下鉄)のポスターにキャラクターとして採用されているので、ご存知の方も増えたかもしれない。日本ではまだまだその程度の知名度だが、アメリカの幼稚園児や小学生の間では「超有名」な犬で、1960年代に絵本で登場して以来、息の長い人気者だ。中年世代にもこの犬を「心の友」としているアメリカ人もいるくらいだ(知人数名)。

目の覚める赤がいい。ぬいぐるみもまっかかで、それでも「犬!?」という意外感がおもしろく、つい欲しくなって買ったこともある。耳付きの真っ赤なクリフォード・キャップというのも、かぶるとかなりヘンで、ニューヨークのマンハッタンにある「Scholastic Store」で衝動買いした。

本は、初級者(英語ネイティブなら小学生低学年程度まで)にちょうどいい簡単な文で、日本人英語学習者の入門絵本に適する。各ページ、2-3行程度。ちょっといたずらだが「よき市民」としての規範を持った犬のクリフォードが、幼少の子どもたちに規範を教えてくれるというお話。大人の読者には、「アメリカ社会の規範」がどういうものかを学べる本でもある。

Clifford Celebrates The Year
Clifford Celebrates The Year』(クリフォード)
16%off 1260円
作者:Norman Bridwell


クリフォードの本色々。
続きを読む

洋書バーゲン情報

他書店のバーゲン情報です。
詳細は、それぞれの書店にお訪ね下さい。
ペイパーウェイト・ブックスからも本を出しています。


丸善舞浜イクスピアリ店 6月24日~7月9日 047-305-5808

丸善岡山シンフォニービル店 6月28日~7月17日 086-231-2261

リブロ池袋店 7月1日~7月17日 03-5949-2910

丸善丸の内本店 7月5日~11日 03-5288-8881

続きを読む

Three Producers on Sunday/カフェ・イベント

ペイパーウェイト・ブックスの大島英美が出演する、イベントのご案内です。
カフェでのイベントで、わたしは「大人の心にも響く英語絵本」を持って出演です。Read Aloud、わたしがするのか皆さんがするのか、イベントの雰囲気次第。どうぞお楽しみに。
以下、予定です。



テレビマンとラジオマンがプロデュースするカフェ・イベント#2
『Three Producers on Sunday』

開催日時:2006年7月30日(日曜日)の午後
     開場:午後2時30分
     開演:午後3時00分 (上演時間:約2時間)

開催場所:ホテルサクラフルール青山(東京・渋谷)
     1F『カフェメリー・ココ』※全席自由
     東京都渋谷区渋谷2-14-15 Phone:03-5467-3777
     http://www.sakura-hotels.com/
     JR東京・メトロ・東急渋谷駅から徒歩5分
     東口下車宮益坂を青山方面に向い、宮益坂上歩道橋を渡り正面です。
料  金:¥1,500(お飲み物とお菓子付です)
     ※未就学児以下の年齢の方は入場無料です。お飲み物ご希望の場合は別途実費を頂戴します。

Three Producers on Sundayとは?(開催の経緯)
人々の楽しみを作り出す、またはその情報を伝える役割を長年にわたり果たしてきたテレビ局従事者、ラジオ局従事者、そしてテレビ、ラジオ両方の番組制作者の3名が集まり、それぞれのパーソナリティや、経験、実績を踏まえて、3人独自の視点でプロデュースするカフェイベントです。 
東京・渋谷から、既成概念にとらわれない枠組みで、芸術・文化の発表の場を作り、コスモポリタンに向けた厳選された、心に響く芸術情報の発信を行う活動です。

目  的:ひとに地球に
     ※開催についてのお問い合わせは、事務局にメールでお願いします。ホテルでは対応できない場合がございます。優しい芸術人と鑑賞者とのネットワークの形成と世界への発信。

主  催:Three Producers(スリープロデューサーズ)
事 務 局:L・MAX SOFT DESIGN OFFICE 中央区銀座7-18-13 東急クオリア銀座501
     e-mail:three_producers@yahoo.co.jp FAX 042-795-0824

続きを読む

Children's Books/Educational Materials KIDS' BOOKS

KIDS' BOOKS by Paperweight Books is a real/website bookstore for English Language children's books.

Our site is basically written in Japanese and we apologize the inconvenience.
However, you may just look through our list in our web site and order manually by sending your order through E-mail or fax in English. We will response you as soon as possible in English.

mail to:
phone (Ask for Emi): 03-3498-5260 (11am -7 pm/M-F)

>>>Address/Directions
続きを読む

リードアラウド・ワークショップ Read Aloud Workshop

Read Aloud Workshop (リードアラウド・ワークショップ)」を学校(私立成蹊学園小学校)、キッズブックス(ペイパーウェイト・ブックス内/千代田区神田神保町)、書店などで開催している。よく英語絵本の「読み聞かせ」ですかと聞かれるが、違う。

英語の絵本を日本の子どもたちに「読み聞かせ」をしても、ほとんどチンプンカンプンなので、そんなことはしない。「Read Aloud Workshop 」は、英語の絵本1冊を選び、その1冊をワークショップ参加者ひとりひとりが読めるようになってもらう参加型講座だ。対象は、ふたとおり。ひとつは、子どもたちや英語学習者自身。もうひとつは、英語指導者のためのもの。

キッズブックスでは、英語指導者のためのワークショップをほぼ3ヶ月に1度ほど開催している。次回は9月23日(土曜日)10:00-12:00、教材の絵本2冊つきで参加費3,800円、定員20名。英語絵本を授業に取り入れて、楽しく実用的でありかつ創造的な英語授業をもちたいという、たいへん意欲的な先生方に好評だ。
子どもたちに直接指導すると同時に、子どもたちを指導されている先生方に賛同いただいて、「ひとりでも多くの子どもたちに、声に出して読むことから英語絵本の楽しさ、英語の楽しさを広げたい」。そして「知らず知らずのうちに英語の力をみんなにつけてもらいたい」と思い、英語指導者むけのワークショップに力を入れている。

ELTやその他の教科書にあきたらない先生・英語学習者の方々は、ぜひ絵本を英語学習にお使いになってみたらどうだろう。日本と比べて欧米の絵本は、一流のアーティストの表現の場として確立されていることもあり、アーティスト魂のこもった本が多く、その本自体の力が読者(=英語学習者)を引きつける。記憶に残る絵・場面・言葉との出会いは、本当に幸せな出会いだ。絵本から英語の読み物に興味が広がるかも知れない。たくさんの素晴らしい本との出会いは、それが英語なら英語力にもなるが、それだけに留まらずひいては人生の楽しみを広げてくれることになるだろう。
続きを読む

FC2Ad